「アンナチュラル」第8話 ネタバレ 感想~心の我が家UDIラボ

スポンサーリンク

第8話 「遥かなる我が家」

あらすじはコチラ→

雑居ビルで火災が発生し、UDIに10体もの焼死体が運ばれてきた。
遺体は黒く焼けこげていて、全員が身元不明の状態。
解剖の結果、ミコト(石原さとみ)は9番目の遺体が焼死する前に後頭部を殴られていた可能性があると指摘。
腰にはロープで縛られていたような皮下出血も見つかり、単なる火災ではなく殺人を隠すための放火だったのか?
火災現場で唯一助かった男が入院していたのは、六郎(窪田正孝)の父・俊哉(伊武雅刀)が勤める病院だった。
伊武雅刀先生は、息子・六郎をを解雇してほしいと申し出る。
伊武雅刀は、解剖医を見下していた。

9番の遺体の脇腹の傷からムショ帰りのヤクザものである男だと判明。
意識不明の11番の背中にロープ
やけどしてからついたロープの後があった・・・。



火災現場の写真からわかったコトは・・・。
鈍器で殴られたかと思われていた9番(三郎)の遺体は、雑居ビルのスナックのドアを開けた瞬間、バックドラフトになった。
三郎は吹き飛ばされて後頭部をハシゴで殴打。
ロープを使って遺体を運んで助け出す。
11番の遺体は外に出せたが、火のまわりが早く屋上に逃げるしかなかった。
多数の遺体を屋上に運び助けを待ったが力尽きた。
救助をするために”背負い搬送縛り”は三郎の消防士だったサブローの父が教えたものだった。
三郎はあのビルでお酒飲んで、麻雀して、みんなでお正月に集まっていた。
あそこが自分の家みたいだった。
だからみんなを助けに中に入った。
酔っ払うと
「親父とおふくろなにしてるかなぁ」
と言っていた三郎。
前科者になり勘当されてしまい実家に帰れなかったのだ。
+++++++
ごみ屋敷の主人(ミッキー・カーチス)の妻は1年半前に亡くなりUDIで解剖された。
今も死を受け入れられずにお骨の引き取りを拒否していた。
妻がゴミを捨てに家を出たっきり、帰って来なくなった。
気持ちの折り合いがつかないのだった。
「奥さんはくも膜下出血で亡くなった。誰のせいでもない。」
このシーンの松重豊さんのセリフで大杉漣さんを思い出してしまったよ。

六郎は六郎は三浪して三流大学で休学していた。
解決後、父親にUDIで自分がどうしたいかと考えたいと言う六郎だが、父には勘当された。
ついでに出版社も退社した。


亡くなった人の名誉を傷つけるのって容易いと思う。
でも亡くなったからどうでも良いのではなく、亡くなったあとでも一生懸命名誉を回復してくれる機関があれば嬉しい。

ゴミ屋敷のミッキー・カーチスの話も切ない。
残されたほうはケンカ別れしたみたいで、辛く悲しい。
そして、2話の身元不明のミケちゃんの遺骨がまだラボに置いてあるんだねぇ・・・。
早く見つかって欲しい。

松重豊さんがラボを立ち上げ、中でも歯のデータベース化に熱心なのは、身元不明のご遺体がたくさんあった東日本大震災があったせい・・・。
DNAはなくとも歯の治療痕で身元がわかるもんねぇ。
もしかして松重豊さんが黒幕やったらどうしようって思っていたけれど、ナシ。ナシ。ナシ。
あぁ、ごめんなさい。
一度でも疑ってしまったワタシがバカでした!!





中堂系(井浦新)の婚約者の事件。
絵本作家だった彼女の出版する予定だった絵本のタイトルは「ピンクのカバ」
六郎あてに北村有起哉が出版社の社員に託した封筒がった。
六郎の手元にはまだ渡っていないが、封筒の中には「ピンクのカバ」の絵があった・・・。
どういうことよ・・・。
出版社の池田鉄洋はラボのスキャンダルな記事を出そうとしているのも気になる。
だけとイケテツと北村有起哉は一枚岩ではないよねぇ。
もしかして中堂の婚約者・ユキコの身内か???

んで婚約者のユキコさんの死因は、口の中に注射打たれたみたでOKなんでしょうか?
そんなことを出来るのは歯医者か?
歯のデータベースと絡んでくるのか・・・・?

窪田きゅんは、9番さんの名誉を回復し、ご遺族の元に帰せたのに「二度と家の敷居をまたぐな!」なんて言われちゃった。
でもUDIのメンバーに暖かく「おかえり」って言ってもらえて、良かった。
六郎にとっては、UDIラボが我が家なのかもしれん。
あ、ミコトにとってもUDIが我が家なんだなぁ。
実家だけが我が家じゃないんやね。

そして窪田きゅんが将棋をしていたので、思い出すよねぇ。
「Nのために」

成瀬く~~~ん!!
ハマリ役やったよねぇ~!!。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

感想はコチラ
「アンナチュラル」 第1話 ネタバレ 感想~顔合わせは休日に!
「アンナチュラル」 第2話 ネタバレ 感想~窪田きゅんがネズミだなんて。
「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!
「アンナチュラル」 第4話 ネタバレ 感想~あったことをなかったこには出来ない。
「アンナチュラル」 第5話 ネタバレ 感想~雪の中の復讐
「アンナチュラル」 第6話 ネタバレ 感想~最悪オブ最悪のコイン詐欺
「アンナチュラル」 第7話 感想~許されるために生きろ!クズどもから逃げろ!
「アンナチュラル」 第9話 ネタバレ 感想~AからZの殺人コンプリート
「アンナチュラル」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~同じ脚本家で同じ演者でまた見たい。
キャスト
三澄 ミコト—石原さとみ
中堂 系——-井浦新
久部 六郎—–窪田正孝
東海林 夕子—市川実日子
神倉 保夫—–松重豊
三澄 夏代—–薬師丸ひろ子(特別出演)
毛利忠治——大倉孝二
坂本 誠——-飯尾和樹(ずん)
末次 康介—–池田鉄洋
木林 南雲—–竜星涼
三澄 秋彦演—小笠原海(超特急)
宍戸理一——北村有起哉
ゲスト
望月歩 神尾楓珠 螢雪次朗 ふせえり 谷田歩 桜井聖

コメント