「アンナチュラル」 第7話 感想~許されるために生きろ!クズどもから逃げろ!

スポンサーリンク

第7話 「殺人遊戯」

あらすじはコチラ→

ミコト(石原さとみ)の携帯に「これを見たら電話をください」と謎のリンクアドレスが貼られたメールが届く。
差出人は、予備校で働く弟・秋彦(小笠原海)から紹介された高校1年の男子生徒”S“だ。

アドレスをクリックすると、「殺人者S」と名乗る学生が、自分が殺したというYの遺体を「殺人実況生中継」としてライブ配信していた。
殺人者Sはミコトに対し、「Yくんの死因はなんでしょう?」と挑戦状を叩きつける。
もし答えを間違えたら、人質になっているXも殺すという…!

S君のヒントにより答えを出すミコト。
被害者は出血多量で亡くなった。
傷口3箇所の入り口と出口が全く一緒だった。
殺害現場には白い粉が落ちていた。
紙粘土に同じ刃渡りのナイフを三本つきたて乾燥させた
そしてその上に背中から倒れ込めば、自分の背中を自分で刺す。←痛いわ~!!
凶器を隠すために小説を参考にし、凶器を部屋の外の排水口に落とす。←山村美紗サスペンスの密室作りみたいな感じ・・・。
出血多量で自らを死ぬのを待った。

死因は刃物による自殺。
ここまでが法医学的見解。

ここからがミコト個人の見解。
Yくんの背中にはたくさんの痣があった。
日常的に暴行は繰り返された。
学校にも見過ごされた。
「法医学的には自殺。
でも殺されたと思う。
イジメと言う殺人。
あなたは大勢の人に伝えたかったんでしょ?」

「横山は殺されたアイツらに。
そして僕に殺された。
助けてくれたのに。」

元々はS君がいじめられていた。
それをかばったY君もいじめられた。

最初は遊びのつもりで、いじめっ子(という名の犯罪者)を殺人犯に仕立てていた
それに協力していたS君。
遊びのはずの計画を実行に移すと連絡された。
しかし同時刻いじめっ子たちが万引きしていた。
奴らのアリバイが成立してしまう。
S君はY君を止めようとしたが時すでに遅し・・・。



「私立翠川高校1年
死んだYくんと僕はいじめられてました。」

いじめっ子たちの実名を公表し
「これは遺書です。
僕は僕を殺す。」

と自分のクビにナイフを突き刺す。

「あなたの人生はあなたのものだよ。

彼らは転校して名前を変えて、あなたの命を奪ったことなんて忘れて生きていくよ。あなたが死んでも何にもならない。」

中堂たちがS君の居場所を突き止める。

「横山は死んだ。
僕だけが生きててもいいのかな。」

「死んだやつは答えてくれない。
許されるために生きろ!」


ああもう。
こんなの嫌だ。
ドラマでも嫌だ。
大津のイジメ事件を思い出す。
ネットで私刑となっても、奴らは反省などせずに裁判で無実を訴える。
そんな奴らより、実況中継したS(白井)君が、自殺幇助にならないか心配。

学校なんてさ、辞めたって良いんだよ!!
あんなクズどもからは逃げろ、逃げれば良いんだよ!!
死ぬことなんてないんだよ。
いじめで死ぬなんて相手への復讐にならない。
世の中もっと広くて、手を差し伸べてくれる友だちや、大人が必ずいるんだ。
でも小さい世界しか知らなくて昭和の人間からしたら思いつかない、「ライブ配信」で訴える。
ライブ配信は世界中で見られる。
そんなことは知っているのに、学校以外に大きな世界があることには気づかないなんて。

あのクズどもは、傷害罪と窃盗罪で罰して欲しい。
「いじめ」は傷害罪だし、人の財布から金を盗むのは窃盗。
万引きも窃盗。
「いじめ」として裁くには限界がある。
きちんと「罪名」をつけて裁いてやるのは、クズどものためでもある。
「窃盗」をした息子を金の力で揉み消すような親だから、きちんと警察が世間が裁いてやらなきゃいけないんだよ。
今回、白井くんが上手だったねぇ。
いや・・・学生さんたちみんな上手だったよ。
このドラマ、ゲストも上手だわ・・・。





そして中堂の探している「金魚」。
口の中に口内炎のようなキズ??
それは金魚のようだった。
そのナゾを掴むため、同じような年頃の女性の遺体が出るたびに「金魚」を探していた中堂。
殺しの手口はバラバラ。
手がかりは口の中の赤い金魚だけ。
犯人はまだどこかで犯行を続けている。

「協力しろ。
散々協力させ荒れた
すこしは返せ。」

「了解」
とミコト。
ってことで、中堂の話も進む。

5話で殺人を誘発することをしてしまった中堂だから、最後、ちょっとドキドキした。
でも多分、ミコトが一番言いたいことを中堂が言ってくれた。
「生きろ!」
安心したわ。
そこに信頼関係があるのかどうかはわからんけど、ミコトと中堂で金魚を探す。

で来週は、六郎も親父に連れ戻されそうでひと波乱?

今回は内容もきつかったけど、松重豊さんを見るだけで大杉漣さんを思い出しちゃったわ・・・。
それでも飯尾さんの活躍(?)で、ちょっと笑えた。
「す、すまなかった・・・クソが!」
ってねぇ(爆)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

感想はコチラ
「アンナチュラル」 第1話 ネタバレ 感想~顔合わせは休日に!
「アンナチュラル」 第2話 ネタバレ 感想~窪田きゅんがネズミだなんて。
「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!
「アンナチュラル」 第4話 ネタバレ 感想~あったことをなかったこには出来ない。
「アンナチュラル」 第5話 ネタバレ 感想~雪の中の復讐
「アンナチュラル」 第6話 ネタバレ 感想~最悪オブ最悪のコイン詐欺
「アンナチュラル」第8話 ネタバレ 感想~心の我が家UDIラボ
「アンナチュラル」 第9話 ネタバレ 感想~AからZの殺人コンプリート
「アンナチュラル」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~同じ脚本家で同じ演者でまた見たい。
キャスト
三澄 ミコト—石原さとみ
中堂 系——-井浦新
久部 六郎—–窪田正孝
東海林 夕子—市川実日子
神倉 保夫—–松重豊
三澄 夏代—–薬師丸ひろ子(特別出演)
毛利忠治——大倉孝二
坂本 誠——-飯尾和樹(ずん)
末次 康介—–池田鉄洋
木林 南雲—–竜星涼
三澄 秋彦演—小笠原海(超特急)
宍戸理一——北村有起哉
ゲスト
望月歩 神尾楓珠 螢雪次朗 ふせえり 谷田歩 桜井聖

コメント

  1. なお より:

    主題歌がかかる頃になると涙腺が…のドラマです。
    皆演技と思えないですね。上手です。
    (これ見る前にWOWOWでやってたドラマの出演者Hの棒過ぎの演技に思わず消してしまいました)
    私も松重さん見た瞬間大杉さん思いだしまた悲しみが…
    重い話でしたが、飯尾さんがほっこりでしたね(^_^;)
    段々ドラマも終わりに近づいてきて寂しいです。

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、コメントありがとうございます。

      主題歌が本当に良いですよね。
      ドラマの雰囲気ととても合っていて、切なくなります。
      今回は飯尾さんのシーンがないと、もっと暗くなってましたね。
      WOWOWは見ていないのでわからないのですが、棒過ぎ演技って誰だろうw←棒過ぎ演技って途中まで大杉漣さんだ(涙)
      このドラマはシリーズ化して欲しいところですが・・・。
      ムリでしょうか・・・。