『スカーレット』 第49回 感想~フカ先生の潔い勇退

スポンサーリンク

第49回(第9週)「火まつりの誓い」

「スカーレット」感想はコチラ→

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

丸熊陶業の社長が急逝。葬儀が終わり、落ち着いた頃、喜美子は照子(大島優子)から、妊娠したことを聞く。
そして、照子の夫で新社長・敏春(本田大輔)の方針で、会社の改革があると言われる。
電気やガスの普及で火鉢はもう売れない。
新入社員を入れたのは、若い世代をターゲットにした商品開発をするためだと聞く。
不安になる喜美子。

帰宅すると、妹・百合子(福田麻由子)から進学の相談を持ちかけられた。
明日の家庭訪問に喜美子にも同席して欲しいと言われ、了承した喜美子。
翌日、丸熊陶業では俊春とフカ先生が話していた。
「引き際の潔さ」を師匠から学んだと言うフカ先生は、先代社長の四十九日を待たずに信楽を去ると言う。
立ち聞きをしていたのは八郎!

絵付け部屋になかなか帰ってこない喜美子。
社長となんの話をしているのか・・・と心配になる。
「火鉢の生産を抑えるという話がある・・。」
と打ち明けた喜美子に、1番と2番は
「絵付け係はなくならないから、喜美ちゃんは心配せんでええよ。」
と言われ安心する喜美子。

その頃、自宅では、幼なじみ・信作(林遣都)のお見合い話も浮上していた。
常治は喜美子の見合い相手も探して欲しいと陽子(財前直見)にお願いする。


一生結婚しない約束なんてしてたっけ???
絵付け師になるとき・・・?
すっかり忘れていたw

フカ先生、格好良すぎるわ。
若社長にとっては渡りに船やな。
こんなに物わかりの良い職人さん。
フカ先生の前の絵付け師のいや~~~~な感じが浮き彫り(苦笑)
ま、若社長がフカ先生と対立して出て行くってことになるのは嫌だったので、コレでエエか。

引き際の潔さ。
若い人たちに任せる。
1番と2番はフカ先生について行くのか、フカ先生は喜美子だけは頼むと言ったのか?
1番と2番は・・・あの感じだとフカ先生とともに行動するのではないかなぁ。
1番と2番もエエ人やったなぁ。
1番さんは、「べっぴんさん」では”東急ですから!”とキャラが濃かったが、コチラは馴染んでたなぁ。
芸人でもここまで幅広い演技をしてくれると嬉しい。
荒木荘の雄太郎の役は。夙川アトムでも良かったかなぁ。
年齢的にも木本より若いし、映画スターを目指すのも違和感なかったかも。
・・・ま、今更やけど・・・。

百合子は高校に行きたいのよねぇ。
奨学金貰えるならいかしたったらエエのに。
直子も仕送りしてくれているんでしょうし。
で、信作も結婚か~。
こじらせている信作の嫁さん!
興味があるわw
信作って公務員だけど、ゆくゆくは雑貨店を継ぐんやろか?
お見合い相手は甲賀筋ってことで、今度こそ、信作のばあちゃんのお話が出るかな~?

しかし・・・フカ先生。
退場が早いなぁ。
人の入れ替わりが、従来の朝ドラよりも早く感じるわ。
それが新鮮で良い。
それに・・・ヒロインのためだけに存在する役が少ないのが前作より良いんだよねぇ。
ヒロインのために動く人が少ないってエエよ!!


   
   
   

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
熊谷敏春・・・・本田大輔
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント