「シャーロック」 特別編~獅子雄、完全復活!1週間で3年後!

スポンサーリンク

原作はコチラ

アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ

あらすじはコチラ→

フリージャーナリストの門司かれん(木南晴夏)はその昔DVに悩まされていた。
救いは夫の母が味方になってくれたことだった。
一回死ぬことにした。
義母に殺したふりをして貰って夫の前から消えた。
しかし宜保が殺人罪で追われることになった。
警察はあてにならない。
助けてくれたのは獅子雄だった。
だから獅子雄の功績を残したいと言う。

そのかれんは犯人に接見へ。
若宮(岩田剛典)は事件関係者に会いに行く。
一話、一話、死んでいない人に話を聞く。
犯人たちはそろって反省していなかった。
事件関係者は・・・そこまで不幸でもなかった?

ある日、獅子雄(ディーン)の捜査は打ち切られることになった。
獅子雄はあの日、若宮と別れる前にカードを書いていた。
「俺が死んでも誰一人悲しまない。
そういう生き方をしてきた。
どうだ、羨ましいだろ?」

号泣する若宮。

かれんはまだまだ諦めない。
獅子雄を探し続けると言って別れた二人。

3年後、事件が起きた。
白衣を着た若宮が、江藤(佐々木蔵之介)より先に到着し、事件の真相を話す。
ペラペラと若宮は雄ディーンのように。
すると、鑑識だと思われた男がペラペラと若宮の上をいう真相を語り出す。
2022年12月24日、再び獅子雄が現れた!!!


最終回、何だったんだ?

そしてこの総集編・・・特別編はなんだったの?
この特別編は守谷に絞るほうが良かったと思うなぁ。
獅子雄が生きていることなんて、みんな想定内なんだから、続編をやるために生かしておきたいのは見え見えなんだがら、半年後か一年後か知らないけれど、続編の時に「生きてました!ちゃんちゃん!」ではダメだったのか。
それなら時間経過とともに受け入れられたのにw

ほんの1週間と2時間で「生きてましたよ!」って言われても視聴者も困惑やわ。
1週間と2時間が3年間に値するなんて・・もう少し時間をくださいよ。

だけどさ。
これ、おディーン様が最後に見られたから納得できる人もたくさんいるのかもなぁ。
最後まで見た甲斐があったとファンの人なら思うはずw
今時、こんな役が似合う人もいないもんねぇ。

だとしても・・・最終回のラストをこんなに簡単に覆してもいいのかい(苦笑)
とんだ茶番じゃねーか(爆)
それが狙いなのか?

ま、ここまでやってくれたら笑うしかないよね。
鑑識がおディーンだとわかったとき、思わず笑ってしまったよ。
「これでまた課長になれる!」と喜ぶ江藤を見たら、もうしょうがねーなって思ってしまったよ。

いつか・・・空白の3年間もドラマにするんでしょうかねぇ。
で、見てしまうんやろなw
フジテレビの思うつぼやな。

一番可哀想なのは木南晴夏記者。
DVから救ってくれた・・・ってのはホントか嘘かしらねーけどさ。
ちゃんと獅子雄が生きていたことを教えてあげなさいよ。

ところでちょこちょこおディーン様、結構出てなかった?
盗塁した人とか、おディーン様でないのかしら???

守谷の真相を期待していたんだけどなぁ。
ニュー守谷がいるんじゃないかと思ったんだけどなぁ。
ま、これは3年後?それとも来年あたりに続編があるのかな?

「ラジエーションハウス」から始まった「特別編」。
続く「監察医 朝顔」も総集編。

そんなラジエーションパターンかと思いきや、今回は、最後の最後に最終回覆しパターン
特別編で、この後の続編の有無がわかるのかもね。




にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌: DEAN FUJIOKA『Shelly』

感想はコチラ
「シャーロック」第1話 ネタバレ感想~バイオリンはシンキングタイム!ディーン様の正しい使い方
「シャーロック」第2話 ネタバレ感想~替え玉事件・・・解決でええの?
「シャーロック」第3話 ネタバレ感想~モリアーティ・・モリアーティ・・守谷!!!
「シャーロック」第4話 ネタバレ感想~嫉妬殺人。教師が生徒に手を出したら・・淫行では?
「シャーロック」第5話 ネタバレ感想~だけど永井大が悪いと思うの。
「シャーロック」第6話 ネタバレ感想~女子高生のほうがうわ手!
「シャーロック」 第7話 ネタバレ感想~ディーン様の投げキッスで悩殺!
「シャーロック」第8話 ネタバレ感想~テーラーの清水さんが守谷とか?
「シャーロック」 第9話 ネタバレ感想~新井は新井でも副シェフな。
「シャーロック」最終回(第11話) ネタバレ感想~守谷ですって誰やねん。大西信満さんです。って誰やねん。

CAST
誉獅子雄・・・ディーン・フジオカ
若宮潤一・・・岩田剛典
小暮クミコ・・山田真歩
レオ・・・・・ゆうたろう

江藤礼二・・・佐々木蔵之介
ほか

コメント