『特捜9』 第1話 ネタバレ感想~長田君熱演も、美談ではないぞ!

スポンサーリンク

season3 「越境捜査」

あらすじはコチラ→

1件目の被害者は池袋で中華料理チェーンの経営者・毛利は暴力団のフロント企業で、ライフルや覚醒剤を密輸していた
2件目の被害者はでイベント企画会社の社長・湯川は半グレ集団で覚醒剤を裁いていた。
3件目の被害者は、公金横領で退職したばかりの元刑事・北村龍一(モロ師岡)。

犯人は林豊春(長田成哉)

前科持ちの男。
毛利の会社では覚醒剤の管理を任され、小麦粉に隠していた。
湯川の会社にもいた。

林は盗みを犯し少年院に入る。
担当したのがモロ師岡刑事。
少年院を出たとき、モロ師岡が迎えてくれた。
とんかつを食わせてもらい
「北村さんみたいな仕事がしたかったっす。」
と話す林
「もし本気なら警察官にならなくてもわたしのようなしごとができる。」
それは非公式のエス(情報屋)だった。
林は少年院出なので、簡単に潜入できた。
それからモロ師岡と月に一度会う。
会う度にモロ師岡は昇格。
それが嬉しかった。


ある日、クラブのガサ入れで逮捕されてしまう林。
「すまんがこのまま刑務所に入ってくれないか?
必ず迎えに行く。」
実刑10ヶ月。
信じていたが、モロ師岡は迎えに来なかった。
その時、モロ師岡に利用され捨てられたと実感。
「僕は誰ですか?
少年院出て暴力団や半グレを渡り歩いた犯罪者!」
「わかってるよ。」
世のため正義のためにやったんだなと言う新藤亮(山田裕貴)に反論する林。
浅輪直樹(井ノ原快彦)は
「北村さん(モロ師岡)のためだよね。」
と同調。それを認める林。
「みんなあの人のためだ。
入れ墨をいれたのも。
覚醒剤を試させたのも。
泣いている人を殴ったのも。」
橋でモロ師岡に会う。
片岸が悪の世界、片岸が正義の世界。
自分の居場所はどこにもなかった。
誰もいない世界でモロ師岡だけを待ち続けている。
モロ師岡にも仲間がいる。
毛利や湯川にさえ仲間はいた。
林にはモロ師岡しかいなかった。
毛利や湯川は至近距離で撃ったのに、なぜモロ師岡だけは当たるかどうかわからない場所から撃ったのか?
「最初から決めてました。」
当たれば自殺するつもりでいた林。
そんな林を留めるイノッチ。



「北村さん(モロ師岡)、ホントに君を捨てたのかな?」
横領した金はエスの活動費だと告白したら辞めさせられることは無かった。
林を庇ったのではないか。
本当の話をすれば君が危険にさらされる
だから不名誉な疑いも引き受けた。
「じゃなかったら、この時計の説明がつかないんだよ。」
モロ師岡が撃たれたとき橋から川の中に落ちた腕時計。
時計には「警視総監賞」の刻印があった。
「きっとこれは君に渡そうと思っていた」
モロ師岡はずっと家族を持たなかった。←ええ!!知り合った時にはおっさんやったやん!!
君に孤独をしいた分、自分も孤独でいようとした。
ライフルを落とし、腕時計を掴む林。

最後、美談にしたけど、モロ師岡刑事は最悪やで??
可哀想な犯人。
非公式のエスってさ。
しかも非公式なら警察の金を横領せずに、自分の給料からエスに金を渡せよ!!
そんな足のつくことをするから追い込まれるんやん。

モロ師岡が結婚しなかったのは、犯人と同じ孤独を感じるためっての・・・おかしいわ。
10年前に林と出会った時には、もう50才やで?
その時点で独身なら9割結婚しないでしょうに。
犯人が気の毒なとことか・・・なんつーか、遺留捜査みたいなラストだったw
すっごい気の毒だけど、ライフルで3人も殺害してんだから・・・極刑になるよねぇ。
ま・・・それでも林君役の長田くんが頑張ったので、美談になったかな(爆)
科捜研から犯人に!

寺尾聰さんが勇退されてから、班長の席はずっと空いていた様子。
そこにやってきたのは中村梅雀。
今回は広報役でしたが、次週から本格班長かな?←本格班長って。
そんな梅雀さんも”かつては警視庁捜査一課6係の有能な係長だったが、“ある事件”の責任を取るために広報課に異動した過去”があるらしい。
寺尾さんの過去も大したことなかったしな、そこはハードルをあげずに見なければならないねw

あ・・あと村瀬さん、疑ってゴメン(爆)
てっきり裏切ったかと思ったよ。
しかしツダカンさん・・・seasonを重ねるごとに痩せているのが気になります。
んでもって大家志津香さん。
役名はホントに有田志津香だったw
ミラクル9も好きなので、期待してみてたんですが・・・。
あれだけだったのが残念w

連続ドラマの初回放送が延期になっている今。
特捜9は1月から撮影していたとのことで、多少ストックがあるんでしょうか。
ゴールデンタイムにドラマが見られるだけでなんか嬉しいです。

ドラマを見ていないと曜日感覚も無くなってしまう
再放送でも良いので懐かしドラマとかやってくんないかなぁ(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『特捜9』 第2話 ネタバレ感想~一切、捜査しないので!By梅雀
『特捜9』 第3話 ネタバレ 感想~ダークナイトの呪い
『特捜9』 第4話 ネタバレ感想~来週は9係の初回です。
『特捜9』 第5話 ネタバレ感想~ソーシャルディスタンスを念頭に撮影しました!
『特捜9』 第6話 ネタバレ感想~就職氷河期世代の復讐
『特捜9』 第7話 ネタバレ感想~久しぶりのクズ犯人
『特捜9』 第8話 ネタバレ感想~また痴漢冤罪
『特捜9』 第9話 ネタバレ感想~梅雀班長のド正論。でも仕事はしない。
『特捜9』 最終話(第10話) ネタバレ感想~梅雀班長続投!辞める思たら、辞めへんのか~い!
主題歌:V6『It’s my life』

出演者
浅輪直樹・・・井ノ原快彦
小宮山志保・・羽田美智子
村瀬健吾・・・津田寛治
青柳靖・・・・吹越満
矢沢英明・・・田口浩正
新藤亮・・・・山田裕貴
浅輪倫子・・・中越典子
早瀬川真澄・・原沙知絵
佐久間朗・・・宮近海斗
三原達朗・・・飯田基祐
猪狩哲治・・・伊東四朗
神田川宗次朗・里見浩太朗
国木田誠二・・中村梅雀
ゲスト
北村龍一・・・モロ師岡

season2はコチラ
特捜9スペシャル「特捜班最後の事件」ネタバレ感想~渡瀬さんの存在を感じなくなってしまったさみしさ。
『特捜9』最終回(第11話)ネタバレ感想~とにかく時間が足りない。





コメント

  1. naraku より:

    たろたろさん こんにちは。

    やっと、4月期のドラマが一つ始まりましたね。見ようと期待していたドラマが次々と放送開始延期が決まってしまって、ウイルス流行のせいとはいえ、残念でなりません。特捜9は最後まで撮影が終了していたんでしょうか。

    寺尾聰班長の後は中村梅雀班長。井ノ原快彦の笑顔が楽しみで見ています。

    たろたろさんのドラマ評がとても楽しみなので、これからも体調に気を付けてお過ごしください。

    • tarotaro tarotaro より:

      narakuさん、コメントありがとうございます。

      テレ朝のドラマは延期されずに放送されていますね。
      特捜9は1月から撮影されていたそうですが、最終回まで撮影されているのかどうかはわからないです。
      フジの石原さとみのドラマは医療ドラマなのでロケ場所がないとか・・・。
      もう無理なのではな?と思ってしまいます。
      ドラマが見られる生活って当たり前じゃなかったですね(汗)

      お気遣いありがとうございます。
      市中感染は当たり前のこのご時世、narakuさんもご自愛ください。

  2. saki より:

    今日は大量投稿しております。

    なんかこんな中で、9係の人がみんな元気でよかった~。
    ドラマの中で一番嬉しかったな。
    ミラクル9も見ちゃったし。

    一課長が2時間だと「えーーー」ってなるから、こっちを2時間にしてほしいくらい。

    とはいえ、今回のストーリーは若干ハチャメチャでしたな。
    モロさん、いい役が多いから、きっとなにかからくりがあると思ってたのに、ただのクズだったという。
    長田くんも鑑識から犯人に格下げでしたがww、なんかあんまり伝わってこなかったな~苦笑

    でもって私も村瀬さん疑ってごめんなさい。
    もう黒村瀬はいないのかな。もう出世はしなくていいのかな。
    それを課長に教わったのかな(うう…渡瀬さんの不在を未だ受け入れられない)

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      ワタシもミラクル9から見てましたw
      一課長も特捜もストーリー的にはあまり納得できないというw
      でも、ま、初回だし梅雀風味が加わったら、どうなるのか・・・。
      楽しみです。
      しかし初回なのに、全然渡瀬さんのお話が出てこなかったですね。
      あまり上層部との軋轢がメインにならないようにお願いしたいです。
      渡瀬さん、BSの2サス再放送でしょっちゅう見ているから実感若ないですよね・・・。