『特捜9』 第8話 ネタバレ感想~また痴漢冤罪

スポンサーリンク

season3「Wの殺人」

あらすじはコチラ→

被害者桜川梨花(小林涼子)は、NPO団体に所属していた。
セクハラの相談を受けて、潜入捜査(?)の為、観光会社に入社していた。
セクハラをしていた男はすでに退社していた。
そして小坂社長(松澤一之)は梨花にセクハラをしていた。

一方、NPO団体代表で第一発見者長谷岡幹子(千葉雅子)は梨花と意見がぶつかる。
殺された翌日の会議で代表は長谷岡から梨花に交代するはずだった。

梨花は高校時代、見知らぬ男に暴行を受けた。
梨花を保護したその日から、梨花は長谷岡のNPO団体にやってきた。
正義感が強い梨花は、痴漢を撃退したこともあった。
友人がずっと痴漢に悩んでいたのではめてやったのだと言う。
しかしその事件は冤罪だったのかもしれないと告白。
長谷岡は梨花が小坂社長をハメようとして、合鍵を渡すところに止めに入った。
梨花の行きすぎた行為は危険だと感じていた長谷岡。


梨花の部屋周辺を捜査していた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、マンションのエントランスで「激安エアコンクリーニング」のチラシを見つけていた。
そのチラシは梨花の部屋の隣近所にだけ配布されていた。
犯人は布江浩一(荒谷清水)
長谷岡と同じジム仲間でボルダリングシニア大会優勝。
エアコンクリーニングのチラシの電話番号は布江のものだった。←脇が甘すぎる
梨花が住む401号室を囲む5部屋にだけチラシを配布したのは梨花の部屋に侵入するためだった
あの日、梨花の一つ下の部屋のクリーニングを行った布江。
ボルダリングの滑り止めチョークの成分、炭酸マグネシウムが梨花の部屋からもベランダからも検出された。
マンションのベランダを命綱なしで登るのは大変だが布江ならできる。←ボルダリングとベランダは違うような・・・。

布江は長谷岡の事務所にエアコンクリーニングをした際、梨花の素性に気づく。
布江の息子は梨花に痴漢を疑われ、無実を訴えたが裁判で有罪。
その後、自殺していた。
梨花にそのことを問い詰めると
「本当は冤罪だったんじゃないの?」
「仮にそうだったとして何が悪いんですか?
わたしは痴漢で苦しむ人の為にやったんです
そのことで冤罪が生まれたとしてもそれは仕方ないことです。
間違ったことはやっていません。」
こんなヤツいかしちゃ置けない!
ってことで、絞殺。
自殺に見せかけたのは、自分が捕まったら息子が悲しむと思ったから・・・・。←このあたり・・ちょっとね



また痴漢冤罪ですよ。
冤罪はあってはならないと思うけれど、痴漢こそあってはならないことなんですよ。
なぜここまで痴漢冤罪を取り上げるのか。
ワタシにはわかりません。
確かに被害者は最低のことをしましたよ。
ってか・・・被害者の設定がおかしいよ。
あんな子いる?
で、結局、セクハラを相談しにきた女性社員は社長のセクハラで被害届をだしました!
ってなんか違う気がする。
どんなセクハラかしらないけれど、逮捕まで・・・いかないような気がする。
なんか雑な結末。
梨花にも犯人にも同情できないよ。
犯人の息子は可哀想だけどさ。
・・・犯人、もうちょっと悲壮感あっても良かったと思うんだよな。
それに冤罪を生んだのは警察にも責任があるわけで。
そこんとこ浅輪君、警察官として謝罪しなければいけないんじゃないの?

先週は小宮山さんが梅雀班長にキレて、今週は青ちゃんがキレた。
んーでもさ、今回は長谷岡さんの鑑定の承諾を貰うだけやん。
承諾は貰えそうな案件だったし、あそこまでキレるかね?
梅雀の秘密はなんなのさ?
せっかくレギュラーにしたんだから、もっと絡めばいいのに。
ってか・・・もういらなくね?
わかる前に最終回になりそう。

夏ドラマは「刑事7人」ですよ!
7人もいないけど。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『特捜9』 第1話 ネタバレ感想~長田君熱演も、美談ではないぞ!
『特捜9』 第2話 ネタバレ感想~一切、捜査しないので!By梅雀
『特捜9』 第3話 ネタバレ 感想~ダークナイトの呪い
『特捜9』 第4話 ネタバレ感想~来週は9係の初回です。
『特捜9』 第5話 ネタバレ感想~ソーシャルディスタンスを念頭に撮影しました!
『特捜9』 第6話 ネタバレ感想~就職氷河期世代の復讐
『特捜9』 第7話 ネタバレ感想~久しぶりのクズ犯人
『特捜9』 最終話(第10話) ネタバレ感想~梅雀班長続投!辞める思たら、辞めへんのか~い!
主題歌:V6『It’s my life』

出演者
加納倫太郎・・渡瀬恒彦
浅輪直樹・・・井ノ原快彦
小宮山志保・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳靖・・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤亮・・・・山田裕貴
石川倫子・・・中越典子

ゲスト
相澤麗美・・水沢エレナ
飯倉秋代・・中島ひろ子 ほか

小林涼子、千葉雅子

season2はコチラ
特捜9スペシャル「特捜班最後の事件」ネタバレ感想~渡瀬さんの存在を感じなくなってしまったさみしさ。
『特捜9』最終回(第11話)ネタバレ感想~とにかく時間が足りない。





コメント

  1. 宇佐美 より:

    いつも感想楽しく拝見しています。また痴漢冤罪かよって、同じことを思いました(実は冤罪じゃなくやってたことが判明するオチかと思ったら、そうでもなかったですね…)。本当たろたろさんの仰ること全部その通りです。いつも「痴漢が許されないこと」という部分はろくすっぽ描かれないまま、痴漢と冤罪セット、かつ冤罪メインで描かれますよね。実際には痴漢被害数>>>起訴数>>>冤罪数なのに、まるで痴漢容疑や被害申告はかなりの確率で冤罪(あるいは痴漢を訴える人間=故意に冤罪をかぶせる異常者)かのような、間違った見方を植え付ける偏った描かれ方ばかりで。そろそろ痴漢被害の多さ、問題点、卑劣さなどをストレートに主軸に据えたドラマを増やしてほしいです。「実は冤罪」にしちゃえば簡単に裏切り展開がつくれて脚本的に都合がいい(あるいは制作陣にも偏見がある?)のかもですけど、単に安直で陳腐だし、被害者や被害申告へのひどい偏見醸成しうる点で非常に問題だし、いい加減やめて欲しいですね。。

    • tarotaro tarotaro より:

      宇佐美さん。コメントありがとうございます。

      痴漢冤罪を扱うドラマって、ここ最近多いんですよねぇ。
      痴漢や性的被害は申告することもできずに悩んでいる女性(男性)も多いと思います。
      現実には「痴漢冤罪」が多いのではなく「痴漢冤罪」をテーマにしドラマが多いだけ。
      実際に「痴漢冤罪許せない!」ってのはみんなそうだと思うんですけど・・・。
      そういう気持ちで脚本を書いているのだと思うんですけど・・・。
      でも「痴漢許せない!」という話より、痴漢冤罪が多いのは本末転倒な気がしますね。
      「冤罪防止」の為に防犯カメラがあるのではなく、犯罪防止のためのものなので、それで抑止できるなら電車につけても良いのにって思います。
      痴漢冤罪が取り上げられると、本当の被害者も声を上げにくくなると思います。
      色眼鏡で見るヤカラは厄介ですよね・・。

      • 宇佐美 より:

        たろたろさん。丁寧なお返事ありがとうございます。

        そうなんです、性犯罪被害者の声のあげづらさが増してしまいますよね……
        もちろん冤罪も取り上げるべき問題だとは思うんですが……そもそもの痴漢自体は取り上げずにそっちばかりでは、たろたろさんの仰る通り、本末転倒に感じます。
        冤罪は別の犯罪でも起こってるはずなのに、とも……

        車内監視カメラについては、東京五輪の関係で、東京の電車ではJR私鉄ともに設置が進んだようです(痴漢だけでなく、犯罪全般の対策のためだったかと思います)。地方でも設置が進んでほしいです。。

        いつもたろたろさんのご感想、共感できたりなるほどと感じるところが多くあって、参考にさせていただいています。これからも楽しみにしています…!
        お返事ありがとうございました!

        • tarotaro tarotaro より:

          宇佐美さん。コメントありがとうございます。

          性犯罪に関しては、甘すぎると思うんですよね。
          痴漢はやっぱり頭おかしいヤツなんで。
          今日も女子高生の胸に肘を押しつけて突き倒した男が逮捕されてましたけど、ああいう奴らはやっぱりGPSなどが必要だと思います。

          電車内の監視カメラでプライバシーが・・・ってのはよく言われますが、公共の乗り物だしプライバシーって関係あるのかしら?と思ってしまいます。
          男女を分けて乗車させるのもありですが、あれはあれで「ババアが女性車両に乗るなよ、誰が触るか!」って言うアホがいるので、なんかなぁって思うんですよね。
          痴漢がなければ冤罪もないんですから、取り締まれるような環境があれば痴漢被害者も犯罪者も減らせますよね。
          忙しいでしょうが、一課長?に頑張って貰わないとw