「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!

スポンサーリンク

第3話 「予定外の証人」

あらすじはコチラ→

半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の被告は被害者の夫の要一(温水洋一)
ぬっくん被告は、精神安定剤を飲んでいて、妻を殺害した記憶はなかった。
しかし警察に責められ、殺害の動機(妻からの精神的DV)もあったため罪を認めてしまった。
裁判に代理証人として出廷した石原さとみは、証拠として提出された包丁が本当の凶器ではないことに気づき、凶器の矛盾を指摘。
それを聞いた温水洋一被告も、一転して無実を主張する。

石原さとみは検事側の証人から弁護側の証人となる。
白いものも黒くする烏田検事(吹越満)は、女性法医学者を馬鹿にする発言を繰り返す。
挑発にのってしまった石原さとみも感情的になってしまい、裁判は被告人の不利になった。

吹越満にギャフンを言わせるため、法医学の力でギャフンをいただくため、真実を追求していく。

+++++

井浦新はずんの飯尾にパワハラで訴えられそうになっていた。
そっちの件は石原さとみが解決するので、井浦新に証言台に立って欲しいと協力をお願いして・・・・・。

井浦新が証言台に立つ!

新たな証拠により、ステンレスの包丁が凶器だと断定。
検察側はセラミックの包丁を凶器と断定しているのを否定した。

なんやかんや言う吹越満に井浦新がどんどん反撃。←スッキリボタン押したい!!
感情的になる吹越満・・・ギャフン(爆)

ホルマリン漬けから検出された成分は、砥石の成分。
京刃物をとぐ砥石・・・・

犯人は被害者の弟。
職業は京料理人!

姉のレシピはすべて弟が考えていた。
お店が傾きかけていた弟は、印税を半分よこせと訴えるが、「そんな見せ潰れろ」と姉に言われて逆上。
殺害してしまった。

見逃したドラマがあるかも?

今回はわかりやすい犯人でしたねぇ。
証言台で証言していたときから怪しかったもんなぁ。
お店を持たせてくれたぬっくんに濡れ衣を着せるなんてひどい犯人だぜ。
テレ東8時は「特命刑事 カクホの女」 は姉が妹を殺害。
まさか同じ日に兄弟喧嘩殺害を2回も見るとは・・・。

吹越さん嫌な役上手いなぁ!!
証言者(石原さとみ)を怒らせて裁判員の心証を悪くする作戦。
でもさ、あの裁判見ている限り、検察側の女性蔑視がひどすぎて、検察側の味方をしたいなんて思わないけどねぇ。
裁判で検事があんなこと言っても良いのか?
その裁判を見て
「切れ者検事VSヒステリー女法医学者」
なんて記事を書いた北村有起哉は何者?
井浦新のことを知っていたみたいだった。
知っていたといえば、吹越満も井浦新を知っていた。
しかも「人殺し」呼ばわりしていたんだよねぇ。



できれば女の石原さとみが証言台に立って、吹越さんをギャフンと言わせて欲しかったけど、石原さとみが言っていたとおり「今回は法医学の勝利」ってことで良いかな。
肝心なところで、石原さとみが感情的にならず、被告の勝利を選んだのは良かった。
「男VS女」は本意ではない。そんな裁判はおかしいもんね。

でも、井浦新が吹越満に
「感情的になるな」
って言ったとこでスッキリ!!

女を馬鹿にしていた検事と女を信用できない被告人(ぬっくんは女性恐怖症だけど)に

「人なんて切り開けばただの肉の塊だ。死ねばわかる」

ってとこで、最高潮に高鳴りました!

思わず、「おもろいなぁ!」ってつぶやいたわ。

ホンマにおもろい!!!!!

序盤、斉藤洋介さんの滑舌の悪さと痩せっぷりに驚いていたことを忘れるくらい楽しかった。
だいたい、入れ歯があっていなくてふがふが話す爺さんの方が信用できねーわ!
って思っていたんだけど、その爺さんに

「カビの生えた経験」

と言い放った井浦新、ブラボー!!!!

曲者俳優北村有起哉も気になるし、来週も楽しみ~。
今期、No.1かもしれんッ!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

米津玄師「Lemon」(ソニー・ミュージックレコーズ)

感想はコチラ
「アンナチュラル」 第1話 ネタバレ 感想~顔合わせは休日に!
「アンナチュラル」 第2話 ネタバレ 感想~窪田きゅんがネズミだなんて。
「アンナチュラル」 第3話 ネタバレ 感想~法医学の勝利を選んだのはプロフェッショナル!
「アンナチュラル」 第4話 ネタバレ 感想~あったことをなかったこには出来ない。
「アンナチュラル」 第5話 ネタバレ 感想~雪の中の復讐
「アンナチュラル」 第6話 ネタバレ 感想~最悪オブ最悪のコイン詐欺
「アンナチュラル」 第7話 感想~許されるために生きろ!クズどもから逃げろ!
「アンナチュラル」第8話 ネタバレ 感想~心の我が家UDIラボ
「アンナチュラル」 第9話 ネタバレ 感想~AからZの殺人コンプリート
「アンナチュラル」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~同じ脚本家で同じ演者でまた見たい。
キャスト
三澄 ミコト – 石原さとみ
中堂 系 – 井浦新
久部 六郎 – 窪田正孝
東海林 夕子 – 市川実日子
神倉 保夫 – 松重豊
三澄 夏代 – 薬師丸ひろ子(特別出演)

坂本 誠 – 飯尾和樹(ずん)
末次 康介 – 池田鉄洋
木林 南雲 – 竜星涼
三澄 秋彦演 – 小笠原海(超特急)

ゲスト
烏田守 – 吹越満

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加