「トドメの接吻」 第4話 ネタバレ 感想~黒くなってきた真剣佑

スポンサーリンク

成り上がるための”キスの契約”。

あらすじはコチラ→

並樹家の養子である尊氏(新田真剣佑)は、血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた父・尊たかし(山田明郷)が、会社の跡継ぎを妹の美尊(新木優子)に決めていることに長年複雑な思いを抱いていた。
一方、そんな真剣佑に、叔父で社長秘書の郡次(小市慢太郎)は、養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、会社の後継者となるようプレッシャーをかける。
副社長の椅子を狙う小市慢太郎が真剣佑の前にちらつかせるビデオテープには12年前の沈没事故のある秘密が残されていた。

真剣佑が新木優子にプロポーズし婚約話が進もうとする中、山崎賢人が門脇麦にキスされるために考えた方法は自分の命をかけビルの屋上から飛び降りることだった。
結局キスしてタイムリープ。

幼馴染の結婚式や、両親が事故出なくなったという嘘で、新木優子の同情を引き、真剣佑より先にプロポーズ!
とうとう父親に会う約束も取り付けた。
そんな時、門脇麦からキスをされ、またタイムリープ。
門脇麦は育ての介護施設に入所している祖母の死に目に逢いたくてタイムリープしたのだ。
タイムリープ後、祖母は死なずに生きていた。
門脇麦と会えたから、祖母が延命できたのではないかと声をかける山崎賢人。

だが、自分に惹かれていたはずの新木優子の態度が突然冷たくなったことに戸惑う。
さらに、病床で目を覚ますはずだった新木優子の父・尊(山田明郷)が亡くなり、新田真剣佑が新木優子にプロポーズして会社を継ぐ宣言をするシナリオに変わっていた。

見逃したドラマがあるかも?

タイムリープに忙しいねぇ。
沈没船のナゾと、タイムリープを見ても冷静だった菅田将暉。
この真相はラストまで引っ張っていく案件なんだろうか。
菅田将暉、やっぱりケントスの弟なのかねぇ。
真剣佑も黒くなってきたなぁ。

このドラマは後半10分を見ていれば、だいたいその週の内容がわかるね(爆)
前半から何度かタイムリープはするものの、たいてい後半にひっくり返るしね。

100億のお嬢様を狙うより、タイムリープの前に馬券を買うとか株を始めるとかして地道に貯めていくのが良いんじゃないかな?
100億の資産があるからって、100億手に入るわけでもないし。
会社の年商がすごくても、それがそのまま自分の懐に入るわけでなし。
そうしたら、お父さんの借金も返済できるかも。

ま、そんなこと言っていたら、ドラマになんないんだけどね。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「トドメの接吻」 第1話 ネタバレ 感想~「陸王」の魔法が解けた山崎賢人
「トドメの接吻(キス)」 第2話 ネタバレ 感想~主人公を裏切りがちな志尊淳
「トドメの接吻」 第3話 ネタバレ 感想~沈没船に乗っていたキス女
「トドメの接吻」 第5話 ネタバレ 感想~沈没事件の真犯人は真剣佑なのか?
「トドメの接吻」 第6話 ネタバレ 感想~主人公は死なない。
「トドメの接吻」 第7話 ネタバレ 感想~看護師はだ~れだ?
「トドメの接吻」 第8話 ネタバレ 感想~長谷部は何回死ぬの?
「トドメの接吻」 第9話 ネタバレ 感想~セミファイナルでヒロイン死亡。
「トドメの接吻」最終話(第10話)ネタバレ 感想~Huluではハッピーエンド?
キャスト
堂島 旺太郎 – 山﨑賢人
キス女   - 門脇麦
並樹 尊氏  – 新田真剣佑
並樹 美尊  – 新木優子
長谷部 寛之 – 佐野勇斗
布袋 道成  – 宮沢氷魚
森 菜緒   – 堀田茜
青田 真凛  – 唐田えりか
小柳 奈々子 – 山本亜依
堂島 旺   – 光石研
堂島 光代  – 奥貫薫
根津 功一  – 岡田義徳
辻     – 弓削智久
並樹 尊   – 山田明郷
並樹 京子  – 高橋ひとみ
新井 郡次  – 小市慢太郎
小山内 和馬 – 志尊淳
春海 一徳演 – 菅田将暉(友情出演)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加