『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第2話 ネタバレ感想~パワハラ大王ですがなにか?

スポンサーリンク


原作:『サイン』 /キム・ウニ、チャン・ハンジュン

あらすじはコチラ→

空き巣の前科があるタクシー運転手で、埼玉在住の須賀原学(柾木玲弥)を放火現場の近くで聴取したが、物証がないので釈放。
しかし高橋紀理人(高杉真宙)は須賀原をマークしていた。
中園景(飯豊まりえ)が襲われたときにパーカーについた犯人の指紋を調べると、須賀原学(柾木玲弥)のものと一致した。
須賀原は殺された女性・真理さんのストーカーだった。
中園は東京からの帰り、ただで送っていくという須賀原のタクシーに乗った。

解剖医・柚木貴志(大森南朋)は中園に電話をかけ
「お前と今一緒にいる男が犯人だ」
と伝える。
居場所をつきとめようと会話を続ける。
しかし須賀原は自分が犯人だと気疲れたと感づき、中園を襲う。

柚木は犯人の物証を調べさせる。
埼玉・秩父の廃工場に向かう。

廃工場で目覚めた中園は殺害動機を聞く
「真理が好きだったのに。
俺を無視し続けるからだよ。
”死体を捨てるなら東京では無く埼玉にしろ。”
埼玉は東京より解剖率が低い!」

自殺に見せかけて殺す。
埼玉で遺棄。
これに味を占め連続殺人に発展。

「人を殺すのは遊びなの?」
「死ぬのに理由なんていらないんだよ。」
「悪いことをすれば必ず報い受ける。」

縛られていたロープを外し、スパナで反撃する中園。
逃げるものの行き止まり。
でも。そこは2話だもん。
中園、危機一髪!
で柚木がやってきたが、犯人とともに落下。
気を失う二人。
だが。目覚めて・・・多分、犯人は逮捕。

連続殺人事件の被害者の一人を東京で解剖したのに”自殺”と断定した伊達明義(仲村トオル)は、なぜかお偉いさんに褒められていた。
法医学関係の予算を増やすとかなんとか・・・。
気をよくした伊達は柚木を呼び出し、東京に栄転させてやるという。
しかし柚木は埼玉の法医学教室から自分がいなくなれば、機能しない。
だから東京には帰らないと言う。
そして
「俺が遺体から聞くのは事実のみだ。
もし それを邪魔するような事があれば
俺が・・・あんたを叩き潰す。」

と啖呵を切る。


部下の高杉真宙のカンは当たっていたけれど、警察は無能だな・・・。
松雪泰子さんも仕事ができない設定?
オマケに仲村トオルまで「自殺」と誤診。
「あんたを叩き潰す。」って大森南朋が言っていたけれど、こんなに無能なんだもん、大森南朋が叩き潰さなくても自爆しそうだけど?
・・・・だけど・・・ワタシのトオルが無能な悪ってしっくりこないわ~(苦笑)

物証がなかったから、動けなかったにしても、飯豊まりえを助けにいくのは大森南朋より警察のほうが先じゃないとおかしくないか?
もしくは。。。。一緒に行けよ。
何してた?

犯人と一緒に落下した大森南朋。
飯豊まりえちゃん、解剖医とはいえ医者なんだから、叫ぶだけでなく手当しないと・・・。
ああ・・・それに。逃げるとき、せっかくスパナが偶然あったんだからw
あと何発か殴ってやればよかったのに。
ついでに足を踏んづけて骨を折っちゃえば良かったのに。
医者なんだし、急所はわかってるんじゃないの?
あ。。。文字通り急所を一撃してやれば良かったのにw←それじゃ大森南朋のヒーロー感がでない。

ま、初回のあのモヤモヤした終わり方よりはマシでしたけど(苦笑)

飯豊まりえの妹も何者かに襲われ意識不明。
最近のドラマでもこういう設定があったような・・・。
なんだっけ?
そういう傷を持つ人が医者になるって法律があるのか?ってくらい多いよねぇ。

で、肝心の事件ですが。
できれば犯人の動機をもうちょっと聞きたかったなぁ。
アレで終わり?
逮捕シーンなし?
って思ってしまった。

韓流ドラマ原作が多い今シーズン。
このドラマが一番面白いんだろうと思っていたんだけど、初回は一番面白く無かったかも?
大森南朋のパワハラ大王な感じが苦手なのかもしれない。
2話目は初回より面白かったかなぁ。
ま、贔屓の高杉真宙に仲村トオルがいるから見ますけどねw

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

感想はコチラ
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第1話 ネタバレ感想~この事件、最終回まで引っ張るのか?
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第3話 ネタバレ感想~事件よりも”ペチャパイ”発言に驚く
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第4話 ネタバレ感想~盛り上がりに欠ける
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第5話 ネタバレ感想~主人公のせいで二人も死んだ。
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第6話 ネタバレ感想~退職したはずが数分で法医に戻る大森南朋
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第7話 ネタバレ感想~法医学者である必要を感じられない。
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』第8話 ネタバレ感想~最終回前なのに主人公が活躍しない。
『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』最終回(第9話) ネタバレ感想~主人公が幽霊なんだから時間延長するな。
主題歌:東方神起『ミラーズ』

キャスト
柚木貴志・・大森南朋
和泉千聖・・松雪泰子
高橋紀理人・高杉真宙
中園景・・・飯豊まりえ
春日美晴・・佐津川愛美
松沢大輝・・吉田ウーロン太
四方田隼斗・小久保寿人
下山益男・・利重剛
橘祐輔・・・淵上泰史
島崎楓・・・森川葵
佐々岡充・・木下ほうか
兵藤邦昭・・西田敏行(特別出演)
伊達明義・・仲村トオル
ゲスト
須賀原学(柾木玲弥)

コメント

  1. ジョセフィーヌ より:

    なぜ大森南朋だったのかはわかりませんが、
    パワハラ大王的な役回りは、パク・シニャンだったら、アリかな、と。
    韓ドラ見てないとわからないですが、態度物言いがパク・シニャン(笑)
    なんか変に納得してしまった。

    • tarotaro tarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      韓国の俳優さんに似ているんですか。
      ワタシは大森南朋が古田新太に見えてきました(爆)

  2. kashweregreen より:

    夜分にお邪魔致します!
    なんだかんだと今回も視聴しました(笑)
    原作の韓流ドラマを観ていないのでキャラ設定が今一つわからないんですけれど、日本に置き換えてもそもそも架空の法医学機関ですからね。
    仲村さん演じる法医学者がなぜゆえにあそこまでダークな設定(笑)なのかの理由がまったくわからないということと確かに埼玉県警って実際に有能とは言えないので(笑)ストーリー的には安直ですよね。
    肝心の法医学的所見の説明がおざなりですからね。
    大森さんは好きな役者さんですが、昨夏の綾野君バージョンのハゲタカと言い、この韓流リメイクのサインと言いもう少し脚本に力を入れてもらいたいと思います!
    そう言えば元祖ハゲタカは大森さんですね(笑)
    テレ朝ドラマは制作が東映絡みじゃないとあまり予算がないんだと思います!
    駄文、失礼致しました!

    • tarotaro tarotaro より:

      kashweregreenさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよねぇ。
      ファンタジーでしかないと言うか・・・。
      色々無理なことが多すぎます(苦笑)

      仲村トオルはどういうポジションなんですかねぇ。
      最終回前くらいに西田敏行が仲村トオルの指示に従ったことなんかは出てくるんでしょうか。
      韓国原作でも、無理なく日本に置き換えて貰わないと受け入れがたい。

      この枠、お仕事ドラマがやりたいんだと思うんですけど、法医学の分野は昨今人気すぎますね(苦笑)
      「アンナチュラル」が当たったからでしょうか。
      上層部の圧力ってのはテレ朝が大好きなんでしょうが、それより法医学にスポットを当てないと・・・。
      名取裕子さんの「法医学教室の事件ファイル」のほうが、ずっと法医学に徹していると思います。