『スカーレット』 第147回 感想~ザ・川原武志のコーナー&ドライブ・スルー

スポンサーリンク

 第147回(最終週)「炎は消えない」」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

「みんなの陶芸展」に出品をすることに決めた武志。
武志は「川原武志のコーナー」を作って貰うことにした。
そのため役所の人が武志の作品を見にくることになった。
武志の大皿は高評価。
喜美子担当の住田さんも武志の大皿は高く売れそうだと笑う。
喜美子より八郎に影響を受けているんやなぁと感心していた。
照子が野菜を持って来ても、武志の作品は「みんなの陶芸展」見せることにした喜美子。

数日後、直子が武志と真奈をドライブに連れていった。
帰宅した二人。
クタクタな直子だが、気を利かせて、喜美子を「アカマツ」につれて行く。
二人きりになった武志と真奈。
武志はおもむろに真奈の似顔絵を描き出す。
「会えるうちに描いとかんとな。
けっこう上手いんよ。」
「うちな、お母さんに言うたんよ。
好きな人おるって。
普通やないから言うたんよ。
特別や。
特別な人や。」
「アホか」
「アホちゃうわ。
そんな顔すなって。
ふざけるな。」
完成した似顔絵を見て、涙ぐむ武志。
似顔絵を真奈に渡す。
「ええの?
ありがとう。」
絵を見て微笑む真奈。
真奈を見る武志。

一方、アカマツで飲む喜美子と直子
「もっとひっついて座ったら良いのに
もうじれったくなった。
言うったった
もっとひっつけって。」
それでも
「ベタベタイチャイチャしてるのん見るより、離れてる二人を見てるほうが、ほんまに好きなんやな。
武志は真奈ちゃんのことを大事に大事に思てんねんな。と思た。」
と直子。
微笑む喜美子。


二人きりでデートすれば良いのに!
って思うけど、おせっかいおばさんの直子がいなければ、こんなことできんかったもんな。
さすがい、直子が運転する後ろで二人はイチャイチャできひんやろw
言われたら言われるだけ離れるやろw
ま、それもこれもおもろいおばちゃん直子のキャラがなせる技やな。
琵琶湖一周と言っていたけれど、琵琶湖にたどりつかず(爆)
信楽から琵琶湖一周って、地図を読めても読めなくても、日帰りでは無理な気がする~(苦笑)
滋賀って意外に大きい・・・多分。思てるより。

さて・・・。
直子は何の仕事をしてるんやろ。
彼氏の不動産の仕事を手伝ってるんやろか。
鮫島としていた商売はどうなってるんやろ?
結局、直子はどんな仕事をして、何をしていたのかわからんかったなぁ。
それでも初代直子の可愛さはかわらず。
初代は憎たらしいけれど可愛かったなぁ~w

百合子は安泰やし、喫茶「サニー」でじっくり一週間、見ることができたけれど、直子の大阪の一週間・・・一週間はやり過ぎやなw
ちょっとのぞき見したかった。

武志は「みんなの陶芸展」までは頑張って、頑張って作陶して欲しい。
そのために味がしない食事も頑張って食べる。
お母ちゃんの味やから。
食べなれたお母ちゃんの味を思い出しながら食べる武志。
嬉しいな、喜美子!
喜美子が作る作品も楽しみやなぁ。

そして今日の自信作。
顔が濃い常治のキャラ弁。
このコーナーも楽しませて貰ったなぁ。
こちらが終わるのも残念だなぁ。

コメント欄閉じています。

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
石井真奈・・・・松田るか
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
大崎茂義・・・・稲垣吾郎
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー