「アンサング・シンデレラ」 第10話 ネタバレ感想~2年後、主人公がいない。

スポンサーリンク

病院薬剤師の処方箋「瀬野に迫る“命のタイムリミット”」

院薬剤師 葵みどり』荒井ママレ/医療原案:富野浩充

あらすじはコチラ→

葵(石原さとみ)はだけでなく七尾拓(池田鉄洋)も尽力。
七尾は瀬名(田中圭)の母の主治医だった。
救うことができず後悔していた。
治験は認められ、瀬名の治療が始まる。
しかし瀬名は母の墓前にいた。
仕事をほっぽり出して駆けつける葵。
なんと白血病で亡くなった葵の妹の担当薬剤師が瀬名の母だった。
瀬名の母は葵のことを気にかけてくれた。



薬剤師になるきっかけとなった人物だった。

瀬名は治験を選ぶのが辛い。
薬の副作用もキツい。
ぶっちゃけ治験をしたくないのだ。
そんな葵は瀬名の本心が聞けたと。
医者、看護師、薬剤師チームで瀬名を助けたい。
治験を選んでも緩和ケアを選んでも良いと・・。
病院に戻り治験を受けることを宣言した瀬名。
すっかりチームを信じて安心。
治験が始まる。

2年後
相変わらず忙しそうな調剤部←えっとそういう体でね。
以前、患者だった心春(穂志もえか)が研修でしてやってきた。
しかし瀬名と葵はいない。
刈谷(桜井ユキ)は
「あの二人はもういない。
薬剤部はバラバラになったの!」
と小春に言い放つ。


田中圭母に憧れて薬剤師になったという石原さとみ。
とってつけたような設定だなぁ。
マジで?
癌になったと聞き、お見舞いにも行っていたけれど、ずっと文通でもしてたのかしらねぇ。
お見舞いに行く・・・なんて。
どこで聞いた噂かしらんが、プライバシーってなんだね?

治験を受けられるかどうかの会議も・・・あんな大勢がいる前で患者のプライバシーはさらされてしまうのね。
なんだかなぁ。
あんだけ外堀から埋められたら「緩和ケアを選ぶ」なんて言えないよねぇ。
同じ癌で亡くなった母親のようにはしない!ってみんな思っているんだし、その圧。
・・・断れないよねぇ。
大学病院でもないのに治験が認められたってことは、みんな奔走したんだろうとわかるだろうし。
一種の脅迫みたいに感じた。
最期は・・・なんとか絞り出して治験を受けると。
でも激しい副作用できっとしんどくなるんだろうな。

来週は最終回。
そのための「引き」としては最期の2年後は効果的かもしれないね。
だけど・・・長いわ。
心はすでに「ルパンの娘」だ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

DREAMS COME TRUE『YES AND NO』

感想はコチラ
「アンサング・シンデレラ」 第1話 ネタバレ感想~とにかく石原さとみの襟足が綺麗!!
「アンサング・シンデレラ」 第2話 ネタバレ感想~薬剤師の仕事、ちゃんとしてる?
「アンサング・シンデレラ」 第3話 ネタバレ感想~主人公は薬剤師の仕事を理解して!
「アンサング・シンデレラ」 第4話 ネタバレ感想~薬剤師は医者の奴隷
「アンサング・シンデレラ」 第5話 ネタバレ感想~野球大会までしてくれる薬剤師様
「アンサング・シンデレラ」 第6話 ネタバレ感想~薬剤師にSNSを見られたくない!
「アンサング・シンデレラ」 第7話 ネタバレ感想~田中圭、血を吐く!
「アンサング・シンデレラ」 第8話 感想~田中圭の吐血で引っ張るよ!
「アンサング・シンデレラ」 第9話 ネタバレ感想~精神疾患の患者に俺は余命3ヶ月と告白するのはアリか?
「アンサング・シンデレラ」 最終回(第11話) ネタバレ感想~田中圭生きていたけど・・。
キャスト
葵みどり・・石原さとみ
相原くるみ・西野七瀬
小野塚綾・・成田 凌
刈谷奈緒子・桜井ユキ
羽倉龍之介・井之脇 海
工藤虹子・・金澤美穂
販田聡子・・真矢ミキ
辰川秀三・・迫田孝也
七尾拓・・・池田鉄洋
荒神寛治・・でんでん
瀬野章吾・・田中 圭
ほか

コメント