『スカーレット』 第104回 感想~喜美子は女。禁句を言う八郎

スポンサーリンク

第104回(第18週)「炎を信じて」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

マツの依頼で草間がやってきた。
喜美子は草間に穴窯の説明をしようとすると、居合わせた八郎は帰って行く。
翌朝、神戸に帰る草間から慶乃川さん(村上ショージ)のたぬきを”敬意を表して”渡された喜美子。
そして初めて慶乃川さんに会った時、土を掘っていたことを思い出した草間。
それをヒントに慶乃川さんが掘っていた場所に行き、土を持ち帰る喜美子。

信作と百合子はやっと結婚写真を撮った。
写真には八郎の姿もあった。
みんなで写真を見ていると・・・ここでもそそくさと帰る八郎。
八郎を追いかけた信作。
「頑張ってお父ちゃんやってんねんな。」
「お父ちゃんは頑張ってやるもんやない。
頑張らな続かなあかんような関係になったらあかんで。」
「穴窯の手伝いを頼まれている。
次は長い、2週間かかる。」
八郎は驚く。

穴窯の手伝いのため直子と鮫島もやってきた。
そこに八郎がやってきた。
2週間の窯焚きに反対をする八郎。
「そんなに長い間焚き続けたら窯が壊れる。」
火事になり、母屋も燃えるのではないかと心配する八郎。
しかしやると決めた喜美子は、聞く耳を持たない。
「同じ陶芸家やのになんで気持ちわからへんのって言われたことあったな。
僕にとって喜美子は女や
陶芸家やない。
ずっと男と女やった
これまでもこれからも
危ないことせんといて欲しい。
辞めてほしい・・・。」


昨日は佐藤隆太、エエ役貰ったなぁwと書いたけど、村上ショージもええ役もらったなぁ!!
あのタヌキ。
あのタヌキに泣かされる日がくるとは。
草間さん、ずっと大事に持っていたんやな。
んでもって、村上ショージとの出会いのシーンまで。
そうそう。掘ってた掘ってた(爆)

あんなに引っ張ったのに信作と百合子の結婚式写真はぼんやり見せてくれただけ。
もうちょっとちゃんと見たかったな~。
これはSNSで見られるんだろうかねぇw

で、八郎。
喜美子を昔から知っている人は、喜美子の背中を押す人ばかり。
ここでは新参者の八郎だけが喜美子にブレーキをかける。
「僕にとって喜美子は女や。」
あ~あ、言っちゃった。
陶芸家やないってことか。
喜美子を避けてたくせに。
女やと思っているならもっと違うアプローチもあったのに。急にさ・・・。
ま、喜美子も他人行儀だったけれど。

喜美子のことは陶芸家として認めていないってことかな?
陶芸家やないのに、穴窯を提案したり、金賞をとれと言うたり、喜美子の才能にビビったり。
八郎はいつも喜美子に反対をする。
なぜ喜美子と一緒に考えてくれないのか。



萬平さんのときは福ちゃんが背中をおしていたけれど、男女がかわるとこうなるのよねぇ。
喜美子からしたら陶芸家として一緒にわかり合える夫婦になれると思っていたのに。
夫婦ノートにもそんなことを書いていたのに。
八郎工房ではなく「かわはら工房」としたのは、夫婦の作品を作る為・・って八郎が言っていたのに。

結局「喜美子は女」という理由で反対。
やりきれないよなぁ。
「男やったら良かったのに。」
って喜美子がどんな気持ちで言っていたか・・・八郎にはわからないんやろうか。
これじゃ、窯業研究所や美術商の人と同じ「女の片手間」「陶芸家の妻」としか見ていないってことよねぇ。
一番言われたくないことを言われてしまった。
しかも陶芸家として悪戦苦闘、自問自答、それこそいろんなものを犠牲にして頑張っているときに、「お前は女だ」と言われてしまった。
そんな人がそばにいるくらいなら、別れたほうが良いな。
このままではお互いわかり合えることはないと思う。

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
松永三津・・・・黒島結菜
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント