『セミオトコ』最終話(第8話)ネタバレ感想~6年後のハッピーエンド

スポンサーリンク

【7日間、一緒にいてもいいですか?】

あらすじはコチラ→

最後の一日は普通に過ごす。
しかしうつせみ荘に帰る前にセミオは消えた。
手慣れたキスをしてセミオが消えた。

6年後の世界。
今も生きているおかゆさん。
一人だけど、恋はしていないけれど幸せ。
告白されたり断ったりしたけれど幸せ。

岩本春(山崎静代)&マサ(やついいちろう)夫妻には赤ちゃんが出来て幸せ。
春は絵本を出版。
絵本のセミ王子とおかゆさんはハッピーエンド。
セミ王子は人間になれた。
それで号泣。
しかし春さんはまた描けなくなった。
でも幸せ。

美奈子(今井美桜)は売れっ子デザイナー!
そんな美奈子があの時作っていた白い服は、おかゆさんが好きな人、おかゆさんをすきな人の白い洋服をつなげて作った白いワンピース。
なんとおかゆ一家のものもあった。

小川さん(北村有起哉)はまだ生きていた。
小川さん・・ちょっとふっくらしていて幸せ。←口に綿を含んでいた?

くぎこ(檀ふみ)&ねじこ(阿川佐和子)は、妖怪から妖精になる途中の妖怪だけど幸せ。

おかゆちゃんは実家に帰省して・・・幸せ。

そんな日々。そんな6年後・・・。
6年前のお願い事。
おかゆさんはずっとセミオを一緒にいたいと願った。
セミオは生まれ変わってまたおかゆさんと会いたいと願った。
そんな6年後。

セミオ、復活!!!
なんて素晴らしい世界なんだ!!


まさかのハッピーエンド!!
6年後のハッピーエンド。

最後の日を迎える夜。
イチャイチャ、イチャイチャ。
山田ファンが怖いぜって思っていたけれど、ちょっと長いかも?なんて思っていたけれど、最後は納得。
岡田惠和さん、素晴らしいです。

誰一人として悪人がいない。
おかゆさんの目から見ても、誰の目から見ても。
ラストに向かって、6年後おかゆさんが幸せに暮らしていた。
新しい恋をしていなかった・・・残念って思っていたんだけど、セミオが生まれ変わるなんてさ。
こんな素晴らしいファンタジーある?
おかゆさん恋していなくて良かったよw

一応ツッコミ星人なのでツッコミをすればさ・・・。
生まれ変わったセミオともまた7日しか一緒にいられないの?
それだと残酷だ~。
6年おきに7日のために生きていたら・・・しんどいし辛い。
女の6年は長い。
子供・・・ができると良いけれど、交尾・・しそうになかったなぁ。

いや、それより今度は人間になれますようにだなぁ。
小川さんは美奈子ちゃんに恋したのかなぁ~。
いや・・・どうかなw

うつせみ荘のキャラも、登場人物も愛情たっぷり。
おかゆの家族は毒家族なのかと思いきや、憎めない人たちで。
最後にウルッとさせる岡田さん。
さすがだなと思いました。

岡田ワールド堪能。

そして山田涼介さん、彼は美しいね。
女の子がキュンキュンするポイントを知っている。
まさに王子。
木南晴夏さんは現場で山田キュン、家に帰れば玉木宏!
そりゃ・・・素晴らしい世界だ!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌

Hey! Say! JUMP『ファンファーレ!』

感想はコチラ
『セミオトコ』第1話 ネタバレ感想~山田君はファンタジーでこそ生きる!
『セミオトコ』第2話 ネタバレ感想~天使がいる幸せ!家には玉木宏がいる幸せ!!
『セミオトコ』第3話 ネタバレ感想~恋するセミオに生命力を感じる。
『セミオトコ』第4話 ネタバレ感想~あと4日しかない。セミオの不安。
『セミオトコ』第5話 ネタバレ感想~凪のお暇とシンクロ
『セミオトコ』第6話 ネタバレ感想~北村有起哉さんがバルタン星人に。
キャスト
セミオトコ(セミオ)・・・山田涼介
大川由香・・・木南晴夏
熊田美奈子・・今田美桜
岩本春・・・・山崎静代
岩本マサ・・・やついいちろう
小川邦夫・・・北村有起哉
庄野ねじこ・・阿川佐和子
庄野くぎこ・・檀ふみ
大川健太・・・三宅健
大川ヒロシ・・高杉亘
大川サチコ・・田中美奈子
桜木翔子・・・佐藤仁美
木下ひな・・・皆本麻帆
柴田基子・・・山野海
木村さん・・・ワタナベケイスケ
相田新平・・・池田良
相田直美・・・椿原愛
東郷信八・・・川島潤哉

コメント

  1. moon より:

    こんばんは。

    岡田さん脚本のファンで、
    「泣くな、はらちゃん」が大好きだった私としては、楽しみにしていたドラマでした。

    「はらちゃん」ほどではなかったけれど、心温まるファンタジーでしたね。

    本当、岡田さんの脚本には
    悪い人が登場しないんですよね。
    みんな優しくて、素敵な人ばかりで。
    「現実味がない」と感じる人もいるかもしれませんが、私は岡田さんの描く世界観が好きなので、今回も存分に堪能させていただきました。

    最終回、良かったですね。
    二人のデートシーンも、
    「うつせみ荘」の人たちの思い遣りも。
    みんなで食事する場面。
    春ちゃんの絵本。
    美奈子ちゃんのワンピース。
    どれもこれも愛に溢れていて、
    幸せに包まれるような感じでした。
    春ちゃんの絵本は私も読みたい(笑)

    正直、セミオとのお別れは切なく美しく、6年後がなくても良かったのかな…とも思いましたが、うつせみ荘のみんなが幸せに暮らしている姿が見られ、嬉しかったので、これでいいのかも(笑)
    小川さんの「ハッピーエンドかよ!」も良かったし、セミオが現れた時のみんなの喜びようも良かったし、ラストの多幸感も素晴らしかったので、満足です。
    木南ちゃんはいい女優さんだと思ったし、メンバーもみんな良かったですね。

    ひとつ言うとすれば、私もtarotaroさんと同じところが気になりました(笑)
    セミオ…7日間経ったら、
    また消えてしまうのでは…?
    人間に生まれ変わることができたとは
    思えないし…。
    先のことを考えると、
    不安が募るのですが(汗)

    でも、これまで見続けてきて、
    良かったなと思える最終回でした。

    • tarotaro tarotaro より:

      moonさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      ジャニーズ俳優の正しい使い方という気がしました。
      なんせ美しいですから相手役も絶妙に嫉妬しないようなキャラクター。

      最終回の着地も良かったと思います。
      ワタシとしては7話でも良かったかも?なんて思ったんですが、いろんなセミオが見られてファンの人もたまらなかったのでは?

      ワタシは小川さんですかね・・・。
      北村有起哉さんは、どんなドラマでも凄い働きをするなぁと思って・・・。
      今回の役も、良いスパイスになっていました。

      おかゆさんが6年後の為に生きるなんてのは不健康だと思うんですよね。
      だから遺伝子を!なんて思うけれど、それはそれでしんどいし・・・。
      セミオが人間になったら戸籍は?なんてややこしいことも考えてしまうので、ファンタジーはファンタジーとしてあまり先を考えないほうが良いですねw