『スカーレット』 第112回 感想~”ミス・琵琶湖”登場

スポンサーリンク

第112回(第19週)「春は出会いの季節」

「スカーレット」感想はコチラ→

DVDはコチラ

あらすじはコチラ→

武志が一人暮らしを始めて、喜美子はまた一人で食事。
そこに見知らぬ女性・アンリ(烏丸せつこ)がやってくる
勝手に穴窯をのぞくアンリを不審に思い、身構える喜美子。
喜美子が工房に案内すると、穴窯で初めて成功したときの作品を売って欲しいと言う。
喜美子は「非売品」と言うが、アンリは譲らない。
売るつもりがない喜美子は100万だとふっかけた。

喜美子の家にちや子がやってきた。
市会議員に当選したちや子。
ちらし寿司でお祝い。
「女性の投票率が上がった!」
それだけで選挙にでたかいがあったと言う。

その夜、喜美子はちや子に
「ちや子さんは変りませんね。」
と語りかける。
喜美子は一足12円の内職をしていたが、今では作品が5万、10万、30万で売れる・・・。
「嬉しないの?」
「嬉しいんです。
ほやけど時々・・・」

荒木荘にいたときのことを考える。
「あの時に戻ったらどうする?」
大久保さんから仕事を貰って、朝4時から働いて、内職して。
「戻れます!」

「喜美ちゃんは代わってないよ。
変らへん。
大丈夫、
喜美ちゃんは喜美ちゃんや。」

二人は流行りのパックをして朝起きたら・・・顔が真っ赤っか!
お互い”女性”しか異議員、”女性”陶芸家として頑張ろうと決意する。
「女性は余計や!」
と笑い合う。

後日、アンリが100万円を持参してやってきた!


ちや子さんが市会議員。
ちや子さんなら『美しすぎる市会議員』なんて言われちゃうんでしょ?←美しすぎる○○って報道嫌いやわ。←現実に言うたらひがみやって思われるから言わへんけど。
水野美紀さん、「奪い愛」との振り幅がスゴい。
この役、水野さんで良かったわ~。よりちや子さんが素敵に見える。

喜美子は孤独を感じたり、一人暮らしになってからやたら一人でご飯を食べてるけど・・・w
幸せだよなぁ。
好きな陶芸をやって、妹も近くにいるし、友達も近くにいるし、ちや子さんみたいな先輩とも会える。
たくさん仲間がいるのも幸せなのかもしれないが、一人で作業をする仕事って憧れる。

で、金持ち未亡人・アンリさん。
「ミス・琵琶湖」ってほんまけ?
ミス・琵琶湖ねぇ。
喜美子の大ファンみたいだけど、個展には行っていなかったのか?
喜美子の顔を知らないと言うのはなんでかね?
喜美子の作品はどこで見たのか。
どこに住んでいるのか。
遺産ががっぽがっぽなのか。
イロイロ謎。

時代はバブル崩壊に進む・・・のでは?
平成あたりまで進行するんだろうか?
アンリさん、なんかやらかしてくれそうだけど・・・どうでしょう?


    
    
    


「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原武志・・・・伊藤健太郎
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
鮫島直子・・・・桜庭ななみ
大野百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
掛井武蔵丸・・・尾上寛之
小池アンリ・・・烏丸せつこ
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント