『スカーレット』 第89回 感想~直子の嘘妊娠。信作&百合子の結婚できない劇場の始まり

スポンサーリンク

第89回(第15週)「優しさが交差して」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

喜美子)は三津から何気なく八郎(松下洸平)のような人を好きになりたいと告げられる。
八郎はフカ先生から貰った絵を闇市に売ってしまって後悔したこと、その絵の話を聞いて喜美子が絵を描いてくれたこと。
そのときに喜美子のことが好きになったこと、なんでも三津に離していた。
平静を装うが、八郎に対する気持ちも揺れる喜美子。

一方、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)が川原家への結婚挨拶を計画した。
しかし、直子(桜庭ななみ)が突然、帰郷して妊娠を報告することになり、「信作結婚の挨拶がなかなかできない」の始まり!!←ナレーションで宣言

直子の妊娠に怒っていた喜美子に「おめでとう」と言うたあげと言う八郎。
ほんまに妊娠しているか確かめな!と言う喜美子に、妹のことを信じられへんのかと言う八郎。

直子と鮫島を笑顔で迎える喜美子。
正月には仕事も上手くいっていた。
「子供のために引っ越したい。
用立てて欲しい。」
頭を下げる二人に
「おめでとう。」
と言う喜美子。
親としてしっかりせなあかん。と二人に話しかける・・・とマツが怒りに震えて立ち上がり、鮫島にホウキで殴りかかり、直子にビンタ。
直子の妊娠は嘘だった。


直子、お金に困っているから子供が出来たと嘘をつき金をせびりに帰ってきた。
最低やな。
問題児を超えている。
お金を貰ったら貰ったで、子供は流れたと言うつもりだったのか。
直子もアラサーやろ?
しかもニット帽に入れた砂袋を畳の上にぶちまけるな!!!
アホか!誰が掃除すんねん!!!

鮫島もアホっぽい。いや。。アホや!!!
こんな二人が商売してもアカンわな。
借金を背負うのか・・・。
やっぱり常治に一番似ているのは直子かな。
似ているというか、悪いところしか引き継いでないというか。
お父ちゃんの最後に会いたかったってのもやっぱり嘘だったのでは?と思ってしまう。
そんな直子の嘘にいち早く気づいたマツ。
声が出ないので殴りかかる・・・・。
その後、部屋に行くってどうなん?
声が出なくても話を聞けよ。
またその後始末を喜美子にさせるの?
アンタの娘やろ???

八郎は喜美子と向き合わない。
昨日も喜美子のために土をこねていたが、喜美子が作業する間はサニーへ。
喜美子が武志を寝かしつけている間に自分の作業。
もう喜美子の作品は見たくもないのでしょう。
プレッシャーになるし、自分より才能があるし。
でもさ。
喜美子は良くも悪くも本音をぶつけている。
夫婦としてはスルーするのではなく、きちんと向き合って話せよと思う。
夫婦だから言わなくてもわかるなんてことはない。
喜美子が八郎の心情を察しなければならないなんておかしい。
八郎はいつも後出し。
「喜美子も作りたいんやろ?
気づいてたで。」

気づいてたならもっと早く言うたらんかい!って思うし(爆)




「東京に着いていく」
と言っている喜美子にちゃんと断ってやれば良いし。
「個展をやめたら」
って言っていた喜美子に、個展はやめられない。
たくさんの人が関わっているからと言えば良いのだ。
最初から。
答えをずっと濁して逃げるから喜美子が暴走してしまう。

ま・・・結局。
上手くいかない夫婦なんてそんなもん。
このドラマの夫婦はどっちも悪い。
不倫とか借金とかDVならともかく、こういう積み重ねが性格の不一致であり、離婚の一番多い原因なのかもしれない。
喜美子&八郎はラブラブだったけれど離婚にいたるカップルのテンプレなのかもね。

喜美子たちが破綻してから、百合子と信作の結婚かなぁ。
二人は1月中に結婚出来ないかもしれないね(爆)
直子のことで結婚を言い出せず、喜美子の離婚で言い出せず、挙げ句の果てに信作は骨折するのかしら?
二人はいずれ結婚するだろうし、信作のズッコケっぷりを楽しもう。
ワタシも百合子と一緒で大野家大好き!!!!


    
   

にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香
川原八郎・・・・松下洸平
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
熊谷照子・・・・大島優子
大野信作・・・・林遣都
熊谷敏春・・・・本田大輔
松永三津・・・・黒島結菜
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見

語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント