『スカーレット』 第33回 感想~オトンよりオカンがアカン

スポンサーリンク

第33回(第6週)「自分で決めた道」

ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

あらすじはコチラ→

直子から泥棒に入られたあと、オート三輪を買ったお父ちゃんは、張り切って仕事をしていたら、足をくじいて飲んだくれ。
川島家の家計は火の車だった。
病院に寄り、薬代を少し払ってから家に戻った喜美子。
母・マツ(富田靖子)から、ツケの伝票を見せられた喜美子は笑いが止まらない。
もう笑うしかないくらい借金が膨れ上がっていた。

丸熊陶業は景気が良く、若い働き手を募集している。
お父ちゃんは社長に喜美子が働けるように話をつけていた。
大阪に帰る前、喜美子は丸熊陶業を尋ねる。
社長と絵付け師が揉めていた、そこに友人の照子(大島優子)が学校から戻り、早く信楽に帰ってきて欲しいと訴える。
喜美子が働けるように照子の父は一筆かいたらしい。
それを聞いて喜美子は大阪に帰る。

その頃、荒木荘では喜美子がもう戻らない電報を受け取り、「お母ちゃんが相当悪いのだろう」と話していた。
喜美子の荷物をまとめた大久保さん。
そこへ喜美子が帰ってきて・・・!?


泥棒入られて、オート三輪買うて、足くじいて、酒浸り。
なんやこの転落人生(苦笑)
百歩譲って、オート三輪を買うてから、泥棒に入られたなら少し同情もできるけれど。
オトンはただのアホやな。
張り切って足くじく。。ってなんやの?
オカンも「言うても聞かへん」って言うてる場合か?
「内職頑張っている」ってホンマけ?

穏やかでおっとりした性格。常治がすることをニコニコと受け入れ、文句も言わずに信楽についてきた。少々体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。和洋裁の腕があり、学問もできる。実はパワーを秘めているような一面も。喜美子の情の深さと粘り強いところは、母親から受け継いだ。

とHPの登場人物紹介には書いてあるけれど、全然違うぞ!!!
常治がすることをニコニコと受け入れて文句を言わない、喜美子を頼りにしているというより、寄生している。
学問もできる?パワー秘めている?粘り強い?
まったくそんな風に見えへんわ。
一緒に笑っている場合か?

もう自己破産しろ!!
どんなにクズでもクソでもオトンとオカンを見捨てることはできないんでしょうな喜美子も。
でもオトンは改心しないでしょう。
死ぬまでこのままでしょうな。
オカンも死ぬまでお花畑やろな。
でも喜美子が信楽に帰ったら、ちょっとは変わるかも?
ってか、やっぱり喜美子、気の毒。
直子と百合子は被害者やな。
夫婦が幸せならそれでエエのか。

明るい雰囲気はあるものの「おしん」とあんまり変わらないよね~w
同じような状況やわ。

喜美子のあの顔は信楽に帰ることを決意した顔やったな。
あぁ・・・大阪編、すっごく面白かったのになぁ~。
もっともっと荒木荘で起こるゆっる~~~~いとこを楽しみたかったなぁ。
大阪にいたほうが稼げるんじゃないんかなぁ・・・?
と思いつつ。大阪絵にいたら陶芸家になられへんし。
いっそのこと、大阪でイラストレーターになる脚本にならへんやろか(爆)

絵付け師、渋谷天外さんが出てきたんで・・・喜美子の師匠になるんかな?
渋谷さん、えらい肥えはったなw

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. YOYO より:

    こんにちは。
    喜美子が不憫です。
    お母さんが呑気すぎるので
    おしんより家庭環境悪いかも…

    おしんは貧農小作人の家だから
    どうしようもないところがあったけど

    じょーじは
    単に迂闊なだけだからな…
    自分の過失の尻拭いを
    娘に当然のようにさせるって…

    あと、ちやこさんてどこ行っちゃったんでしたっけ。

    先日のフランス杯
    そんな予感はしていたけど
    昌磨が崩れまくってましたね…
    なんだか…
    ランビに魔法かけてもらえたらいいけど。気持ちの問題な気が。

    そして舞依ちゃんは
    いまは入院中らしいですね。
    今季は日本人選手に試練の年かも。
    さかもっちゃんは
    あと少ししたら
    まとまってきそうですけどねー。

    殿の事件もひどい顛末でしたね。
    ハマコーは本来なら逮捕されるべきではないか?
    と思ってます。

    • tarotaro tarotaro より:

      YOYOさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      たしかに「アイコ16才」はピン子よりのんきですね。
      喜美子が笑うのはエエけど、オカンは笑うな!!って思いました。

      オトンはどうかしてますよね。
      「優しいところがある」だけで、許されるのかしら。
      娘だから許されるのか・・・。
      これからは直子の反抗期も喜美子が引き受けるんでしょうか。
      ワタシ、あのお母ちゃんが頼りなさ過ぎて、常治のようなモンスターができたんじゃないかと思いますw

      ちや子さんも辛いですね。
      あのアゴ!!張り倒したろか(爆)

      日本人でファイナルに残れる可能性があるのは、紀平さんくらいではないでしょうか。
      紀平さんでも台乗りできるかどうか・・・ってとこですね。
      舞依ちゃんは、今期絶望ではないでしょうか・・・。
      焦っているでしょうな。
      五輪シーズンじゃないにしても・・・。
      高校生のころと違って、今回の入院からの復帰は時間がかかりそうな気がします。
      さかもっちゃんはあんなに綺麗なLoも崩れるんですね。
      彼女は3Aより4Loのほうが良いと思っていたんですが。
      日本でジャンプを教えてくれるコーチが少ないのでしょうか?
      クワドジャンパーのタケシをもってしても、教えるのは別なんでしょうか?

      昌磨は孤独との戦いですね。
      良かったのは五輪シーズンじゃない。
      今期はいろいろ挑戦できるってとこでしょうか。
      美穂子先生は昌磨の良いところを引き出すプログラムを作っていたとは思いますが、今期の昌磨のプログラム。
      完成版を是非みたいです。
      好きなんですよね~。

      殿のパワハラ。
      証拠が残っていないのですかね。
      関大は殿より、紀平さんを教えているハマコーを取ったってことですよね。
      京都にリンクができる噂があって、そこにハマコーがうつるとか・・・。
      ハマコーの反論インタビューも読みましたが、モラハラする人ってこういうことを言うよね!って感じでした。
      「片手間にコーチをやっている。」
      とか・・ねぇ。
      普通だったらスケート業界追放じゃないですか?