『スカーレット』 第143回 感想~圭介、チャウチャウのあき子と別れていた!!

スポンサーリンク

第143回(第24週)「小さな希望を集めて」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

喜美子は、智也の母に皿をプレゼントしようと病院を訪れる。
チューリップの絵付け皿は喜ばれたが、智也が急変。
そのまま帰らぬ人となった。

自宅に帰った喜美子は、八郎に智也の死を告げる。
武志を連れて病院に行き。そのままご飯を食べてくるかも・・・と話していると。荒木荘のさだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)が訪ねてくる。

さだは京都の服飾専門学校の顧問となり、今は癌患者ようの下着のデザインをしている。
圭介は和歌山の病院の小児科部長となっていた。
ちや子から連絡を貰った二人は、信楽までやってきたのだ。
圭介の病棟にも同じ病気の子がいる。
ドナー探しはなかなか難しい。
慰めにもならないかもしれないが、医学は進歩していると圭介が言う。
不治の病が不治の病でなくなるときがくる。

二人が帰り、喜美子は武志に智也が亡くなったことを告げた。
今なら病院で会えると言うと武志は
「上手くいったら見せたるって言うたんや。
智也のお母ちゃんに見せる。」
と笑い作品を作る。
切ない顔で見ている八郎を武志と喜美子がからかう。
それが5月の出来事だった。
武志は週3日4時間バイトをしながら作品作りをしていた。
思い通りの波紋が描けず武志の試行錯誤が続く。
そうして夏が過ぎ、週2日、4時間となり、今では週1回4時間だけバイトに出ている。
芽ぐみと学の披露宴に招待される武志。
喜美子は穴窯の準備をしていた。


圭介!すぐにあのチャウチャウのアキコ(佐津川愛美)と別れとったんかい!!!
ちや子さんが病院に乗り込んで
「おはぎ食べへんかったらしいな!」
って言うとこ見たかった(爆)
目に浮かぶわ!!
圭介、今もさださんやちや子さんに頭が上がらなさそう。
荒木荘ってホンマスゴいな。
さださんもちや子さんも圭介もエリートやな(爆)
アイツは一発屋かな?何しとんねんw
小さい武志を連れて大阪に行った時、圭介はともかく、さださんが出てこなかったのが引っかかっていたので、お元気で良かった!!

圭介は・・・・アキコとはすぐに別れると思ってたわ~。
い・が・く・せ・い
魔法の言葉で嫁を貰ったか?
アキコのわがままぶりに辟易して、違うタイプの女性と結婚したか?
出世して良かったな(爆)
てっきり圭介が武志の主治医になると思っていたよ。
でも大崎医師で良かったと思う。
圭介が主治医ってのはちょっと近すぎるから・・・。

とうとう智也君が亡くなりました。
白血病でなくても、余命宣告された主人公や主人公に近い人物が、同じ病気の年下の患者と出会い仲良くなり、しかし自分より早くに亡くなる。
そういうのはテンプレかなと思う。
次は自分の番や・・・って思ってしまうような。
智也君は武志より先に発症していたし、最近の様子を見て、すぐに亡くなるんやろうなと思っていた。
武志は一人部屋で泣くのかもしれないし、無力感に襲われるのかもしれない。
でも親の前ではそういう姿を見せたくない。
荒木荘にいたころの喜美子に、信楽発の女絵付け師だったころの喜美子に通ずるものを感じる。
武志がどんどん痩せてるけれど、笑顔が多いことに救われる。
慶乃川さんのタヌキが見守ってるぞ。
武志も喜美子も頑張れ。


    
    


「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
石井真奈・・・・松田るか
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
大崎茂義・・・・稲垣吾郎
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー