「アンナチュラル」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~同じ脚本家で同じ演者でまた見たい。

スポンサーリンク

第10話(最終回) 「旅の終わり」

あらすじはコチラ→

中堂(井浦新)の恋人・夕希子(橋本真実)をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。
しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。
殺人を立証できる証拠もなく、ミコト(石原さとみ)たちは、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。

宍戸(北村有起哉)は高瀬から「妄想」としてA~Zまでの殺害計画を聞いていた。
高瀬関連の事件をまとめて本を出版し、テレビにまで出演。
彼の企みは、「ナゾをナゾのまま」にしておくこと。
史上最悪の殺人犯・高瀬。
だが、証拠はなく高瀬が逃げおおせばもっと話題になると思っていた。

そんな中、六郎(窪田正孝)がUDIの情報を週刊誌に売っていたことがメンバーに知られる。
六郎が「ボツリヌス菌」のことを宍戸に伝え、宍戸経由で高瀬に伝わり、高瀬を追い詰められなくなってしまう。
六郎はUDIを去ることになった。



中堂は、宍戸を襲い、テトロドトキシン(ふぐの毒)を注射。
解毒剤をちらつかせて、「証拠品を出せ」と脅す。
26人の殺害事件の内、数人の殺害現場に宍戸がいたと睨む中堂。
塀の仲と外で互いの共犯関係が成立。
だからこそ、宍戸は高瀬が殺害犯であると立証できる証拠を持っていると感じていた。
事実、宍戸は被害者たちが口の中に入れられたボールを持っていた。
ボールを中堂に渡した高瀬だが、解毒剤を手に入れたとたん、ボールは硫酸で溶けた。
そこへやってきたミコトと六郎。
注射したのはテトロドトキシンではなく、ただの麻酔。
そして解毒剤として持っていた瓶に入っていたのがエチレングリコールだった。
宍戸は自分で飲んだ。
という中堂。←確かに無理矢理自分で飲んでた!
が、宍戸を助けたミコト。
そして中堂に、
「不条理な殺人事件の被害者関係者が、不条理の殺人を犯してはいけない。
それは負けだ!」
と訴える。




中堂の恋人・ユキコの父(国広富之)がUDIにやってきた。
今まで中堂が犯人だと思い墓の場所さえ教えていなかったと言う。
会話からユキコは土葬されていると知る。
ユキコの遺体を再解剖することに成功。
高瀬のDNAが歯のウラから出てきた。
8年前には見つけられなかった証拠。
裁判で証言をするミコト。
「法医学医者にとって、高瀬の動機なんてどうでもいい。
虐待して育てられた過去なんてどうでもいい。
ただ同情はする。
いつまでも母親に支配されて気の毒だ」
と言うミコトに、キレる高瀬。
「オレがやった!
誰にも出来ないことをオレがやった。
オレだけが出来ることを!
やり遂げた!!」

傍聴していた宍戸が外に出ると、警察がやってきた。
宍戸は殺人幇助で逮捕。
逮捕の瞬間、カメラで写真を撮るイケテツ編集長。

中堂が犯人だと思っていたユキコ父と仲直り。
UDIには、飯尾が戻ってきて、六郎も戻ってきた。
飯尾は「クズ」と罵られても、中堂のことをスナフキンだと思うんだってw

見逃したドラマがあるかも?

やっときた!
やっときたよ!!
満足な最終回!!!!!
終わってしまうの残念。
満足しすぎて、何書けばよいかわらかん(爆)
これが「BG」より視聴率が悪いなんて信じられない。

まず、このドラマで一番カッコよかったワタシの松重豊さん!!
次点に葬儀屋w
今日のスキップも可愛い!
あ、窪田キュンは「Nのために」から殿堂入りなんで(爆)←気が多いw

部下・石原さとみの心情を理解し、吹越満に嘘の鑑定書は書かないと断言。
ネチネチ責める吹越に
「犯人を逮捕するのはあなた達の仕事でしょう!!」
と松重さん!
ホントそう!犯人を逮捕できないのは警察が無能だからじゃん。
今まで見当違いの人間(井浦新)を犯人扱いしてたんだしな。

ムカついたぜ北村有起哉!!
一度でも北村有起哉が正義の人だと思った自分をどやしたい!
めっちゃ悪いやん、コイツ。
しかも北村有起哉が上手だから、イライラマックスよ。
悪役が上手いんだよなぁ。
顔も良い具合に腹立つ顔してるし(爆)
北村有起哉の殺人幇助の証拠があるんだろうか。
高瀬だって、自供だけじゃ26人の殺人事件を起訴できないよね。
うん・・・こっちも心配。
だけど、高瀬は極刑だなかな。多分。

イケテツ編集長って美味しいとこ取りじゃね?
六郎にスクープを献上して貰ってたけどさ。
イケテツもちょっとゲスよりだと思っていたから、ライバル会社にスクープをあげたかったわw

ユキコは自立のための一人暮らしをしようとしてたのね。
アホな北村有起哉は中堂とうまく行かず家を出ようとしたと曲解していたけれど。
万が一、井浦新と喧嘩して出て行ったとしても、ユキコは殺される筋合いはないからな。
そんなことくらいで、「ユキコを殺したのはあんただろうが!」なんて言われても困る。
どう考えても狂った高瀬と出会ってしまったせいだ。

窪田くんもUDIに戻れて良かった。
窪田くんがとっても良い子なのは知っているから、みんなショックだったんだよねぇ。

このドラマの石原さとみは良かった。
恋愛がからまないドラマのほうが、良いかも。
抑えた声でドラマをやるのがいいんでないかい?

綺麗に終わったなぁ。
事件も解決したし、みんな収まるとこに収まった!
でも石原さとみの一家心中事件が残っているよね。
これは、もうそのまま「一家心中」で終わりなんだろうか?
イケテツが気にしていたようだから、何か別の真相があるんじゃないかと思ったんだけど・・・。

キャストも満足だった。
ゲストも素晴らしかった。
このドラマのHPのアドレスが、「unnatural2018」なんで、もしかして2019もあるんじゃないかと思っているんですが、どうでしょう?
できれば同じメンバーで、もう一度見たいです。
にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。
主題歌はコチラ

米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

感想はコチラ
「アンナチュラル」 第1話 ネタバレ 感想~顔合わせは休日に!
「アンナチュラル」 第2話 ネタバレ 感想~窪田きゅんがネズミだなんて。
「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!
「アンナチュラル」 第4話 ネタバレ 感想~あったことをなかったこには出来ない。
「アンナチュラル」 第5話 ネタバレ 感想~雪の中の復讐
「アンナチュラル」 第6話 ネタバレ 感想~最悪オブ最悪のコイン詐欺
「アンナチュラル」 第7話 感想~許されるために生きろ!クズどもから逃げろ!
「アンナチュラル」 第8話 ネタバレ 感想~心の我が家UDIラボ
「アンナチュラル」 第9話 ネタバレ 感想~AからZの殺人コンプリート
キャスト
三澄 ミコト—石原さとみ
中堂 系——-井浦新
久部 六郎—–窪田正孝
東海林 夕子—市川実日子
神倉 保夫—–松重豊
三澄 夏代—–薬師丸ひろ子(特別出演)
毛利忠治——大倉孝二
坂本 誠——-飯尾和樹(ずん)
末次 康介—–池田鉄洋
木林 南雲—–竜星涼
三澄 秋彦演—小笠原海(超特急)
宍戸理一——北村有起哉

コメント

  1. TOSHIKO より:

    tarotaroさま

    第5話でコメントした者です。解説・感想いつもありがとうございます。
    本当に《満足な最終回!》でした。ドラマとしては大団円ではないでしょうか。
    希望の持てる終わり方もよかった。ミコトの件は無理に暴かなくてもいいとさえ思えます。
    UDI内の信頼関係も固まったし、続編は安心して事件・事故の解明に集中できそうです。
    本編を観る前に、ご遺体がアメリカからやってくることを知ったので切り札が分かりましたが、それでもすっかり引き込まれました。
    思わせぶりだった「特命刑事 カクホの女」最終回に比べても見ごたえがあり、二度三度観たい最終回です。ぐっすり眠れそうです。

    • tarotaro tarotaro より:

      TOSHIKOさん、コメントありがとうございます。

      面白かったですね。
      片時も目が話せませんでした。
      満足感でいっぱいです。

      宍戸と中堂、早瀬とミコト、吹越と所長。
      どの対決も見応えがありました。
      続編が見たいと思わせてくれる最終回は久しぶりでした。
      特に今週は、しょうもない最終回連続だったので(苦笑)
      全話、すばらしかったんですけれど、なかでも、コメントを頂いた第5話は印象的でした。
      続編に期待します~。

  2. 千代子 より:

    こんなに満足感のある最終回を観るのが久しぶりなので、見終わってからも、しばらく興奮してました。2019はあると思うのですが、同じ脚本同じ演者でって私もホントそう思います。

    • tarotaro tarotaro より:

      千代子さん、コメントありがとうございます。

      ワタシもここまで大満足の最終回はいつぶりだろうと思いました。
      「逃げ恥」や「重版出来」の脚本家さんですが、この二作も好きでした。
      コチラは原作ありきのドラマだったのですが、今回はオリジナル。
      今後の野木亜紀子作品には期待しかないです。
      続編をやるなら、脚本家さんを代えることなく制作してほしいですね。

  3. なお より:

    今クール間違いなく上位のドラマです。もう既に続編を見たいです(^_^;)
    前にも言ったかもですが
    女優の石原さとみはキャンキャンしてて苦手だったのですが、もうミコトにしか見えませんでした。代表作になりそうですね。
    最終回はちょっと取って付けた感もありましたが満足です。
    それにしても宍戸…あまりも悪役ぶりにボールを硫酸に混ぜたとこで声が出てしまいました笑
    憎々しく私も途中いい人?と思ったけど最後までゲスいままでした。
    主題歌も買ったので暫く余韻に浸りたいと思います。
    これと深キョンのは録画消さずにあります。

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      ワタシも今期No.1ドラマが「アンナチュラル」でした。
      シリーズ化を希望します。
      石原さとみは恋愛が絡むとあんまりよくないんですよねぇ。
      10代の頃はそこまでキャンキャンしていなかったのに、テンションの高さが引っかかることをが多かったです。
      この役は代表作になってほしいですね。
      最終回はありがちな展開でしたが、満足です。
      宍戸のあまりに卑劣な行いに、中堂が爆発しそうになるのは仕方ないと思いました。
      そして、やはり主題歌良いですね。
      続編をするなら主題歌も変えないで欲しい!!

  4. らてら より:

    アンナチュラルの最終話の感想を探しており、こちらの感想を読まさせていただきました。
    脚本だけでなく俳優さん達の演技も良い作品でしたね、宍戸さんのあのゲスな演技は上手すぎです。

    飯尾は「クズ」と罵られても~のところは、クズではなくクソではないでしょうか?良い感想記事だっただけにその部分が凄く気になりました、すみません。

    • tarotaro tarotaro より:

      らてらさん、コメントありがとうございます。

      脚本も演者さんも主題歌もとても良い作品でした。
      北村有起哉さんは嫌な役も情けない役も上手ですよねぇ。
      最近は、悪役が多いような気がしますが、正義の役も見てみたい。

      飯尾さん、クソと言われ続けていましたね。
      スミマセン。
      生暖かく見ていただければと思います。