『スカーレット』 第130回 感想~臭いぞ、信作。

スポンサーリンク

第130回(第22週)「いとおしい時間」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

武志の体調が芳しくなく喜美子は気遣う。
不安が晴れない喜美子は八郎に相談するが、八郎も体調不良の話は聞いていないと言う。
信作&百合子一家と八郎と食事をするつもりだったが、武志は来ない。

陶芸教室がスタート。
楽しいひとときを過ごす喜美子。
母屋に戻ると武志が寝ていた。
武志はひそかに病院で検査を受けていた。
血液検査の結果、専門の先生を紹介されたと聞き驚く喜美子。


百合子は娘にたくさん習い事をさせたいのね。
桜&桃ちゃんは、ワタシと同じくらいの年齢か。
ワタシもお習字、算盤、エレクトーン、学習塾を習っていた。
どれも嫌いやったわ(爆)
よく休んでた、勝手に。
でもお習字と算盤はもっと真剣にやっていれば良かったなぁ。
と後悔は先にたたんのよね。
結局、20代になってからペン習字を習うことにした。
お習字も始めた。
えらいもんで自分で月謝払ったら、休まへんwやりたくてやっていることは休まへんねんな。
あ、学習塾は必要に迫られて。
これは休むことは無かった。
時間的にずる休みをしたらバレる時間だったから(爆)

百合子は自分が出来なかったことを娘たちにさせたい。
娘はやりたくない。
「何が大切か、わかるな。」と喜美子は百合子に伝える。
百合子は娘の気持ちは大事で無理強いしないと言う。
喜美子にとっては百合子は小さい可愛い妹やけど、お姉ちゃんにあんなふうに言われるのは嫌やろうな・・・w
「お父さん臭い!」
って、なるにはまだ早いと思うw
信作に臭いイメージはないのにねぇ。
常治は臭そうやったけどさ(爆)

喜美子が姪っ子二人い”ちゃん”をつけるのにちょっと違和感。
小さいときから知っている姪っ子なら・・・喜美子は呼び捨てしそうやけどねw

で・・・武志。
白血球の数・・・。
いよいよです。
当時、本人に告知したんだろうか。
癌の告知ってあまり本人にしなかった時代もあるよねぇ。
今なら考えられないけれど。
武志に隠しておけることではないが。
実際の結末はわかっているが、辛い朝が続きそうだ。

でも・・・陶芸教室は楽しそう。
子供チームの教室も見て、和みたい。
でないと辛すぎるな。

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
石井真奈・・・・松田るか
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
大崎茂義・・・・稲垣吾郎
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント