『スカーレット』 第100回 感想~久しぶりの大阪!!!!

スポンサーリンク

第100回(第17週)「涙のち晴れ」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

三回目の窯焚きのために薪を割る喜美子。
そこに照子が押しかけた。
「”今日、薪を取りに行く”って断り入れんでもよかってん。」
小さい頃は常治に、結婚してからは八郎に、やりたいことがあったらお願いせなあかんかった。
それが必要なかった。
薪を拾って立ち上がったら冬の風が気持ちええなぁって思った。
「一人も、ええなぁ。
そんなこと思てしもてん。
穴窯やるのももう断り入れんでええしな。
ウチはハチさんおらんほうがやりたいことやれる。」

照子は「目を覚ませ!」と怒鳴りつけるが、喜美子は動じない。

武志は照子に家にいた。
三回目の窯焚きの火入れを終え、武志を迎えにいった。
武志は冬休みに動物園に行くことが楽しみにしている。
「三回目の窯焚きが成功したら、武志を動物園に連れて行く。」
喜美子が言うと百合子が
「成功せんでも連れてってあげてな。」
と笑う。
「成功したら、ハチさんを迎えに行く。」
しかし二週間後、三度目の失敗。

その日の夜、武志が眠ってから百合子がやってきた。
「信楽以外の空気吸って、これからのこと考えてこい。」
と信作が動物園の入場券をプレゼントしてくれた。
百合子はボーナスが出たからと武志にお小遣いをくれた。
信作と百合子はポパイとオリーブと呼び合っているらしいw

冬休み。
喜美子と武志は大阪の動物園に向かう。
その日はちや子さんの家に泊めてもらうことにした。


久しぶりのロケ!
ワタシも信作と同じで、信楽以外の風景を見たかったw
信作と百合子。
百合子は24才やからともかく、信作は30才過ぎてポパイか(爆)
しかもポパイコスプレの林遣都が・・・ノリノリ!!!!
一生懸命ポパイに寄せてたなw
どういう会話でそう呼び合うことになったのか。

とうとう喜美子は気づいてしまった。
夫がいないほうが楽なことを!!!
しかも八郎、
「武志を連れて出て行く」
と偉そうなことをぬかしたわりには、武志は照子に預けて、自分だけ部屋を借りた。
一人で出ていけや!!!!
シングルファーザーとしてやっていく自信もないくせに、なぜ子供を連れて行った?
照子に言いつけるためか?
武志の面倒は照子に押しつけて、自分は一人暮らしか?
父親の責任って何かね?
「可哀想な俺」アピール!?
八郎・・・苦手になってきたなぁ(苦笑)

だいたいお金をかけず、今までの方法で作品を作って金賞を取って名前を売るって無理でしょ?
八郎なんて金賞を取ってからスランプになっていたくせに。
しかもまだまだ男性社会だと言うた口で、それをやれってどんだけ妻に厳しいねん。

喜美子は一人のほうが良いのかも。
一人のほうが能力を発揮できるかも。
八郎は迎えに行かなくても良いんじゃない?
誰かに依存したり依存されたりしないほうがエエね。
八郎は喜美子の才能に嫉妬してたけど、喜美子は横におる人がどんなに才能があろうと、自分にしか興味がないんちゃうかな。
もう二人が一緒に住まなくてもエエなと思ったワタシ。

そしてちや子さんの登場。
荒木荘はどうなってんのかな?
昭和45年ってことは、もうああいう下宿は流行らないのかしら?
大久保さんも出てくるしさ。
今週は楽しそうだわ~!!

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
松永三津・・・・黒島結菜
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント