「アンサング・シンデレラ」 最終回(第11話) ネタバレ感想~田中圭生きていたけど・・。

スポンサーリンク

病院薬剤師の処方箋「瀬野に迫る“命のタイムリミット”」

院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充

あらすじはコチラ→

「普通の妊婦になりたい。」千歳(土村芳)はそう思っててんかんの薬を服薬していなかった。
それを同室の星名(入山法子)が見てしまいみどり(石原さとみ)に報告。
みどりの説得で千歳はきちんと薬を飲むことを約束した。
千歳と星名は妊婦の不安を分かち合う。
みんな不安。でも子供には子供の個性がある。
後で聞いている千歳の母・世津子(朝加真由美)が怖い。
出産の説明のため医師、看護師(助産師?)、薬剤師と千歳親子の面談。←薬剤師がいるのはてんかんの持病を持っているから?
医師や助産師がてんかんの持病があっても大丈夫。
薬を飲んでも大丈夫。
母乳で育てなくても大丈夫と言っているのにいちいち反対売る母親。
イライラの絶頂にたっした千歳は、一人で赤ちゃんを育てる宣言。←未婚の母だったようです!
それから母親は見舞いにもこないので葵が着替えを取りに行く、←勤務時間中やで?
元気に産んであげられなかった自分を責めていた母・世津子は、なにかにつけ娘のことを「普通ではない」と言っていた。
もし赤ちゃんに持病があったら娘は娘自身を責めるかもしれない。
それが辛いとか。←それならちゃんと避妊させなくちゃ。


母親から安産祈願のお守りと着替えを預かった葵は千歳に渡す。
すると千歳・・・破水。
緊急オペ。
麻酔科医がオペ中。
子宮弛緩剤の薬がない。
葵の機転で見つかる!
・・・無事出産。
目覚めると千歳の横には母がいた。
母に頼んで新生児室に連れて行ってもらう。
立ち上がって赤ちゃんを見る。
「私が普通だったらもっと大きく産まれたのかな。」
母は千歳を優しく抱き寄せる。
葵たちも「そんなことはない」と。



病院スタッフは優秀な薬剤師・葵にはもっと大きな萬津総合病院薬剤部で患者を助けた方がよいと言う。
みんなが待っていると。
しかし葵は患者の家族と関わりたいからここで働きたいと。
そこに瀬野(田中圭)が現れた。
スタッフはみんな瀬野が癌でなくなったと思っていたので驚き。
瀬野もリハビリが終わりまた薬剤師に復帰すると言う。
葵は瀬野の母のような薬剤師に慣れたらまた戻ると約束。

最後は・・・戻ってましたよ萬津総合病院薬剤部に!!

田中圭のことをうやむやいして、話を進めて最後のオチに使うあざとい方法。
えげつないなぁって感じ。
で、なんの闘病もリハビリも見ることなく、元気になった田中圭。
仕事にも復帰できるんだ。
なんちゅーすごい薬だったんでしょうか。
最終回は・・・なんだろ。
Dr.コトーとコウノドリを合わせたけど・・・無理だった!みたいな。
朝加真由美さんがご出演されていたから余計そう思ったのか。
つい昨日まで再放送をしていたから、勝手にワタシがそう思ったのか・・・。

今日は一段と突っ込むべきところが多かった。
千歳の母は極端。
可哀想、普通じゃないって刷り込みが怖い。
てんかんって薬をきちんと飲めば大丈夫なイメージだけどなぁ。
以前勤めていた会社の上司がてんかんで、休日に釣りに出掛け発作を起こして岩場から落ちて、頭を打って・・・。
結局会社を辞めることになったんだけど・・・。
それは薬をちゃんと飲んでいなかったから。
それが一番怖いことなんじゃないかね。




その上、母乳じゃないとダメとか。
母親、娘を追い詰めることしかしない。
粉ミルクだめなわけねーし。
だけど娘の千歳も。
未婚の母ならオカンの手伝いがないと無理。
二人で生きるだと?
退院したらどうすんねん?
誰がお風呂に入れるの?
発作起きたらどうすんの?
そもそもこの母娘。
二人ともシングルなのか?
夫の影も父の影がない。
時間がないからシングル設定にしたのか?
ほんで、入山法子さんの出産はうまく行ったのか?
謎がいっぱい。

んでもって「てんかん」のような持病があると帝王切開は全身麻酔になるのでしょうか?
普通は半身麻酔だよね?
赤ちゃんの産声も聞かずに意識が混沌とする点滴をいれるとも思えないので、全身麻酔のなかなぁ。
ま、知らんのでそこは良いとして・・・
帝王切開してすぐに立てるか!!!
コレは無理。

赤ちゃんは小さく産まれた設定だけど、結構大きかった(爆)
これは仕方ない。
このコロナの最中、協力してくれた赤ちゃんがいて良かったね。

相変わらず薬剤師の仕事をしていない主人公。
添付文書が現実に即してないとか薬剤師が言っちゃっていいの?
「目覚めましたねー先生呼んできますね」って、看護士の仕事だし。

結局、主人公を持ち上げるだけ持ち上げていたけど。←立派な薬剤師だから大病院でたくさんの患者を助けろとか・・体よく厄介払いしたいだけじゃ・・・。
主人公・・・やっぱり仕事ができるように思えないんだよねぇ。

なんだかんだで石原さとみの角刈りのようなうなじが印象的だった。
病院薬剤師の仕事・・・もっときちんと知りたかったなぁ。


にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

DREAMS COME TRUE『YES AND NO』

感想はコチラ
「アンサング・シンデレラ」 第1話 ネタバレ感想~とにかく石原さとみの襟足が綺麗!!
「アンサング・シンデレラ」 第2話 ネタバレ感想~薬剤師の仕事、ちゃんとしてる?
「アンサング・シンデレラ」 第3話 ネタバレ感想~主人公は薬剤師の仕事を理解して!
「アンサング・シンデレラ」 第4話 ネタバレ感想~薬剤師は医者の奴隷
「アンサング・シンデレラ」 第5話 ネタバレ感想~野球大会までしてくれる薬剤師様
「アンサング・シンデレラ」 第6話 ネタバレ感想~薬剤師にSNSを見られたくない!
「アンサング・シンデレラ」 第7話 ネタバレ感想~田中圭、血を吐く!
「アンサング・シンデレラ」 第8話 感想~田中圭の吐血で引っ張るよ!
「アンサング・シンデレラ」 第9話 ネタバレ感想~精神疾患の患者に俺は余命3ヶ月と告白するのはアリか?
「アンサング・シンデレラ」 第10話 ネタバレ感想~2年後、主人公がいない。
キャスト
葵みどり・・石原さとみ
相原くるみ・西野七瀬
小野塚綾・・成田 凌
刈谷奈緒子・桜井ユキ
羽倉龍之介・井之脇 海
工藤虹子・・金澤美穂
販田聡子・・真矢ミキ
辰川秀三・・迫田孝也
七尾拓・・・池田鉄洋
荒神寛治・・でんでん
瀬野章吾・・田中 圭
ほか

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    わかるっ!!!

    ガッカリでした。
    番組中盤から、出てくんな出てくんな出てくんなよ、田中圭!
    って思ったら出てきた・・・
    死んでてほしかった。
    なぜ左遷されたのだ?生きてんのに?
    途中経過が悪かったから?なんじゃそりゃ・・・

    シンイーの出産とか要りますかね?

    ド田舎に左遷左遷って、産婦人科で働く人のプライド考えなさいよ。

    主人公にここまで共感できないのも珍しい。
    誰も頼んでないのに、あの人数でチャーハン2人前って、
    誰が食べんの?

    石原さとみのうなじも最初はきれいと思ってたけど、
    昨日はなんか浮いてる感じで、CGかと思っちゃった。

    終わってよかったです!
    田中圭君忙しいからね、主演続きで。
    毎晩飲み歩いてるみたいだし!

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      ワタシも左遷って言い方はどうなんだ?って思っておりました。
      なんで左遷なのか。
      途中経過が良くなかったから?
      でももう仕事復帰できる田中圭を見て・・・べつに良いじゃんって思っちゃいました。

      いきなりの産婦人科驚きましたし、薬剤師というより助産師のようだなぁと思いました。
      お団子ヘアもコウノドリの吉田羊を思い出しました。

      そしてうなじ・・・ワタシもあの厚みがおかしいと思っちゃって。
      もう心は「ルパンの娘」です!

  2. より:

    いつもエンディングに感動してたので最終回も期待してたのにガッカリでした。
    なんでいきなり産婦人科メインに…。

    硬膜外でまず眠らないし、全麻だったにしてもベッド上げすぎだし、動いていいの翌日からだし、あんなすぐ車椅子から立ち上がれないし(笑)
    赤ちゃんは35週とは言え早産なんだから新生児室じゃなくてNICU行かなくて大丈夫なんかい!とか(笑)

    成田凌と田中圭が2人で働いてる姿見られたのだけが良かったです。

    • tarotaro tarotaro より:

      桜さん、コメントありがとうございます。

      ずっと違和感しかありませんでした。
      原作は新人薬剤師が主人公だとか・・・。
      でも石原さとみだと新卒新人の薬剤師みは見えないので中堅どころ。
      そうすると・・・なんでこんなに仕事ができないんだろうか・・。
      薬剤師以外の働きばかりで・・・。
      ファンタジーでしたね。