東野圭吾『手紙』ネタバレ感想~差別されないわけがない。

スポンサーリンク

東野圭吾 『手紙』

あらすじはコチラ→

東野圭吾 『手紙』

今野敏東野圭吾 『手紙』(2006年)

直貴(亀梨和也)は兄・剛志(佐藤隆太)が強盗殺人を犯したため、行く先々で挫折を味わう。
しかし大学に行きたいので、リサイクル会社で働きながら定時制高校に通っていた。
会社の歓迎会で「見上げてごらん夜の星を」を歌ったところ、好評で、スナックのママに勝手に動画をあげられたり、会社の先輩・寺尾祐輔(高橋努)にバンドに誘われたり・・・。

定時制高校の教師・中条朝美(広瀬アリス)は、、亀梨が優秀なことから、親身になって勉強を教える。
亀梨はとても優秀な帝都大学に受かるほど頭脳明晰らしい。←なら定時制ではなく高校卒業資格を取ったほうが良いと思う。
亀梨はアリスと恋に落ちた。
アリスに両親に挨拶をして欲しいと言われ、自宅に行くが・・・・。

アリスは一流企業の令嬢で、いとこで許嫁・嘉島孝文(中村倫也)がいた。
ほどなく、中村倫也に亀梨の兄が殺人犯だと突き止めた。
真実を話してくれなかったアリスはショック。
それでも亀梨が好きだと言うアリス。

アリスの父・中条浩臣(榎木孝明)が手切れ金を持ってやってきた。
「娘と別れて欲しい。」
受け取れないと亀梨が言うと土下座して頼み込む。
自分と一緒にいると幸せになれないのかと問うと
「君は幸せだったか?」
亀梨の不幸せを娘が背負うのは嫌だと言う。

金を受け取ってもらいたい。
今後一切連絡を取らないで欲しい。
そして、娘と付き合っていたことは誰にも言わないで欲しい。
亀梨は金を受け取らないが、アリスとのことは諦めた。
帝都大学受験も諦めた。



+++++
数年後、亀梨は佐藤隆太に手紙を書かなくなっていた。

兄は海外に赴任中”と嘘をついて、真芝電機に入社。
ある日、電気店で窃盗事件が起きた。
兄のせいで疑われた亀梨は、左遷されてしまう。

左遷された会社の社長・小日向さんは「差別はあって当然だ。」と話す。
小日向社長には、本田翼から手紙が届いていた。
亀梨の今までの苦労。努力・・・切々と書かれていた。
手紙の主に思い当たった亀梨、

本田翼のアパートに向かった亀梨。
留守だったが、見覚えのある手紙を見つけた。
兄・佐藤隆太からの手紙だった。

本田翼は亀梨になりすまし、佐藤隆太と手紙のやりとりをしていた。
怒る亀梨に、自分も小さい頃、父親が借金をして夜逃げしたことを話す。
結局、一家離散となったが、父を憎めないと言う。
「もう逃げるのはやめて。正々堂々と生きて行こう。」
「ありがとう。」


+++++
数年後。
亀梨と本田翼は結婚し、娘も5才になっていた。
社宅に住んでいた3人。
ある日、隣に人事部の町谷健二(眞島秀和)が引っ越してきた。
真島秀和は、亀梨の過去を知っていた。
アッという間に噂は広まり、亀梨娘は仲間はずれになっていた。

思い詰めた亀梨は小日向社長に相談。
正々堂々と生きて行こうと夫婦で話し合った。
自分や妻は良い。
しかし今はたった5才の娘まで辛い目に遭っている。

「君はわたしが行ったことをはき違えている。
君はまだ甘えている。」

すべてをさらしだし人間関係を築いたとしても心理的に負担が大きいのはどちらだと思う?
君たちか?
周りの人間か?
選びやすい道を進んだ。
「答えを教えて欲しい。」
と言う亀梨に
答えなんてないよ、。
答えは自分で見つけなければ意味はないんだ。」

困惑する亀梨。
そこへ本田翼と娘が自転車に乗っているときに、ひったくりにあって怪我をした。
娘の顔の傷は一生残るかもしれないと言われた。
その日の夜、犯人の両親が謝罪しにやってきた。
土下座をする加害者の両親。

謝罪されても娘の傷は治らない。
謝罪されても、許すことができない。
被害者家族になって、初めて加害者と加害者家族への怒りがこみ上げた。

亀梨は兄にに「縁を切りたい」という手紙を書いた。
そして兄が殺害した被害者の遺族の家をやっと訪れた。

13年前、兄に線香を上げて欲しいと頼まれていたが勇気がでずにインターホンを押すこともできなかった。
しかしお焼香をすることは出来なかった。
「君は事件に関係ないからだ。」
被害者の長男・緒方忠夫(田中哲司)は、佐藤隆太が送り続けたという謝罪の手紙を亀梨に見せた。
逮捕されてから13年間毎月送られてきた手紙。
最期の手紙はには、弟に縁を切られたことが書かれていた。
被害者に手紙を送ることも自分の自己満足だった。
「これで全てを終わりにしていいと思う。」

亀梨は高橋努と一緒に、刑務所慰問に行く。
「見上げてごらん夜の星を」
を歌う亀梨。
観客の中には、泣きながら舞台上の直貴の姿を見つめる剛志の姿があった。
亀梨も嗚咽にむせび最期まで歌うことは出来なかった。


映画が良作だったので、不安でいっぱいでした。
くらべちゃうよねぇ。やっぱりw

映画版兄貴の玉山鉄二と佐藤隆太は同じ年。
直貴役の山田孝之は亀梨和也の3つ上。
由実子役の沢尻エリカと本田翼はかなり年が違う。

亀梨和也はどうやっても高校生には見えなかったなぁw
兄貴も・・・・20代には見えなかったなぁ。

亀梨君はくら~い役が似合う。
ただ・・・歌声は。
ちょっと癖がありすぎて、カラオケであの歌い方された、感動するより笑っちゃうかも。
もう少し。もう少し歌が上手なら良かったのに。

佐藤隆太には良いイメージしかないんですが・・・。
この役はどうかなぁ。
ただの無神経な兄だった。
手紙を読む声のトーンが脳天気で、刑務所の中が楽しいのか!?って疑いたくなる。
実際、塀の外にいる亀梨くんのほうが、辛い目に遭っている。
そういう無神経な兄・・・なんだけど、佐藤隆太には天性の明るさというか・・・。
うん。明るさがありすぎて、殺人犯としては、ちょっとなぁ。
やっぱりこの人は刑事側にいて欲しいw



「Aではない君と」と同じく被害者家族の物語。
親はある程度責任があると思うけれど、弟はなぁ。
弟が差別されるのは・・・。

それでも小日向社長は
「お兄さんはそれも含めて罪を犯したんだ。」
と。
小日向さん、ここのところ悪役続きで、この社長もなんだか冷たく感じてしまった。
映画版では杉浦直樹さんでした。
渋い演技で、印象に残っています。

亀梨は小日向社長の言う通り、
「ずっとあの場所」
で生きて行かなくてはならないのか?
娘ちゃんがいじめられても??

ワタシは逃げたら良いと思うんだ。
嫁の名字を名乗れば良いし、東京を離れたら良いと思うんだ。
ネットは消えないけれど、気休めでも良いじゃないか。
娘ちゃんが可哀想すぎるよ。
負の連鎖になるかもしれないよ。
と思いつつ。

加害者家族と何にも考えず付き合えるのか・・・?と問われたら・・・なんも言えねぇ!
さすがに娘ちゃんを仲間はずれにすることはないが、すご~~く気を遣って付き合うことになりそう。
「窃盗」ではなく「強盗殺人」だからね・・・・
しっかし、大学に行かせるためのお金を空き巣でまかなおうとするななんて。
いくら盗むつもりやったんやろ・・・・
殺さなければ・・・・。
殺さなければ、ここまで弟も苦しまなかった。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
武島直貴++++++亀梨和也(KAT-TUN)
白石由実子++++本田翼
武島剛志++++++佐藤隆太
中条朝美++++++広瀬アリス
嘉島孝文++++++中村倫也
町谷健二++++++眞島秀和
寺尾祐輔++++++高橋努
中条京子++++++西田尚美
居酒屋店長++++渡辺いっけい
緒方忠夫++++++田中哲司
中条浩臣++++++榎木孝明
平野宗一郎++++小日向文世

あらすじはコチラ→


東野圭吾 『手紙』
今野敏東野圭吾 『手紙』(2006年)

直貴(亀梨和也)は兄・剛志(佐藤隆太)が強盗殺人を犯したため、居場所がなかった。
リサイクル会社で働きながら定時制高校に通う。
会社の歓迎会で「見上げてごらん夜の星を」を歌ったところ、好評で、スナックのママに勝手に動画をあげられたり、会社の先輩・寺尾祐輔(高橋努)にバンドに誘われたり・・・。

定時制高校の教師・中条朝美(広瀬アリス)は、、亀梨が優秀なことから、親身になって勉強を教える。
亀梨はとても優秀な帝都大学に受かるほど頭脳明晰らしい。←なら定時制ではなく高校卒業資格を取ったほうが良いと思う。
亀梨はアリスと恋に落ちた。
アリスに両親に挨拶をして欲しいと言われ、自宅に行くが・・・・。

アリスは一流企業の令嬢で、いとこで許嫁・嘉島孝文(中村倫也)がいた。
ほどなく、中村倫也に亀梨の兄が殺人犯だと突き止めた。
真実を話してくれなかったアリスはショック。
それでも亀梨が好きだと言うアリス。

アリスの父・中条浩臣(榎木孝明)が手切れ金を持ってやってきた。
「娘と別れて欲しい。」
受け取れないと亀梨が言うと土下座して頼み込む。
自分と一緒にいると幸せになれないのかと問うと
「君は幸せだったか?」
亀梨の不幸せを娘が背負うのは嫌だと言う。

金を受け取ってもらいたい。
今後一切連絡を取らないで欲しい。
そして、娘と付き合っていたことは誰にも言わないで欲しい。
亀梨は金を受け取らないが、アリスとのことは諦めた。
帝都大学受験も諦めた。

+++++
数年後、亀梨は佐藤隆太に手紙を書かなくなっていた。

兄は海外に赴任中と嘘をついて、真芝電機に入社。
ある日、電気店で窃盗事件が起きた。
兄のせいで疑われた亀梨は、左遷されてしまう。

左遷された会社の社長・小日向さんは「差別はあって当然だ。」と話す。
小日向社長には、本田翼から手紙が届いていた。
亀梨の今までの苦労。努力・・・切々と書かれていた。
手紙の主に思い当たった亀梨、

本田翼のアパートに向かった亀梨。
留守だったが、見覚えのある手紙を見つけた。
兄・佐藤隆太からの手紙だった。

本田翼は亀梨になりすまし、佐藤隆太と手紙のやりとりをしていた。
怒る亀梨に、自分も小さい頃、父親が借金をして夜逃げしたことを話す。
結局、一家離散となったが、父を憎めないと言う。
「もう逃げるのはやめて。正々堂々と生きて行こう。」
「ありがとう。」
+++++
数年後。
亀梨と本田翼は結婚し、娘も5才になっていた。
社宅に住んでいた3人。
ある日、隣に人事部の町谷健二(眞島秀和)が引っ越してきた。
真島秀和は、亀梨の過去を知っていた。
アッという間に噂は広まり、亀梨娘は仲間はずれになっていた。

思い詰めた亀梨は小日向社長に相談。

正々堂々と生きて行こうと夫婦で話し合った。
自分や妻は良い。
しかし今はたった5才の娘まで辛い目に遭っている。

「君はわたしが行ったことをはき違えている。
君はまだ甘えている。」

すべてをさらしだし人間関係を築いたとしても心理的に負担が大きいのはどちらだと思う?
君たちか?
周りの人間か?
選びやすい道を進んだ。
「答えを教えて欲しい。」
と言う亀梨に
「答えなんてないよ、。
答えは自分で見つけなければ意味はないんだ。」

そこへ本田翼と娘が自転車に乗っているときに、ひったくりにあって怪我をした。
娘の顔の傷は一生残るかもしれないと言われた。
その日の夜、犯人の両親が謝罪しにやってきた。
土下座をする両親。

謝罪されても娘の傷は治らない。
謝罪されても、許すことができない。
被害者家族になって、初めて加害者と加害者家族への怒りがこみ上げた。

亀梨は兄にに「縁を切りたい」という手紙を書いた。
そして兄が殺害した被害者の遺族の家をやっと訪れた。
13年前、兄に線香を上げて欲しいと頼まれていたが勇気がでずにインターホンを押すこともできなかった。
しかしお焼香をすることは出来なかった。
「君は事件に関係ないからだ。」
被害者の長男・緒方忠夫(田中哲司)は、佐藤隆太が送り続けたという謝罪の手紙を亀梨に見せた。
逮捕されてから13年間毎月送られてきた手紙。
最期の手紙はには、弟に縁を切られたことが書かれていた。
被害者に手紙を送ることも自分の自己満足だった。
「これで全てを終わりにしていいと思う。」

亀梨は高橋努と一緒に、刑務所慰問に行く。
「見上げてごらん夜の星を」
を歌う亀梨。
観客の中には、泣きながら舞台上の直貴の姿を見つめる剛志の姿があった。
亀梨も嗚咽にむせび最期まで歌うことは出来なかった。


映画が良作だったので、不安でいっぱいでした。
くらべちゃうよねぇ。やっぱりw

映画版兄貴の玉山鉄二と佐藤隆太は同じ年。
直貴役の山田孝之は亀梨和也の3つ上。
由実子役の沢尻エリカと本田翼はかなり年が違う。

亀梨和也はどうやっても高校生には見えなかったなぁw
兄貴も・・・・20代には見えなかったなぁ。

亀梨君はくら~い役が似合うなぁ。
ただ・・・歌声は。
ちょっと癖がありすぎて、カラオケであの歌い方された、感動するより笑っちゃうかも。
もう少し。もう少し歌が上手なら良かったのに。

佐藤隆太には良いイメージしかないんですが・・・。
この役はどうかなぁ。
ただの無神経な兄だったなぁ。
手紙を読む声のトーンが脳天気で、刑務所の中が楽しいのか!?って疑いたくなる。
実際、塀の外にいる亀梨くんのほうが、辛い目に遭っている。
そういう無神経な兄・・・なんだけど、佐藤隆太には天性の明るさというか・・・。
うん。明るさがありすぎて、殺人犯としては、ちょっとなぁ。
やっぱりこの人は刑事側にいて欲しいw
++++

「Aではない君と」と同じく被害者家族の物語。
親はある程度責任があると思うけれど、弟はなぁ。
弟が差別されるのは・・・。

それでも小日向社長は
「お兄さんはそれも含めて罪を犯したんだ。」
と、映画版では杉浦直樹さん。
小日向さん、ここのところ悪役続きで、この社長もなんだか冷たく感じてしまった。

亀梨は小日向社長の言う通り、
「ずっとあの場所」
で生きて行かなくてはならない。
娘ちゃんがいじめられても??

ワタシは逃げたら良いと思うんだ。
嫁の名字を名乗れば良いし、東京を離れたら良いと思うんだ。
娘ちゃんが可哀想すぎるよ。
負の連鎖になるかもしれないよ。

と思いつつ。
加害者家族と何にも考えず付き合えるのか・・・?と問われたら・・・なんも言えねぇ!
さすがに娘ちゃんを仲間はずれにすることはないが、すご~~く気を遣って付き合うことになりそう。
「窃盗」ではなく「強盗殺人」だからね・・・・
しっかし、大学に行かせるためのお金を空き巣でまかなおうとするななんて。
いくら盗むつもりやったんやろ・・・・
殺さなければ・・・・。
殺さなければ、ここまで弟も苦しまなかった。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
武島直貴++++++亀梨和也(KAT-TUN)
白石由実子++++本田翼
武島剛志++++++佐藤隆太
中条朝美++++++広瀬アリス
嘉島孝文++++++中村倫也
町谷健二++++++眞島秀和
寺尾祐輔++++++高橋努
中条京子++++++西田尚美
居酒屋店長++++渡辺いっけい
緒方忠夫++++++田中哲司
中条浩臣++++++榎木孝明
平野宗一郎++++小日向文世

コメント