「正義の天秤」 最終回 ネタバレ 感想~冤罪は放置!ワクワクしなかったよ

スポンサーリンク

あらすじはコチラ

原作はコチラ

正義の天秤/大門剛明

少女監禁誘拐殺人事件の犯人・南野一翔(千葉雄大)は過去に2回、万引きで補導されたと言う。
そして南野の改名前の名前は「キムラヒデユキ」
安倍川事件の犯人だった。
接見する鷹野(亀梨)と芽衣(奈緒)。
芽衣は驚く。
南野は四方田さんを知らないと言う。
鷹野は知らなくて当然だと話す。
南野の標的は四方太夫妻の小学生の娘だった。
イタズラしようとし彼女の部屋に入る。
しかし抵抗され殺害
それを目撃した両親も殺して締まった。
「面白い推理ですね」
「証拠があります。
ただしそれはあなたが作り出した嘘の証拠だ」
南野の偽装工作は、四方田さんの血をつけた100円玉を道路に落とした
それを拾った人が犯人だと疑われる。
運が強かった南野。
拾ったのは四方田さんと金銭トラブルがあった又吉さんだった。



南野は全て認めた。
そして先端の内薬指を見せる。
「あの子に噛まれてキズを負ったから仕方なく切り落とした
噛まれたキズが父親にバレたら酷い目似合う」
と話す。
「なぜ雨宮弁護士まで殺そうとした??」
南野は全て知っていると言う。
雨宮が賢い弁護士だと。
だからその恋人である鷹野も優秀だと思って弁護を頼んだ。
「みんなよってたかって僕をいじめるから
親もクラスメートも
しかたなかったんだ。
僕を守って下さい
僕は死ぬのが怖い
だから僕を守って下さい。」

一ノ瀬眞人(萩原聖人)検事は、鷹野と結託して南野を死刑に追い込みたかった。
彼も南野が安倍川一家殺人事件の真犯人だとわかっていたのだ。



公判。
今回の被害者少女の母親が死刑にしてほしいと証言台に立つ。
死刑にできないなら釈放して自分が殺してやりたいとも。
何度生まれ変わっても南野に復讐してやりたいと。
鷹野にも訴える。
鷹野は南野を許すことはできないと発言。
「愛する人を殺した人間を許すことはできない
絶対に許さない
八つ裂きにしても飽き足らない」
鷹野の胸に弁護士バッジはなかった。
雨宮の資料のメモに
”彼は私より良い弁護士になれる。
どんな患者さんだって代示威するから
そんな凶悪犯だってブレずに弁護するはず。
鷹野君ならできる。”
とあった。
雨宮が元気な頃、キャッチボール中にそんなことを言われたことも思い出した。

ポケットから弁護士バッジを出し、襟につけ真っ直ぐ見る、
「被告人は死刑になるべきです。
本心からそう思う。
しかしそれはあくまで今の私個人の者です。
弁護人としての考えは違う、
変われる可能性があるのなら
私は、それにかけてみたい」
裁判官と裁判員の前にたつ鷹野
「私はワタシはこれから一生かけて被告人の心を治療していきたい。
私に命あるいは・・・彼の命が尽きるまで
どうか寛大な処分をお願いします。」
南野は号泣。
そして無期懲役となった。
その後、鷹野は弁護士事務所を退職。



ワクワクしなかったな!!
芽衣ちゃんはワクワクしたらしいけど。
全くワクワクしなかったな!!
冤罪のほうはどうなった?
ええ?
「ワクワクしましたよ!」
って弁護士何人もいるのに冤罪はノータッチ!?
こりゃ、ダメでしょう。
雨宮さんだって冤罪を暴く為に動いていたわけでしょ?
しかも南野は雨宮弁護士を襲って遷延性意識障害になったわけでしょ?
殺人未遂よね?
13歳の少女を殺害し、弁護士を殺害未遂。
そして四方田さん一家も殺害。
こんなヤツが更生できるわけない。
こんなヤツの心を治療できる医者がいるわけがない。
最後、感動した人いんのか?
中途半端なとこで終わったなぁ。
何のケリも着かず・・・。
最後の最後に医師で弁護士が役立つのかと思ったけれど・・・。



結局、検察も警察もメンツは潰れなかったわけ?
冤罪で死刑になった又吉さんにもご家族がいると言うのに。
クサいものに蓋しただけで、終わってしまった。
亀梨君のお芝居の演出もむなしくただただ綺麗ごととして終わってしまいました。
NHKのドラマではあまりないんだけど・・・ま・・・時間泥棒と言っても良いんじゃないかな。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。
感想はコチラ
「正義の天秤」 第1話 ネタバレ 感想~オラ、ワクワクすっぞ!
「正義の天秤」 第2話 ネタバレ 感想~兄は妹を庇うよね~。
「正義の天秤」 第3話 ネタバレ 感想~死刑求刑の自信

「正義の天秤」 第4話 ネタバレ 感想~真犯人は誰?

キャスト
鷹野和也(亀梨和也)
佐伯芽衣(奈緒)
杉村徹平(北山宏光)
桐生実雪(大政絢)
梅津清十郎(佐戸井けん太)
西園寺清隆(竹中直人)
佐伯真樹夫(中村雅俊)
冨野静子(山口智子)
雨宮久美子(大島優子)
一ノ瀬眞人(萩原聖人)

コメント

  1. しまお より:

    おっしゃる通り!いままで何回も冤罪を暴いて関係者を自殺させているくせにこの終わり方は駄目でしょう。最後も同じパターンで終わって欲しかったのにがっかりです。杉下右京ならば事実を白日の下に晒したでしょう。相棒が続いているのはそれで視聴者がすっきりするから。

    • tarotarotarotaro より:

      しまおさん、コメントありがとうございます。

      そうですね。
      自殺者も出してましたね。
      冤罪放置はモヤモヤしかないです。
      しかし・・・相棒とこのドラマは比べても仕方ないと思います。