「ストロベリーナイト・サーガ」 第5話 ネタバレ感想~ダイイングメッセージはいつもわかりにくい

スポンサーリンク

「超能力者の殺人?!番号の謎」

あらすじはコチラ→

誉田哲也「姫川玲子シリーズ」

被害者・吉原秀一(小林隆)はそ昔大工だった。
昔の大工仲間・佐藤の話を聞く。
22年前、消費税5%に引き上げられた時、駆け込み需要で建築建材不足となる。
個人経営だった吉原(小林隆)の会社や佐藤たちはなんとか材料を手に入れるが、ある日窃盗被害に遭う。
小林隆は客に値切りに値切られた。
その後借金を背負い、転落人生に。
マジシャンになっていた小林隆。
ばったりと佐藤武男と出会う。
22年前、ほとんどの大工仲間が窃盗被害似合っていたが、渡辺繁の会社だけは窃盗被害に遭っていなかった。
”アイツが犯人ではないか??”と小林隆に伝えてしまった。

その話を聞いた姫川玲子(二階堂ふみ)は、渡辺が犯人だと確信。
とっ捕まえたら言い訳ばかりしていたもののすぐに自供。

22年前、全てを失った吉原(小林隆)。
会社も妻も失った。
渡辺会いに行った吉原は
1億円もの金を要求してきた。らしい。
「最初に手を出してきたのは吉原だ。
正当防衛だ!」
と主張。

身勝手で反省もしない渡辺の言い分に姫川は
「その性格死んでも治らないんでしょうね。」
と静かに言い放つ。



なぜ姫川は渡辺が犯人だと気づいたのか。
吉原の携帯に残されていた数字。
「0456666」
これは吉原さんがガラケーに残したダイイングメッセージだった。
吉原さんはひらがな入力で「わたなべ」と打ったつもりだったのだ。

しかし鑑識によると、吉原さんが最後に携帯を触ったのは閉じた状態。
確かに最後は終了ボタンを押していたのだ。
本来であれば番号は消えているはずだった。

吉原さんは「超能力者でマジシャンの振り」をしていると言う証言もあった。
超能力でガラケーを開けたのかな~?

あ、吉原さんの携帯にガンテツ(江口洋介)の番号があったのは、それもまた22年前の話。
自暴自棄になっていた吉原を、飲み屋で見かけた男が
「どうせ死ぬんだったらやりてえようにやってみろよ。
もう失うのんはないんだろう??
それでも死にたくなったら最後の一杯くらいつきあってやる。」
と名刺を渡されたらしい。
それがガンテツだったのではないかと菊田(亀梨和也)は言うが、ガンテツはしらばっくれちゃった。



原作は「左だけ見た場合」。
ガンテツエピソードってあったかなぁ~?
まったく覚えていないわ。
しかも”ガンテツが容疑者に浮上”とラテ欄に出ていたけれど、容疑者にもなってねーし。
確か短編なんだよね。
それを1時間に伸ばしたらグダグダしちゃうな。

このお話は初めての映像化。←『ストロベリーナイト ~アフター・ザ・インビジブルレイン~』(2013年1月26日に土曜プレミアム)で映像化してました。スミマセン。
あっけなく犯人が見つかり、あっけなく自供。
盛り上がりに欠ける。

そもそもスマホが主流の現在。
被害者がガラケーなのはギリOKだけど・・・。
うーん。

で、宮地雅子刑事は風邪でフェイドアウト。
なんで~?
こんな中途半端なフェイドアウトありかよ。
んでもって、今野浩喜は嫌いではないけれど、あの関西弁が辛抱らまらんくなってきたわ~。

オチは超能力。
そういえば、歌っているだけの菊田が今日は捜査していたね。

ま、わかりやすいストーリーもアリか?
最後、「世にも奇妙な物語」風になったとしてもw

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:【予約5月15日発売】【キャンセル不可】【代金引換不可】Rain (初回限定盤1+初回限定盤2+通常盤) 亀梨和也

感想はコチラ
「ストロベリーナイト・サーガ」 第1話 ネタバレ感想 ~考えるのは前作キャストのことばかり
「ストロベリーナイト・サーガ」第2話 ネタバレ感想 ~一時間では終わらないのです。
「ストロベリーナイト・サーガ」 第3話 ネタバレ感想~菊田は捜査しているのか?
「ストロベリーナイト・サーガ」 第4話 ネタバレ感想 ~抵抗しなかったから合意?舐めんじゃないわよ!
「ストロベリーナイト・サーガ」 第6話 ネタバレ感想~毒母がいなければ。
「ストロベリーナイト・サーガ」 第7話 ネタバレ感想 ~禁断の恋勃発!
「ストロベリーナイト・サーガ」 第8話 ネタバレ感想~アッサリインビジブルレイン
「ストロベリーナイト・サーガ」 第9話 ネタバレ感想~毎週下手な関西弁を聞かされるとか・・
「ストロベリーナイト・サーガ」 第10話 ネタバレ感想 ~原作の年齢を無視しすぎでは?

キャスト
姫川玲子・・二階堂ふみ
菊田和男・・亀梨和也
葉山則之・・葉山奨之
石倉保・・・宍戸 開
湯田康平・・中林大樹
大塚真二・・重岡大毅(ジャニーズWEST)
井岡博満・・今野浩喜
姫川瑞江・・菊池桃子(特別出演)
國奥定之助・伊武雅刀
今泉春男・・山口馬木也
橋爪俊介・・岡田浩暉
勝俣健作・・江口洋介ほか



コメント

  1. なお より:

    こんばんは
    この話は映像化は初めてなんですね。記憶にあったのは原作の方だったんですね。だいぶ前に読んだので所々しか覚えてなくて(^_^;)
    あの風邪の女性捜査官フェードアウトですか?なんか事件に巻き込まれてないですよね?
    予防してる人が風邪をひくというオチですかね?

    先週はちゃんと見たけど今回はながら見になってしまいました。

    • tarotarotarotaro より:

      映像化されていましたねぇ。
      すみません。
      あの女性捜査官、原作でも出てきていたような気がしますが、あんなフェイドアウトの仕方はしなかったような・・・。
      ワタシもうろ覚えですが・・・。
      また出てこないとちょっとモヤモヤしそうですw

  2. より:

    鬼の首を取ったようなコメントになってしまうのですが……

    今回の話は、『ストロベリーナイト ~アフター・ザ・インビジブルレイン~』(2013年1月26日に土曜プレミアム)のエピソードのひとつです。
    アフター・ザ・インビジブルレインは主役が別の5つストーリーで構成されていて、「左だけ見た場合」は日下(遠藤憲一)と井岡(生瀬勝久)のコンビの話でした。

    原作ではどうなっていたかは知りませんが、所轄の女性刑事が語った初動情報を井岡が日下に報告していました。(現場でのマジシャンだろうという推理は井岡で、日下は「憶測は要らない」と切って捨てました)もちろん、井岡はフェードアウトしませんでした。

    姫川、ガンテツは登場せず(当然、ガンテツの“いい話”もなし)。
    “本当に超能力者だったのかも”というオチは同じでした。

    • なお より:

      やっぱり前にやってたんですね(^_^;)なんとなく映像の記憶もあったようにも感じてました。また竹内結子版も見てみたいです。ありがとうございました。

    • tarotarotarotaro より:

      英さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      映像化されていたんですね~。
      連ドラの方ばかり調べていました。
      『ストロベリーナイト ~アフター・ザ・インビジブルレイン~』・・・みたはずなのに(苦笑)
      忘れていました。
      ご指摘ありがとうございます!
      ガンテツのいい話は多分・・・原作にも無かったと思います。
      以前はガンテツのいない回もあったと思うのですが、今回は毎週でることになっているみたいですね・・・。