『スカーレット』 第57回 感想~付き合ってよ!喜美子って呼んで!!

スポンサーリンク

『スカーレット』第57回(第10週)「好きという気持ち」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

東京で働く直子の電報を見て、マツが東京に行くと言う。
それはそれで心配な喜美子。
常治も心配しているが、「放っておけ」ときかないので、草間さんにお願いしようと喜美子。
草間は快く引き受けてくれた。

喜美子は陶芸熱が抑えきれず、毎日朝晩2時間、八郎の陶芸を学ばせてほしいと頼み込む。
しかし八郎は「困る」と断る。
「変な噂になったら困る。」
というのだ。
「がっかりや。」
「八」「信作」と呼び合っているのに、自分のことは「川原さん」。
男と女とか関係ないという喜美子に関係あると言う八郎
「川原さんは女です。
僕にとっては今までもこれからも。
付き合ってもいない女のことを”喜美子”やねんて呼べません。
呼びたくでも呼べません。」

「じゃ、付き合ったらええねん。
呼んでよ、喜美子って。
付き合ってください。」


喜美子・・・・。
これは「付き合う」と言う意味がわかってないなぁ。
こんな小さな町の大きな会社で付き合うってことは、二人の仲はすぐに知れ渡ってしまうってことやで。

喜美子・・・・初恋は散ってしまったけれど、あんなに辛い思いをしたのに、図太い。
八郎がコビト?妖精?を見て、微笑んでいたのに、喜美子がぶち壊すかね~。
喜美子と八郎が一緒になることはわかっているので、できたらもう少しドキドキの恋愛を見たいもんです。
「付き合うてなぁ!」
ではないんやなぁ、コレが(苦笑)
その「付き合って」は男女の付き合いやないやんな。
喜美子・・・こんなに子供やったっけ?

直子はやっぱりかまってちゃんやな。
なんかあったなら葉書でも手紙でも書けばいい。
電報ってのが直子らしい。
母親も姉も甘いから、こんな子になってしもた。
マツ・・・お金・・・6回も送ったんや。
なぜここまでマツをなにもできない母親として描くのか・・わかりません。
常治よりもタチが悪いと思う。

で、大野雑貨店にも転機が。
雑貨店を廃業してカフェにするという。
たしかにマギーは、喫茶店のマスター^が似合いそうな気がするが・・・。
このカフェでは、喜美子が焼いたマグカップを使ってくれるのかな?

信楽には2度ほどしか行ったことがありませんが、立ち寄った喫茶店は信楽焼きを使っていました。
倍くらいは美味しく感じるよw

さて、今週。
なんや、まったりしてない?
喜美子と八郎の雰囲気はとても良いんだけど、間延びしているように思う。
丁寧に描いていると言えばそうかもしれんが、朝ドラは15分しかないからさ。
もう少しテンポアップして欲しいなぁ。


     
     

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
熊谷敏春・・・・本田大輔
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. ネイティブ関西弁 より:

    たろたろさん

    お久しぶりです。

    『おかんもおとんもいやん!』
    その通り!

    私もマツの書かれ方は不思議に思います。
    頼りないことこの上ないし、富田靖子の絶妙にイライラさせる表情と相まって、いつまでたっても全然好きになれない(苦笑)

    頼りないおかんというと、カーネーションの糸子の母もそうでしたが、こちらは腹立たしいと思ったことなどなく・・・むしろ、「抜けた」ところが周りを和ませる役目を担っているのが良く伝わり、大好きでした。

    マツは・・・妙に面白さを出そうとして空回りなんでしょうか。

    ドラマ全体としては、面白く見ています。

    なんと言っても戸田恵梨香が上手いなあと^_^
    彼女はほんとに目の表情が豊かで、改めて良い女優さんだと感じています。

    彼女の笑顔の演技で他の演者が助けられている、と前にたろたろさんが書かれてましたが、そのとおりだと思います。あんなに心から面白そうに嬉しそうに笑う女優さん、なかなかいない気がします。

    誰かを褒めるのに他の誰かを比較対象に挙げるのは下品である、とわかっているのですが・・・ついつい頭に浮かぶ彼女・・・

    自制して。

    松下洸平さん、初めて知りましたが、役に合っていますね。朴訥そうな繊細そうな、でも拘りも感じられ、ちょっと甘い(甘ちゃんではなくスウィート)感じもあり・・・

    しかし、やはり肝はマツでしょうか(え!)

    彼女を見るたびに、「こんな母親にならんようにしよう」と思ってしまうのです(苦笑)

    • tarotaro tarotaro より:

      ネイティブ関西弁さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      両親・・・嫌ですよね。
      特にマツが苦手です。
      どうしてこんなに何もできないんだろうと思います。
      貧血だから朝、起きられない。
      弁当も作れない。
      なのに「手がかかるのはお父ちゃんだけ」って自分は手がかからないと思っているんでしょうかねぇ。

      ワタシも麻生祐未さんのお母ちゃんは可愛かったです。
      それに・・・お金持ちだったし(爆)
      それにそれになんてったって、ネイティブだったしw

      戸田さんに救われていると思います。
      このドラマ。
      彼女の笑いは本物。
      あれだけ笑って貰えると気持ち良いでしょうね。
      男前な雰囲気もでて、一家の大黒柱なんだなぁっと思います。

      松下洸平さん、声が良いですね。
      耳も良いのでしょうね。
      違和感のない関西弁に安心します。
      二人の雰囲気もすごく合っています。
      真面目でお父ちゃんとは正反対で・・・良いと思うんですが、二人とも作家ってなると不安定ですね(苦笑)
      おっしゃるとおり繊細でこだわりのある感じ・・・見た目もピッタリですね。

      マツ・・・。
      マツ初回にも出てきましたから・・・・最後までつきあわなアカンのでしょうね。
      それがワタシの一番の不安です。
      「まんぷく」のブシムスは最初はイラッとすることが多かったですが・・・・あんな風にはなかなかなれませんよね・・・。
      心配ですw

  2. なな より:

    こんにちは。
    喜美子、ほんと こんなに幼かったかな?と思いました。
    そして気になったのが
    八郎は 「やっと自分の作品が作れる」と喜んでいたのに
    「タダ」で陶芸を教えてもらおうとしていること。
    八郎が自分の作品を作るための
    たった四時間を奪おうとしてること。
    今日は「ずっと 見てる」ことを希望していただけですが。

    今までの喜美子だったら
    そんなことしないと思うのですがねえ。それとも そんなことも気付かないほど 陶芸に惹かれてる?
    八郎がやってるから 興味もっただけのような…
    今後の仕事のことを考えてとか。
    陶芸を見てたいのではなく
    「八郎がやる」陶芸を見てたいとか…
    まあ、それでも良いのですが
    マツと二人で「タダ」だと喜んで
    いるシーンは 「やらしいなあ」と思ってしまいました。
    初めて喜美子の嫌なとこ見た気分です(笑)
    直子は お父ちゃんの言う通り なんでもない、ただの根性なしなだけな気がするんですが 帰ってくるんですかね?
    お見合いpartyでお相手を見つけたら
    いいかも。その気があれば。

    ところで照子の旦那さんが本田博太郎の息子さんとか知りませんでした。
    なんか 多いですね。誰かの子供が活躍してるの。
    百合子がカステラのドラマーの娘さんっていうのも 最近知りました(^^)

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      喜美子、思った以上に幼いですね。
      恋愛に関してはこんなもんなんでしょうか。
      まだまだお見合い結婚のほうが多い時代なんですかねぇ・・・?
      実感としてないのか、なんなのか・・・・。

      只で教えて貰うっていうのは・・・見学のことだったと思うんですよねぇ。
      フカ先生にも教えて貰ったと言うよりは、見て盗むという。
      同じ職人ですし、八郎の邪魔はしないと思いますが・・・。
      どうでしょう。

      マツは・・・もう諦めるしかないかなぁと思っています。
      ブシムス(@まんぷく)は可愛いとか面白いと思える日が来ましたが、マツにはそんな日は来ないんじゃないかなぁと。

      直子は東京に戻るつもりなんですかね。
      一応、休暇で里帰りですが・・・。
      仕送りしたり交通費のことを考えると、直子が働いている分はチャラ・・・もしくは赤字のような気がします。
      喜美子には給料を全部仕送りさせていたのに、直子にはお小遣いを送るなんて甘すぎる・・。
      だからこんなことに。

      そうそう、福田麻由子ちゃんのお父さんは、カステラのドラムでしたねぇ。
      昔、カステラのライブに行ったことがあるので懐かしい。
      「ビデオ買ってよ。」
      とか大好きでした!

      • なな より:

        こんにちは。
        見て盗む。
        納得です!!フカ先生のときも そうでした。忘れてました。
        予告で 土こねてたので 喜美子は
        そこから教えてもらうのとおもっちゃいました。

        • tarotaro tarotaro より:

          ななさん、こんばんは。
          コメントありがとうございます。

          見て盗むんだと思っていたら、しびれをきらした八郎が押しえ出しましたね。
          ま・・・八郎は八郎で勉強していると思いたいです(苦笑)