「アンナチュラル」 第5話 ネタバレ 感想~雪の中の復讐

スポンサーリンク

第5話 「死の報復」

あらすじはコチラ→

鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。
海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、妻が自殺などするはずないという鈴木。
解剖に取り掛かるミコト(石原さとみ)たちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)がやってきて、鈴木が持ち込んだご遺体は葬儀場から盗まれたものだった。

鈴木巧とご遺体・カホちゃんの関係は恋人同士。
駆け落ちをしてまだ未入籍だった。
カホちゃん死亡は両親に報告され、ご遺体は東京へ。
鈴木と喧嘩した末の自殺だと思い込む両親。

しかし淡々と仕事をするはずの中堂(井浦新)はミコトを巻き込んで調べに調べる。
死亡後CTにかけられた写真を見たら・・・。



カホの肺は溺死の割にはしぼんでいた。
これは顔面から水に飛び込んだ場合に起きる、エベック反射だった。
落ちてすぐ気を失ったはずだ。
目撃者が見た足から飛び込んだ女性は犯人の偽装工作だった。

すぐにそのことを鈴木に伝える中堂。
遺体には鈴木がプレゼントしたネックレスがなかった。
そしてカホの死後、同じネックレスをしていた女がいたことを思い出す。
カホの葬儀に参列中だった犯人の女を刺す鈴木。

女の動機は・・・。
ネックレスを見せてもらった。
すぐに返せと言われた。
ネックレスを自慢された、
腹が立った。
なんであの子が幸せなんだ。
なんでワタシより幸せなんだ。
私より幸せだなんて許せない。

中堂を責めるミコト。

「殺す奴は殺される覚悟を持つべきだ。」

と言う中堂。


ううううう。
誰も幸せになれないラスト。
科捜研や相棒なら、最後は刺さないんだよなぁ。
でもこのドラマは刺した。二度も刺した!
へっぽこ探偵の推理があながち間違っていなかったね。

真犯人の女は最低だ。
殺した友達のネックレスをしたり、偽装工作のために海に飛び込んだり、青森から葬儀に参列したり。
揉み合って海に落ちたのか、故意に落としたのかわからないが、すぐに助けを呼べば助かったかも知れない命。
この女は殺されかけた恐怖を感じたかもしれないが、殺した罪悪感を得ることはあるのだろうか?
「ワタシは悪くない!」
って最後まで言っていたからな。
この女が、鈴木くんに好意があったわけではなく、ただカホちゃんに嫉妬していただけってのがリアル。
見下していた女の子の幸せが許せない。だからネックレスも幸せも命も奪った。
こんな最低女を刺して、鈴木くんの一生が台無しになってしまったのが、悲しい。
良かったのはあの女が死ななかったことくらいか・・・。





泉澤祐希くんは上手だなぁ。
特に逮捕連行されたときのあの表情はゾクッとしたよ。
もう闇に落ちていた・・・。
茨木弁じゃない青森弁の泉澤くん。
犯人の女のフォルム(!)が米子っぽかったから・・・。
そしてとっても後味が悪いラストだったけれど、犯人の女の子もお芝居がうまかったと思う・・・。

ラボの4人でプランクトンを調べて、酒のんだりしたいた回の結末がこんなに鬱だとは・・・。
雪がちらついて、あの殺害シーン、非常識ながら綺麗とか思っちまった。

井浦新は、最愛の人を殺害した犯人を殺したいんだなぁ。
だから鈴木くんにも「チャンス」を与えた。
こうなることをわかっていて、真相を話した。

「同情するのがクソバカらしくなった」
法医学の力で、亡くなった人も、そのご遺族も・・とにかく救いたいと思っている石原さとみは、井浦新を許せないんだろうな。

あぁ、ヘビー。
すご~~~く後味の悪い事件だった。
でもゾクゾクしてしまった。
このドラマ、今期No.1かも。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

感想はコチラ
「アンナチュラル」 第1話 ネタバレ 感想~顔合わせは休日に!
「アンナチュラル」 第2話 ネタバレ 感想~窪田きゅんがネズミだなんて。
「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!
「アンナチュラル」 第4話 ネタバレ 感想~あったことをなかったこには出来ない。
「アンナチュラル」 第6話 ネタバレ 感想~最悪オブ最悪のコイン詐欺
「アンナチュラル」 第7話 感想~許されるために生きろ!クズどもから逃げろ!
「アンナチュラル」第8話 ネタバレ 感想~心の我が家UDIラボ
「アンナチュラル」 第9話 ネタバレ 感想~AからZの殺人コンプリート
「アンナチュラル」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~同じ脚本家で同じ演者でまた見たい。
キャスト
三澄 ミコト—石原さとみ
中堂 系——-井浦新
久部 六郎—–窪田正孝
東海林 夕子—市川実日子
神倉 保夫—–松重豊
三澄 夏代—–薬師丸ひろ子(特別出演)
毛利忠治——大倉孝二
坂本 誠——-飯尾和樹(ずん)
末次 康介—–池田鉄洋
木林 南雲—–竜星涼
三澄 秋彦演—小笠原海(超特急)
宍戸理一——北村有起哉
ゲスト
鈴木巧——泉澤祐希

コメント

  1. TOSHIKO より:

    tarotaroさま

    毎日のように訪れて、自分が視聴したものは勿論、見逃し配信を見るべきか否か参考にさせていただいており、お世話になっております。

    「アンナチュラル」は二話目から見ていますが、石原・市川・松重・薬師丸・大倉あたりのキャストも好みで、ストーリーも最終話に向けて期待が高まります。
    是非なるほどと思わせる結末にして、ひとまずはきちんと締めてほしいものです。

    今回、雪がちらつく殺害シーンがなかなか切ない情景になったと私も思います。
    刺されて横たわる女優はお気の毒でしたが、実際の降雪ですよね。

    しかし後日ふと、東京で雪が降る時期に、青森で飛び込み自殺偽装ってどうなの?
    それに、飛び込む瞬間の目撃者をつくるより、水から上がる際や、ずぶ濡れで帰る道筋のほうがリスキーでは? とツッコミしてしまいました。

    撮影では雨はともかく、想定外の降り始めの雪はきっと困りますよね。
    以前、アングルによって積もり具合が明らかに違う東京ロケのドラマを見たことがあります。
    撮影スケジュールを動かせないので強行したんだなぁと、セリフより雪の具合に注目してしまいました。

    それではこれからも宜しくお願い致します。

    • tarotaro tarotaro より:

      TOSHIKOさん、初めまして。
      コメントありがとうございます。

      「アンナチュラル」は好評みたいなので、シリーズ化されるかも?と思ったりしますが、石原&井浦&窪田の3人が何かを抱えていそうなので、ラストがどうなるのか楽しみです。
      一話完結の事件と、それぞれの最終回まで持ち越しされる案件がそれぞれ興味深く楽しいです。

      あの雪ですが、本物の雪だったんでしょうか・・。
      石原さとみは舞台の仕事をしていて、9月から撮影しこの作品はすべて取り終えているそうなので合成なのかな?と思ったりしていました。
      でも美しいことには変わりなく、印象的なシーンとなりました。

      真冬の青森での入水自殺の偽装はつらそうですね。
      あの短期間に、聡明には見えない真犯人にしては巧みな偽装工作でした。
      目撃者は入水の瞬間を見ていないので、船でも用意してたとか・・・。
      ちょっとありえないですね(苦笑)

      ロケーションの繋がりって見つけると気になるものですよね。
      ワタシは以前、どんどんお腹が大きくなる榮倉奈々ちゃんが気になって仕方なかったことがあります(苦笑)
      かなりイレギュラーでしたが・・・。

      こんな場末のブログですが、こちらこそ、よろしくお願いしますm(_ _)m

  2. なおりん より:

    今ようやく録画を見ました。
    いやー、4話のときも思ったけど、ストーリーもいいけど、何より演出がいいですよね!!
    カメラアングルやピント、色合い、本当に素晴らしい。
    私もラストシーンのキレイさにグッときました。
    そしてベストなタイミングでのイントロ。
    私にとっても、間違いなく今期ナンバーワンです。

    中堂を演じる俳優さんは好みではなかったけど、今回、時折見せる優しい表情に、やられそうです。危ない危ない(⬅?)

    それより久部くん!!
    あんなゲスい上司?のいるバイトなんてとっとと辞めなさい!!
    おばちゃん(⬅私、アラフィフ)は心配です!!

    • tarotaro tarotaro より:

      なおりんさん、お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      演出が良いですよねぇ。
      石原さとみは可愛いんですけれど、元気すぎて受け止めきれないときがあるのですが、このドラマでは皆無です。
      抑えてくれてウレシイです。

      ラストシーンは印象的でした。
      ドラマの内容もですが、主題歌もステキです。
      井浦新はあの優しい表情でわかりあえたと思ったのに、結構な闇を抱えてましたね。

      クべ君ですが・・・。
      家も医者だから医学部に入ったけれど、ジャーナリストになりたかったのか。
      石原さとみに惹かれているなら、足は洗え!ですよね。
      北村有起哉といい、あんまりよろしくない雑誌だと思うんですが、ボンボンは気が付かないのでしょうか(苦笑)

  3. いけない子供 より:

    ハチ(米津玄師)の声が凄くいいいいいいい!
    毎回良かったけど、今回のシーンにハマって益々いいいいいいい(爆)
    ということで前から大好きなシンガーで、いいドラマに使われて嬉しいです。

    やっぱドラマは脚本が命!演出も大事!
    「クソバカらしい」ドラマが氾濫してる中、キラッと光ってます。
    気づかなかったけど、私この脚本家さんのドラマは全部好きになってるみたい。
    (キャスティングにも関わってらっしゃるのか、キャストも素晴らしいし)

    今週も私の中堂さんにキュンキュン!
    ラストの石原さとみちゃんにもキュンキュン(爆)

    • tarotaro tarotaro より:

      いけない子供さん、コメントありがとうございます。

      米津玄師の歌声、ピッタリですよね。
      こんなにドラマにハマるとは。
      ここしかない!ってとこで流れてくる演出もステキでした。

      ワタシもこの脚本家さん好きなんです。
      今までは原作ありきのドラマを見ていたので、オリジナルだとどうなのかなぁ・・・と思っていたんですが、素晴らしい。
      思った以上に、中堂さんの闇がすごくて、殺人事件を誘発させてしまったのにも驚きました。
      今回はゲストも素晴らしかったです。
      大切な人を奪われた鈴木と、身勝手な理由で奪った女。
      あのシーンは見応えがありました。
      もちろん、石原さとみと井浦新と、ワタシの窪田きゅんと松重さんも(爆)