「正義のセ」第10話(最終回)ネタバレ 感想~検事の泣き落としで自白する犯人

スポンサーリンク

原作はコチラ




「正義のセ」シリーズ 阿川佐和子

あらすじはコチラ→

秀成(落合モトキ)は嫌がる女性をしつこくナンパをしていた。
女性を助けるために間に入った被害者に腹を立てて一発殴ってやろうと思った。
パンチを交わされたことに腹を立て、料理人の被害者が持っていた包丁で刺し殺した。

秀成顔の傷は宅麻伸が殴ったものだった。
その傷を証拠に「正当防衛」を主張しろと言われていた。
目撃者は衆議院議員・中条良成(宅麻伸)に頼まれて嘘の証言をしたと認めた。

開き直る宅麻伸だが、被害者の不憫な現状を伝えたら、コロッと・・・?
「息子をお願いします。」
って頭を下げた。
んで、議員も辞職。←当たり前~、



たいした証拠もないのに、犯人が自白しちゃったなぁ。
最後まで、泣き落としだったよ・・・。
「被害者の最期を教えてください。」
と言ったら、素直に話し出して、しまには自白。
タクシーの防犯カメラで犯人の顔に傷がないことが確認できたら、自白の証拠にもなるのかな?

自白があれば公判は維持できるんでしょうが、裁判で無罪を主張しだしたらどうすんだろ?
きちんと裏付けできてんのかしら?
刑事たちが割と無能だから(苦笑)



昨日の「シグナル」、今日の「特捜9」に引き続き、政治家が犯罪を隠蔽しようとしましたな。
なんでここまでそろいもそろって、政治家が悪者の最終回・・・さすがに飽きた。
「息子は正当防衛です!
親子の絆が大事です!」

って言っていた宅麻伸議員だけど、正当防衛でも相手を殺してんのにニコニコしてんのがどうかと思うわ・・・。

亡くなった被害者が最期の最期に彼女の名前を呼んだ。
これだけで前を向いて歩いて行ける彼女・・・。
ホントに?
えらいあっさりしてんな。

最終回まで大して面白くなかったなぁ。
吉高由里子と安田顕のコンビは悪くなかった。
脇も豪華過ぎるくらい豪華だった。
なのになぜこんなにも面白くないものができあがったのか?
脚本かなぁ・・・?それとも原作・・・?
原作も別に読みたいと思わなかったので未読。
終わり方としてはSPドラマも続編もできるけれど・・・ねぇ。

見逃したドラマも見放題!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「正義のセ」第1話 ネタバレ 感想~目新しさはナシ
「正義のセ」第2話 ベタバレ 感想~母親にSNSを見られるという恐怖
「正義のセ」第3話 ネタバレ 感想~お仕事ドラマのヒロインは結婚できない
「正義のセ」第4話 ネタバレ 感想~想定内のことばかり
「正義のセ」第5話 ネタバレ 感想~酔っ払ってキスしたらセクハラ。
「正義のセ」第6話 ネタバレ 感想~バカでもできる詐欺
「正義のセ」第7話 感想~ハッピーエンドではないな。
「正義のセ」第8話 ネタバレ 感想~都合の良いSNS
「正義のセ」第9話 ネタバレ 感想~東幹久は相変わらず黒い。
主題歌はコチラ
「失敗学」福山雅治

キャスト
竹村凜々子++吉高由里子
相原勉++++++安田顕
大塚仁志++++三浦翔平
竹村温子++++広瀬アリス
木村秀樹++++平埜生成
榎戸修++++++夙川アトム
中牟田優希++大野拓朗
徳永太一++++塚地武雅
梅宮譲++++++寺脇康文
竹村芳子++++宮崎美子
竹村浩市++++生瀬勝久

ゲスト
宅麻伸 落合モトキ 岡本玲 佐藤祐基 渡部秀 小松彩夏

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加