『スカーレット』 第118回 感想~素朴な疑問「なんで離婚したん?」

スポンサーリンク

第118回(第20週)「もういちど家族に」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

アンリからパリ旅行に誘われた喜美子は少し悩んでいた。

そこに八郎が武志に会いに来た。
居合わせた美術商の住田(田中美央)は一瞬、八郎とモトサヤに戻るのかと興奮するが、オープニングを挟んだら誤解は解けたらしく、「パリに行くのはええことや」と勧められる。

八郎は新人賞を取った作品を持ってきた。
作業をしている喜美子と手持ち無沙汰の八郎。
八郎は飲み物を買いに外に出た。
武志が帰ってきて、合流したが・・・残された時間はあとわずか。
母屋で夕食を作っている喜美子。

工房では父子の会話。
お父ちゃんに聞きたいことがたくさんあると武志。
「掛井先生にええ子でおったらええ作品はできひん言われた。」
なんで陶芸を辞めたのか。
なんで京都に行ったのか。
なんでお母ちゃんと別れたのか。
ズバズバ質問する武志に、今日はもうどこへもいかへんと八郎。
ここにおると八郎に言われた武志は
「泣きそうや
大人やのに。
あかんわ。」
「ええやん、泣いても誰が見る?」
「なんでお父ちゃん笑うん。」


武志、ええ子すぎるんよねぇ。
ええ子やわ。
こんな息子が欲しいわ。
でも先に逝かれるんは辛いよ。←あ、ネタバレw

最後の最後に視聴者も気になっていることを矢継ぎ早に質問した武志GJ!!
答えは明日?
でるのかでないのかわからんけど、武志にしたらずっと仲の良い夫婦だと思っていた二人が離婚することになったのが不思議だと思いながら・・・聞いてはいけないと思ってここまで生きてきたんでしょうな。
普通にご飯を食べたなら、言えによんでもええやろ!ってことで八郎を呼び出したのか。
次世代展、賞は貰えなくても武志は出展したらエエのにな。

来週はやはりスピンオフ。
今までも、喜美子と八郎の二人だけの回など、わりと冒険しているこの作品。
時間をあけて、BSでスピンオフを見るより、レギュラーの時にやってくれるほうがわかりやすいし新鮮かなと思う。
ただ一つ。
喜美子とアンリはパリに行くのか。
パリロケ・・・なんて無理なんだろうけど、二人の珍道中も見たいような気がする。

最近ちょくちょく登場する美術商の住田さん、ええ感じの関西弁やし、ええ感じの間のおっちゃんやなぁって思っていたんですけど。
風貌は小野武彦さんみたい。
ウィキを見てびっくりだったのは年齢がかわらんこと。
めっちゃおっさんに見えてたのに(爆)

しかもあの!あの!!「将軍刑事」 にご出演されていた。。
近藤大介(オールジャパン物流 三鷹倉庫 管理担当)・・・覚えて無いわ。
田中美央さん・・・女性みたいなお名前。

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
小池アンリ・・・烏丸せつこ
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント