「スイッチ」 ネタバレ感想~事件も恋愛も濃厚な坂元裕二劇場

スポンサーリンク

あらすじはコチラ→

任意で警察の取り調べを受けることになった男・大木和馬(篠原悠伸)の証拠品は車の中にあった手袋。
しかし大木の自宅は二世帯住宅で、大木が駐車した場所は祖父の家。
警察が礼状をとった場所は自宅のみだから・・・証拠品は無効となる。
大木は釈放。
自宅に送る車中で、”殺しはやっていない”と悪びれず話す大木。
死者が出た1件。そしてもう1件はやっていない・・らしい。

弁護士・蔦谷円(松たか子)は星野七美(石橋静河)の弁当屋に行く。
「だって母は2回殺されたんですよ。あの男に。」
やっと気づいてくれたと七美は堰を切ったように話し出す。
所轄にも話したが、採用されなかった母が亡くなった日の証言。
母・依子(原日出子)が殺された日は七美(石橋静河)の誕生日だった。
夜、店を出た後に電話がかかってきた。
親が謝罪している声が聞こえた。
「ああ・・・ごめんなさい。
息が出来なくて。ごめんなさい。」

そんな母に話しかける男女の声がする。
重藤啓輔(岡部たかし)と妻・涼子は母親が倒れていて車が出せないらしい。
かなり長い間会話が聞こえる。
重藤夫婦は二人で母親をよけようとした。
「いっせーのーせ!」
鈍い音がした。
そこで原日出子母絶命。


その後、犯人夫妻は七美の弁当屋に来た。
二人の会話を聞き、あの時の夫妻だとわかる。
家に帰ってお母さんのお布団で寝ようと思ったらら誕生日プレゼントが入ってあった。
復讐しようと思った七美。
円(松たか子)に付き添われ、元町署に出頭する七美。

入院する重藤啓輔(岡部たかし)の話をこっそり聞いている直(阿部サダヲ)。
なにか引っかかりを覚える。
犯人だと直感した阿部サダヲは検事正・本田(尾美としのり)に報告。
所轄は七美の話をあげてこなかった。
「こっちでやるしかないな!」
と言っていた尾美としのりだが、重藤が警察上層部と同級生で捜査に横やりが入る。

円(松たか子)はプロポーズを受けた広告代理店勤務・鈴木貴司(眞島秀和)から、なが~いなが~い話の末、結婚白紙を切り出される。
夜、直(阿部サダヲ)は思い悩み家を出ようとするとプロポーズを受けた料理研究家で・佐藤亜希(中村アン)が「来ちゃった」と料理を作りに来た。
料理中・・・なのに何にも言わずに家を出て、重藤の病室に向かう阿部サダヲ。
重藤はテレビを見て爆笑していた。
待合室でそわそわと玄関を見ている阿部サダヲ。
一瞬の隙に松たか子が重藤の病室の前にいた。
重藤に襲いかかろうとする松たか子を止める阿部サダヲ。
「なんでわかったの?」
なんとか松たか子をカラオケボックスに連れて行く。


「君を殺人犯にするわけにはいかないの。」
逮捕できないなら殺すしかない。
そんな考え方の松たか子。
犯人を襲うのは7回目。
二人はトンネル崩落事故の被害者遺族だった。
高校生の二人だけが生き残った。
仲良くなる二人。
そのうち、トンネル崩落事故は人災だとわかる。
政治家・大泉鷹太郎(嶋田久作)を殺そうとする松たか子。
止める阿部サダヲ。
それ以来”ひどいコトしておいて裁かれずにいる人を見るとスイッチ入っちゃう”松たか子。
今まで、ちゃんと立件してきた阿部サダヲ。
今回もちゃんと起訴すると断言する。

その頃、二人の出会いの事実を知った中村アンが眞島秀和を呼び出していた。
あの二人の間にはもう入れないんじゃないかと。

阿部サダヲは捜査を開始。
原日出子殺害の日に重藤夫妻が参加したパーティの参加者たちを取り調べ。
所轄へは大金を持って行く。
所轄刑事・折原浩次(迫田孝也)と別件逮捕と別件逮捕を交換条件に、証拠品を手に入れた。
原日出子が当日つけていた腕時計。
バッチリ重藤のDNAが着いていた。
重藤留置所へ。
重藤の隣の留置所には大木が。



阿部サダヲは松たか子の自宅へ。
結婚するとか結婚しないとかお互いの恋人のことが気になる。
「前の恋愛と比べる。」
前とはお互いのことであり。
阿部サダヲは家を出る。
松たか子は思いきって玄関に。
すうと阿部サダヲが入ってきて・・・。
二人は抱き合い濃厚なキス。
キスをしながら寝室へ!
松たか子が阿部サダヲの服を脱がせそうとするとこで、サダヲタイム!
12年前から腹が出ているとか・・・。
なんだかんだでいたさない二人。
「君がいなかったら、俺の人生味気ないものになっていたと思う
君がいる人生、面白かったよ。」
「概ね同感です。」
今度4人で食事をしようということになり・・・・食事。
談笑していると、政治家・大泉鷹太郎(嶋田久作)を見かける。
松たか子、また殺しのスイッチが入る!

おしゃれなミステリー&ラブストーリーかと思いきや。
かなりヘビーな内容でした。
カルテットくらいな感じかと思ったけど。
このボリュームなら連ドラにして欲しかったよ。
あまりにも自分語りが長い真島さん。
気がつけば血痕は白紙とか言ってるしさ。
絶対、聞き逃せないじゃん(爆)←気をぬくな!
最初は眞島さんと中村アンが付き合っちゃうのかしら?なんて思っていたけどさ。
こっちの方が気が合いそうだしさ。

殺人事件は早い段階で犯人もわかっていたし、阿部サダヲ検事は有能でお金持ちだから立件までできたけど・・・。
藤重は・・・なんだろうね。
あんなバカが警察の上層部と同級生で、あんなバカまで守らないといけないなんて、大変だよなぁ。
上層部ってさ、そんなことまで面倒をみるなら、やってらんないよなぁ。
いつもそう思うよ、この手の事件(ドラマの世界だけど)

松たか子が弁護士って設定はちょっと無理があった。
殺人未遂7回なんて・・さ。
二人の出会いはかなりヘビーで。
共依存みたいな感じもあって。
サダヲは松たか子を放ってはおけない。
カルピスをズーズーすするのにも理由があった。

最後に松たか子にスイッチが入ったから続編もあり得るのかなぁ。
テレ朝は続編が好きだし。
いや、でもこれは・・最初から連ドラ案件だったんじゃないかと。
しかし阿部サダヲと松たか子は相性が良いなぁ。

坂元さんってクセが凄い(爆)
坂元さんアクセル踏みきった作品でした。
いや。。。ほんま、濃厚!!!




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

キャスト
駒月直・・・阿部サダヲ
蔦谷円・・・松たか子
鈴木貴司・・眞島秀和
佐藤亜希・・中村アン
星野七美・・石橋静河
橋口結麻・・岸井ゆきの
曽田知基・・井之脇海
折原浩次・・迫田孝也
大木和馬・・篠原悠伸
星野依子・・原日出子
大泉鷹太郎・嶋田久作
重藤啓輔・・岡部たかし
本田聡司・・尾美としのり
八角夏美・・高畑淳子

コメント