「あまんじゃく」ネタバレ感想~高笑う伊藤蘭の二丁拳銃

スポンサーリンク

元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!」

原作はコチラ

「あまんじゃく」藤村いずみ
あらすじはコチラ→公式サイト

浦野美鈴(桜田ひより)依頼は、義父・浦野玲哉(岡田浩暉)を半殺しにし、弟を溺死させた理由を聞き出して欲しいと依頼。
義父・浦野玲哉は妻との子作りのために8歳の義理の息子が邪魔だった。
妻(鈴木杏樹)が息子に手がかかると子作りに従わなかったのに腹が立ったらしい。

産婦人科医・近田好雄(長谷川朝晴)が陣痛促進剤を投与して妊婦を11人も死なせていたケース。
事故は金曜にに起きていた。
週末の接待を優先したかった。
危険な状態になった妊婦を大病院に搬送しなかったのは患者は金づるを他の病院に渡したくなかった。

シアン化カリウムで死亡させた。
その薬を処方していたのは、加信セントラルクリニック・内科医・加茂信介(羽場裕一)

相馬鞠子(渡辺舞)の母の治験薬を勝手に投与したケース
近田好雄(長谷川朝晴)に薬を処方していた内科医・加茂信介(羽場裕一)は、その薬にシアン化カリウムが入っていたのではないかと、マスコミに追われていた。
加茂信介(羽場裕一)をホテルで殺害。
しかしその現場を元恋人・梶睦子(木村多江)に見られてしまう。


梶睦子(木村多江)が殺害のことを黙っている代わりに、野添智弘(窪塚俊介)を殺害して欲しいと依頼してきた。
主治医だった木村多江は窪塚俊介に襲われたと言う。
しかし唐沢寿明は、依頼を断る。
調べてみたが、そこまで悪人だと思わなかったと言う。

その後、窪塚俊介が死んだと橋爪功から連絡が入る。
事故死だと言う。
しかし手術歴のない窪塚俊介の体に手術痕があり、臓器が抜かれていたと言う。

木村多江が殺したのではないか疑う唐沢寿明は、木村多江と対峙。
木村多江は、花井環(伊藤蘭)の施設で、子供が売買されているのではないかと疑う。
調べようとしたとき、自分の息子・優雨が人質に取られた。

背後にはタイガーアイ=国際的な臓器売買組織があった。←いきなりの展開
臓器売買の一方で、身寄りのない子供たちを集めていた。

タイガーアイは伊藤蘭

それに気づいた唐沢寿明と木村多江は、伊藤蘭を追い詰める。
子供は利幅の良い商品。
子供の臓器は高く売れる。
可愛い子供は売春にも使える。

開き直る伊藤蘭。
手術着を着た男たちが乗り込んできた。
「臓器は傷つけないでよ!」
と伊藤蘭が言う。
男たちは手術ポーズをし、唐沢寿明も手術ポーズ!
ファイト!!
いきなりアクション!!
絶対説明のピンチに橋爪功がスタンガンで応戦!

その場から逃れようとしたとき、伊藤蘭が拳銃で橋爪功を撃つ。
伊藤蘭は3人を追う。
気がつけば二丁拳銃で笑う伊藤蘭がいた!!

そこで、とってつけたように明らかになる唐沢寿明が殺し屋に転身した理由を話し出すw
上司御木本正(田村亮)が執刀ミスを第一助手・野田宏正(村田秀亮・とろサーモン)に押しつけ殺害した。
当時婚約者だった木村多江の殺害をちらつかせ、その死亡診断書を唐沢寿明に書くように命じた田村亮。

思わず田村亮のクビを絞める唐沢寿明。
そこへ顧問弁護士の橋爪功が止めに入る。
「確実な方法で殺せ」
とささやかれ、田村亮がとろサーモンを殺した方法と同じやり方で田村亮を殺害。
そこから殺し屋人生が始まった。

伊藤蘭の背後に回りメスを突きつけた唐沢寿明。
あと一歩のところで、伊藤蘭の養子・国武一輝(神尾佑)が拳銃で唐沢寿明を撃つ。
サイレンの音が近づく。
橋爪功が臓器売買の証拠とともに警察に通報したのだ。

警察に捕まる伊藤蘭。
子供たちも見つかる。
しかし隙を見て、ペンダント型爆破ボタンをポチッとな!
唐沢寿明らと子供たちがいた建物が爆破。

手錠をかけられていたはずの伊藤蘭が逃亡。
数日後?
伊藤蘭が飛行場で亡くなる。
多分、唐沢寿明の仕業。
木村多江も息子も無事。
息子は唐沢寿明の息子なのか?みんななんで生きていたの?



なが~~~いコメディだった。
後半は、仮面ライダー要素もあった。←手術着軍団
伊藤蘭がドロンジョ様に見える瞬間もあった!←「やっておしまい!」って言った気がしたw

唐沢寿明がず~~~~っと眉間にしわを寄せて、こわ~~い顔をしていたのが余計に笑いを誘う。
伏線がいっぱいあったように思ったけれど、それどころじゃなかったよねw
「あまんじゃく」が雨が好きな人って意味って・・どうでも良いよねw

そして伊藤蘭の二丁拳銃。
離れたところから、バッチリ橋爪功に命中させる狙撃センス!
手錠をかけられているはずなのに警察からいとも簡単に逃げるって・・。
看板当たった警察官は起き上がれるやろ!職務怠慢か(爆)

ただの日系ブラジル人やないぜ。
本人も人身売買にあったとか言うてたけれども・・・。
伊藤蘭をどうやって仕留めたのか知りたいわ~。
そして拳銃をどこに持っていたのかも。
太ももにガーターベルトとかしてたんやろか!!
伊藤蘭さん、悪役もイケるな!

あ、鈴木杏樹があんなにちょい役だったのは意外。
しかも息子が死んだのに、娘ですらトゥビコン岡田を疑ったのに楽しそうにご飯を食べてたねぇ。。
そして娘は伊藤蘭に狙われ、人身売買されそうになっているってのに、何にも気づいていないようだった。
お花畑なオカンやったなぁ。

何にせよ、楽しかったわ。

医療の巨大な陰謀??
サスペンス?
ギャグドラマだったぜ。
前半と後半でドラマのテイストがここまで違うとは!!

必殺仕事人的な?って思ったけれど、そんなもんじゃないな。
ギャグっぽすぎてさw

ってか、看板が警官に当たったところをみると、それが狙いだったのかなぁ。
「医療ドラマ」とか「サスペンス」とかって前振りだったのかもしれない。

最初から「ネタドラマ」って告知していたら、ここまで面白く見られなかったと思うもん。
真面目な顔でギャグを言うのは鉄則よね。
コレ、連ドラでも良いと思いますw
もったいなかったよ、今回のケースも一人一話で、ラスボス蘭ちゃんでよかったのにw

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

CAST
折壁嵩男……唐沢寿明
梶睦子………木村多江
御木本正……田村亮
加茂信介……羽場裕一
国武一輝……神尾佑
近田好雄……長谷川朝晴
浦野玲哉……岡田浩暉
浦野美鈴……桜田ひより
浦野智佳子…鈴木杏樹
野添智弘……窪塚俊介
沓掛恭治……温水洋一
野田宏正……村田秀亮(とろサーモン)
相馬鞠子……渡辺舞

花井環………伊藤蘭
横倉義實……橋爪功

コメント

  1. なお より:

    必殺仕事人みたいでした(^_^;)
    シリアスと思えば最後は…
    手術軍団笑っ
    蘭ちゃん怪しいと思ってたらやっぱりでしたがどこから拳銃手にいれてたんですかねー
    これ、続編やってほしいです。なんか面白かったです。

    • tarotaro tarotaro より:

      なおさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      仕事人みたいでしたよねぇ。
      殺すときのレントゲン画像とか。
      しかしおもしろドラマでしたよね。
      蘭ちゃんのセリフも面白かったし~w
      木村多江がアクションなんて、このドラマでしか見られないですよね。
      原作者が亡くなっているので、ストックはないのかもしれないですが、連ドラにしてほしいです!

  2. saki より:

    こんにちはー。
    この週、ブッキーと北川さんとこれと3本録画したんですが、
    ブッキーのはベビーカーから血が出てきたとこでアウト、
    北川さんのは、数字に弱くてアウト、
    結局これだけ楽しく見ました。

    最初から蘭ちゃん怪しかったもんねー。
    蘭ちゃんって、キャンディーズのときはカワイイと思ったけど、なんかちょっと老けてたね(当たり前か)
    右京さんいない間だから、犯人役? いやいや意外と直接対決でも面白そう。

    トゥビコン、羽場さん、ジョビジョバ、神尾さん…。と「THE悪役カルテット」が次々成敗されて、スカッとしましたね。

    ヅメさんがもしや敵では? なんて思ったりもしたけど。あと杏樹さんも(こちらも相棒ね)。

    人がゴロゴロ死ぬので、不謹慎と思いつつちょっと笑ってまうとこもあり、私だけかと思ったけど、なるほどショッカー(笑)

    やれやれーとか煽ってた私は、例のドラマでストレスたまってるのか?

    唐沢さんは白衣が似合いますね。
    メスやら管やら握ってるとき、鼻歌歌うかもーなんて思ってましたが(財前先生)。
    あまり好きではないんですが、面白かった。

    そーそー、唐沢さんといえば、坂井真紀ちゃんのドラマのあとが、唐沢さんで。
    相手は清水美沙、ヒモのクズ役で福山君が出たりして、なかなか面白いです。
    いつぞやは坂井真紀ちゃんのドラマを間違えてごめんなさい❗脳内では正しいタイトル書いたつもりが…。なんでだろ。

    そういえば、神尾さんは前も木村多江さんに成敗されてましたねー。

    うんうん、来期からの宣伝用なんですが、スカッとするので連ドラでもやってほしいですね。

    • tarotaro tarotaro より:

      sakiさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      妻夫木&真央のドラマは救いがなかったです。
      ホント、キツかった。
      その前の佐藤浩市さんの「Aではない君」もキツかったので、連続でした、

      蘭さんのスタイルが凄すぎて。
      還暦近いんですよね・・・。
      なんちゅー細さ(爆)
      蘭さんって、キャンディーズの中では一番人気があったと聞きますが、個性的なビジュアルですよね。
      絶妙な配置でできあがっている個性派美人。
      華があったんでしょうか。
      右京さんもそのtypeなので、娘も個性的なんですかねぇ。

      ホント、「THE悪役カルテット」の怯えた顔はとても良かったです。
      が次々成敗されて、スカッとしましたね。
      橋爪さんが裏切り者でなかったのも良かった。
      なんで、杏樹さんはあんなにちょい役だったのか??

      これは多分、テレ東も狙って作ったんだと思われます。
      重厚なドラマだと思っていたんですが、コメディ。
      オペスーツのショッカーはとても新鮮でしたw
      多分。。。笑っていいんですよ(爆)

      唐沢さんの真剣な顔、白衣で、財前教授のような・・・って思いますよね。
      「ホームワーク」やってますよねぇ。
      ワタシも自宅にいるときに見ようかなと思っていたんですが、間に合わず、先週はずっとラストだけ「小京都ミステリー」を見ていましたw
      ラストにしか間に合わないんで「お手柄お手柄」を聴けるか聴けないか・・・。

      スカッとする馬鹿馬鹿しいようで楽しい連ドラ。
      テレ東になら作れるような気がします。
      そんなドラマも見たいですよね。