『スカーレット』第20回 ネタバレ感想~大久保さんが喜美子にデレデレだった件

スポンサーリンク

第22回(第4週)「一人前になるまでは」

あらすじはコチラ→
ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

喜美子(戸田恵梨香)の給料を前借りするため、父・常治(北村一輝)が大阪にやってきた。
大久保さん(三林京子)を交えた久しぶりの親子の再会。
喜美子も常治も前借りのことを言い出せない。

大久保さんは喜美子のことを最初はどないなるかと思っていた。
けれど一生懸命仕事をするしお給金が少ないのに文句も言わない。
まだまだ気がつかないことも多い。
けど。
「ええお嬢ちゃんでんな。」
手先が器用だった喜美子を見た大久保さんはストッキングの内職を任していると話す。
「こういう仕事はすぐお給金は頭打ちだ。
合間見て内職しまんねん。」

大久保さんは弟の学費は半分内職で稼いだと言う。
ストッキングの繕いものは128足。
1足12円。
給料より多いお給金を渡された喜美子。

お父ちゃんを送るため荒木荘を出た二人。
お給金のほとんどを常治に渡す喜美子。
そして、3年は帰らないと宣言。
一人前になるまで3年。

荒木荘に帰ると大久保さんと常治が持って来たカブラを漬ける。
3年は帰らないと宣言してきたという喜美子にこっそり微笑む大久保さん。
時々100年は”帰られまへんで”なんて嫌味を言いながらも、柔道の真似をする大久保さん。


大久保さんが喜美子にデレた日。
いや、前からデレていたのかもしれないけれど。
不覚にも
「ええお嬢ちゃんでんな。」
で泣いてしまう。
喜美子も泣いてないのに(爆)

今日の大久保さんの言葉にはいちいち嬉しくなってしまった。
やっぱりエエ人やった。
案外、喜美子のお父ちゃんがやってきた理由もなんとなく察していたのではないかと思うくらい。
大久保さん、本当に気が回る人だと思う。
あのポンポンと繰り出す大阪弁が素敵だし。
大久保さんの張りのある声も素敵だし。

これがいわゆる神回なんじゃw
大久保さんが喜美子を褒めるとワタシも嬉しい。
なんの躊躇もなく内職で稼いだお金を「全部持っていき!」とお父ちゃんに差し出す喜美子が健気。
一人前になるまで3年、信楽に帰らないと言って人混みの中を荒木荘に帰る喜美子。
一度も振り返らない喜美子を見送ると、キュンとなってしまう。
喜美子の状況を考えると「可哀想」なんて思うけれど、喜美子がまったく湿っぽくないし、悲壮感もないのがこの朝ドラの良いところ。
考えたら両親はヤバいくらいにアカン人たちなんだけど、それでも・・・ま、エエかと思えるくらい喜美子が可愛いからさ。
当時、長子が下の子のために働くっていうのは、あることやったんかもな。

夏には娘がいる奈良に行ってしまう大久保さん。
大久保さんロスを感じる予感大!!

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. 二階堂 より:

    たろたろさん、こんにちは。

    まさに今日は神回でしたよね!

    BS放送でじーんときて、15分後のNHKも観てしまいました。

    大久保さんのきみちゃんを見るまなざし。
    大久保さんのキツイ大阪弁が、あたたかく感じる不思議。
    大久保さん、大久保さん♪
    私も、近い将来の大久保さんとのお別れのシーンを想像すると、もう泣けてきます。

    嬉しそうに引き返してくるお父ちゃんもツボでした。
    金の無心に来るお父ちゃんを快く思っていなかったけど、憎めないです。

    荒木荘に帰ってきた喜美子、すがすがしい顔をしていましたね。
    朝から心が洗われます。
    朝ドラヒロインはやっぱこうですよね。

    • tarotaro tarotaro より:

      二階堂さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      ホント、大久保さんとのお別れを考えると寂しいです。
      ってか・・・今週末には3年後!とかになってないだろうなぁとそっちもちょっと心配w
      だけど・・・多分、ワープしますよね(苦笑)

      大久保さんの関西弁って楽しいですよね。
      今ではあの関西弁を話せる人はいないと思います。
      さすが落語家さん。
      米朝師匠のお弟子さん。
      声も綺麗し聞き取り安い。

      お父ちゃん、ホントに、ホントにだらしないのですが、やっぱり憎めないんですよねぇ。
      それは喜美子が一番よくわかっている。
      あんなに困り顔で絨毯のシミを掃除していた喜美子がラストには楽しそうな笑顔に。
      大久保さんの笑顔も素敵でした。
      そう朝ドラヒロインはこうでないと。
      そして厳しくも優しい大人がいないと!!

  2. ももたろう より:

    大久保さん、ええ人やん〜!
    お父さんが来た理由をわかって、内職代をわざわざ手渡し、貴美子を送らせに…
    お父さんのプライドも傷つけず、なんて粋な計らい!
    貴美子の健気さに、もう涙がとまらなかったですよ〜
    大久保さん、自分の若い頃を思い起こしてるんでしょうか。
    戸田恵梨香の15歳役に賛否ありますが、純粋な女の子の感じ、十分伝わりますよね。私は、戸田恵梨香さんの演技好きだなぁ〜って思います。

    • tarotaro tarotaro より:

      ももたろうさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      もう大久保さんが素敵過ぎて、今日はいなくて(泣)
      きっとまた出てきてくれると信じています。
      一度も振り返らない喜美子を見送るお父ちゃんにもグッときました。
      北村一輝は目線が良いですね。
      憎たらしいところがあるにはあるんですけど・・・お父ちゃんルーズだし。
      戸田さんのお芝居は安心して見ていられます。
      脚本が迷走しなければかなり楽しい!!