「テセウスの船」 第3話 ネタバレ感想~雑な展開なのに面白い不思議感覚

スポンサーリンク

「決死の告白!殺人犯になる父へー」


東元俊哉『テセウスの船』

あらすじはコチラ→

心(竹内涼真)のクラスになぜかジュースが。
子供たちが飲んでしまったが、毒物は検出されなかった。←誰から貰ったかわからんものを飲むなよ!←こういうところ、昭和40年代?って思うよね~。
次に狙われるのは鈴かもしれない。
悩む文吾(鈴木亮平)。
心はとうとう文吾に残酷な未来を打ち明ける。
21人の無差別殺人で逮捕されたのは文吾だと打ち明けた。
ノートが犯人の手に渡ったと確信したからだ。
「事件が起こる前にこの村を出て行ってください。」
そうすれば家族はバラバラにならずにすむ。
涙ながらに頼むが、文吾が烈火のごとく怒り、追い出されてしまった、

金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)を呼び出す心
未来からきたと言う心を信じたわけでは無いが、なぜか金丸と一緒に捜査をすることになる。
そんな時、明音ちゃんが意識を取り戻した。
明音ちゃんを監禁したのは翼(竜星涼)だった。

週末、学校に寝泊まりする心。
朝、また変な絵を見つけた。
鈴ちゃんが危ない!
しかし佐野家には連絡が取れない。
金丸に電話する。
そして神社に向かう。
金丸は文吾に連絡して、未来から来たと心は文吾のことを大切に思っている。
金丸は文吾を犯人にしないための大切な証拠を探しに行くから、心を手伝うように助言した。

文吾が神社に向かうと、心が階段から突き落とされているところを発見。
「心さん、悪かった。」
未来を受け入れる。
「村を出てくれるんですね。」
「それは出来ない。」
家族は大事だけれど、これから大変な事件が起きるのに村の人を見捨てることはできない。
村を守る警察官だから。
「一緒に戦ってくれないか?心さん。」
心は覚悟を決めた。
「一つ腑に落ちないことがあって。」
鈴を狙うのはダミーで本当は他に狙いがあるのではないかと思うと文吾に話しながら文吾の後を歩いていた心。

んでもって、再び現代にタイムスリップした心。
過去は変っていなかった。
父・文吾は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

その頃、金丸は、誰かに崖から突き落とされていた。


やっとこさ、父ちゃん(鈴木亮平)に本当のことを話したかと思ったら・・・。
なんでああいう言い方しかでけへんかな?
「犯人はあなたです。」
だって。
アホか。
「冤罪で捕まっています。」
って言えば良いんじゃないの?
しかも一家離散まで話す必要ある?
あんなに悩んで打ち明けることに決めたのに、もうちょっとソフトに伝えられないもんかね?

その前に・・・。
ノート捨てちゃう????
あんな大事なノート捨てちゃう?
だから未来がおかしなコトになったんじゃ・・・。

それもこれも物語のスパイスよね。
やっぱりタイムスリップものって楽しいっちゃ楽しいのよねぇ。
久しぶりの人が良さそうなユースケ・サンタマリアは死んじゃった。
その前に、何か感づいたのよね。
だから心にも協力した。



竹内涼真は階段から突き落とされるし、ユースケ・サンタマリアは崖から突き落とされるし。
二時間ドラマのよう。
ユースケ・サンタマリアは誰かと待ち合わせしていた。
なのにあの崖の上に立つなんてさ。
相手は女?子供?
だから気を許した・・・?

とにかく心の行動は共感出来ないものばかり。
なんでこんなにドジっ子なんだろうかw

だからこそ、怒濤の展開になってさ、面白いんだけど。
面白いってのは・・・・ちょっとしたコメディ感覚です。
ワタシは。
ドラマティックとか、ハラハラドキドキとはまた違った感覚。
不思議だけど、面白いんだよね。
結末はなんとなく想像ができるので、不器用な・・・不器用すぎる主人公のアホ行動を楽しみたい!←褒めてます。
そしてなりふり構わずブサイクな泣き顔の竹内涼真完成度の高いアントニオ猪木のものまねをする鈴木亮平が楽しみです~♪





    
    

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はオリオンブルー [初回生産カバー盤][CD] / Uru

感想はコチラ
「テセウスの船」 第1話 ネタバレ感想~榮倉奈々の特殊メイクが雑ではないか?
「テセウスの船」 第2話 ネタバレ感想~主人公がアホすぎて不安
「テセウスの船」第4話 ネタバレ感想~主人公が動くと不幸になる説
「テセウスの船」 第5話 ネタバレ感想~証言するかしないかで終わってしまった。
「テセウスの船」第6話 ネタバレ感想~みきおが立った!心が刺された!
「テセウスの船」 第7話 ネタバレ感想~主人公の死亡フラグ
「テセウスの船」 第8話 ネタバレ感想~せいやと今野の怪しさ、急浮上!!
「テセウスの船」 第8話 ネタバレ感想~せいやと今野の怪しさ、急浮上!!
「テセウスの船」 第9話 ネタバレ感想~進展なし。イライラするだけの回。
「テセウスの船」最終話(第10話) ネタバレ感想~予想を裏切りたくて”せいや”を犯人にしてみました!
キャスト
田村心・・・竹内涼真
佐野和子・・榮倉奈々
車椅子の男・安藤政信
田村鈴・・・貫地谷しほり
佐々木紀子・芦名 星
長谷川翼・・竜星 涼
田中正志・・せいや(霜降り明星)
徳本卓也・・今野浩喜
佐野鈴・・・白鳥玉季
佐野慎吾・・番家天嵩
田村由紀・・上野樹里(特別出演)
金丸茂雄・・ユースケ・サンタマリア
石坂秀夫・・笹野高史
井沢健次・・六平直政
木村さつき・麻生祐未
佐野文吾・・鈴木亮平

コメント