「隣の家族は青く見える」 第4話 ネタバレ 感想~偏見は身を滅ぼす

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

奈々(深田恭子)は、担当医の片岡(伊藤かずえ)から、人工授精へのステップアップを勧められる。
大器(マツケン)は「理屈ではわかっていても抵抗感がある」と言い出す。

奈々の母・春枝(原日出子)が伊豆から上京してくる。
奈々は、不妊治療のことを春枝に打ち明けるが、母親に反対される。
+++++
渉(眞島秀和)は、朔(北村匠海)から、留美(橋本マナミ)のことをいつまでだますつもりなのかと問われる。
渉は、朔の言葉に同意するものの「ゲイであることを必死に隠して生きてきた自分は今さら変えられない」と答える。

同じころ、ちひろ(高橋メアリージュン)は、引っ越しに備えて荷造りを始めていた。
それを見た亮司(平山浩行)はショックを受けるが、彼女を引き止めることができない。
+++++
一方、深雪(真飛聖)は、次女の誕生会の招待状を持って五十嵐家を訪れる。
そこで深雪は「ちひろや渉たちと仲直りもしたいので、招待状を渡してほしい」と奈々に頼む。




眞島秀和が橋本マナミに「結婚はしない」と伝えたあと、コーポラティブハウスにゲイカップルの二人に対する誹謗中傷のビラが貼られた。
それを知った真飛聖は、嫌悪感丸出し。
フカキョンが二人がゲイだと知っていて隠していた知り、激高。

誕生日会に誘ったくせに、本人は来ず、緊急の住民会をしたいと言い出す真飛聖。
ゲイなんて、子供には説明できない。
「子供がいないからみんなは呑気なんだ。」
1人で激おこの真飛聖。
フカキョンを始め他の住人たちは、寛容。
怒鳴りたいだけ怒鳴って共有スペースを去る真飛聖
帰宅してもプンプンしていた真飛聖に
「ウチだって嘘付いている。
眞島秀和さんだって、ウチが無職だって言うのを知っていて黙ってくれている」
と夫に言われ、呆然。
+++++
マツケンはフカキョンママに自分も人工授精には反対だった。
でも調べてみたら、やっても良いかなぁと思いだした。
夜更かしして自分で作成した人工授精の資料を義母に手渡す。
安心したように資料を受け取るフカキョンママ。




今日のテーマは「偏見」か!?

「無痛で産んだら愛情湧かない!!」
なんて、言う人いるよねぇ。
痛い思いするから母の愛情が産まれるってさ。
(´Д`)ハァ…ですわ。
無痛だと愛情がわかないなら、父親はどうやって愛情がわくねん。
男なんて気持ち良いことしただけやねんぞ。←え!?
それなのに「痛みを感じないと愛情がわかない」って男は言う権利ないんじゃ!
マツケンの妹の旦那をしばきたい(爆)
産むのは母親なんだから、母親が安心して望む形で出産するのが一番だ。

で、野間口・真飛聖夫妻も問題。

同性愛に偏見ある人って、一定数はいるんだろう。
だけどね。
それを公の場で言ってしまう人って馬鹿だなぁって思うよ。
「私は差別的な人間です」
って大声で言っているんだから。

フカキョンにことを味方だと思っていたのに!だってさ。
ゲイのことを知っていて黙っていたからってなんなんだ?
黙っておくことが当たり前でしょうに。
本人がカミングアウトしていないことを他人が言う訳無いでしょ。

なんかあったら「子供、子供」って言うけれど、子供にとっても良いチャンスでしょ?
世の中いろんな人がいるんだから、子供にそのままのことを教えてあげれば良いだけ。

自分の夫は失業しているのに、ブランドバックに高級ランチをインスタにあげる真飛聖のほうが、嘘つきだけどね。
アンタの夫が無職なのも、ゲイカップルがいることも、他人には迷惑をかけていないんだからエエんじゃないかね。
で、あの誹謗中傷のビラを作成して、コーポラティブハウスに貼ったり、会社のFAXに送ったのは橋本マナミかな?
あんなことしても、性的指向が変わるわけではないんだから、自分が惨めになるだけじゃないか。
その橋本マナミに宣戦布告する北村匠海。
わざわざあんな張り紙するかね?
たださ、北村君。
ちょっとオープンすぎて、眞島秀和の気持ちを考えなさすぎ。
もう少し恋人の気持ちを気遣ってあげて。

ホッとできるのは、マツケンがエエ旦那ってことだけ。
こんなに出来た旦那が欲しいよ、ワタシも。
旦那の母親が少々空気がよめない母でも、あの旦那なら守って貰えそうだしね。
フカキョンの母の
「子供が出来ない体に産んでごめんね。」
も堪えたなぁ。

いよいよ人工授精に踏み切る二人。
メアリージュンカップルも進展がありそう。



にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Mr.Children「here comes my love」(TOY’S FACTORY)

感想はコチラ
「隣の家族は青く見える」 第1話 ネタバレ 感想~なぜこんな家を買ったのか?
「隣の家族は青く見える」 第2話 ネタバレ 感想~地獄のBBQパーリー
「隣の家族は青く見える」 第3話 ネタバレ 感想~妊活中の男性に見て欲しい。
「隣の家族は青く見える」 第4話 ネタバレ 感想~偏見は身を滅ぼす
「隣の家族は青く見える」 第5話 ネタバレ 感想~神レベルに優しい深キョンとマツケン
「隣の家族は青く見える」 第6話 ネタバレ 感想~義母の愛、夫の浮気?
「隣の家族は青く見える」 第7話 ネタバレ 感想~マツケンのキスは下手なのに萌えるw
「隣の家族は青く見える」 第8話 ネタバレ 感想~予告でネタバレしないで~!
「隣の家族は青く見える」 第9話 ネタバレ 感想~リアリティか、ハッピーエンドか。
「隣の家族は青く見える」 最終話(第10話) ネタバレ 感想~子供がいなくてもバッドエンドじゃない!
キャスト
五十嵐 奈々—深田恭子
五十嵐 大器—松山ケンイ
川村 亮司—–平山浩行
杉崎 ちひろ—高橋メアリージュン
青木 朔——-北村匠海
広瀬 渉——-眞島秀和
小宮山 深雪—真飛聖
小宮山 真一郎-野間口徹
矢野 朋也—–須賀健太
五十嵐 琴音—伊藤沙莉
糸川 啓太—–前原滉
倉持 充——-寿大聡
長谷部 留美—橋本マナミ
五十嵐 健作—春海四方
片岡医師——伊藤かずえ
五十嵐 聡子—高畑淳子

コメント

  1. いけない子供 より:

    真飛聖に聞きたい。
    コーポラティブハウスに住むということは、何もかも見せ合い
    プライバシーを持つことが許されない生活を強いられるということなのかと。

    まあ、往々にしてこの手の人は自分以外の人間に求めるだけだから
    話し合いも無理だしな…
    家庭の中で常にヒステリー状態でいることの家族に対する悪影響も
    想像できないんだろうな…。

    教養も低そうだし。自分の子供に説明できないって。
    子供をダシに自分の偏見を正当化?

    自分の子供の誕生会の招待状を気まずいからと他人に頼むんじゃ
    きちんとした人付き合いはできなさそう。

    住み始めたばっかでこれほどしょっちゅう集まるヒマ人集団のこんな共同住宅あり得ない(爆)

    フカキョン夫婦の優しい愛情の育み方がオアシス!でこのドラマを見てます(笑)

    • tarotarotarotaro より:

      いけない子供さん、コメントありがとうございます。

      真飛聖の自分勝手さには石田ゆり子と同様イラッとします(苦笑)
      真飛聖のインスタを見ていると「マウンティング」したかったんですかね。
      コーポラティブハウスのボスになりたかったんでしょうし。
      でも、真飛聖以外の住人が、冷静で、眞島秀和カップルに違和感を覚えていないとこが良かったです。
      ヒステリックな反応をしている真飛聖が孤立っていうか。
      野間口さんと長女も真飛聖の言いなりにはならなさそうですしw

      で、誕生日会ですが・・・。
      子供だって、近所のおばちゃんおっちゃんに祝ってもらうより、友だちに祝ってもらいたいですよねぇ。
      飾り付けをして、お料理を用意して、プレゼントまで用意・・・。
      負担が大きすぎる(苦笑)
      コーポラティブハウスだと当然なのでしょうか?
      コーポラティブハウスに突っ込んでしまうとこのドラマは成り立たないので、仕方ないですけどw

      でもマツケンが良い夫過ぎて、泣けて来ますw
      フカキョンも可愛いし思いやりが素晴らしい。
      姑・淳子は強烈なキャラなのに、面白おかしく見えるのは演技力なんですかね。