『スカーレット』第20回 感想~久しぶりに真っ直ぐな水野美紀

スポンサーリンク

『スカーレット』第20回(第4週)「一人前になるまでは」

あらすじはコチラ→
ドラマガイドはコチラ

水橋文美江 「スカーレット」

女中の仕事を抜けて、新聞社でも試しに働き始めた喜美子(戸田恵梨香)。
仕事は雑用。
その合間に辻本茂雄からちや子はの武勇伝を聞かされ、喜美子は圧倒される。
荒木荘に戻ると、役者志望の住人・雄太郎(木本武宏)の映画出演が決まったと喜ぶ。
「お金よりも夢が大事」という雄太郎にはっとする。
その日、ちや子は深夜まで帰ってこなかった。
無心に絵を描いて待っていた。
ちや子は喜美子に新聞社の仕事はどうやった?と聞かれるが………


草間流柔道に例えたい喜美子。
オモロイ(笑)

「お金よりも夢が大事」という言葉を今の喜美子に重ねるのは……。
女中の仕事も新聞社の雑用も夢からは程遠い。
新聞社に入って雑用しながら記者を目指すわけでもなく……。

喜美子は夢を持つ余裕がない。
夢のためにお金が必要…とか?
なら尚更新聞社のほうが良いかも。
お金より夢……のスタートにも立てない喜美子は、義理と人情で女中を選ぶかな?

裏表なく男前な水野美紀って、久しぶり。
「おとり捜査官」も新作がないし。
本来、水野美紀ってこういう役が似合う女優さんやったと再認識。

「おとり捜査官」の新作もないのかな?
「おかしな刑事」は多いのにな〜。

「スカーレット」感想はコチラ→

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

主題歌はコチラ

Superfly 「フレア」

キャスト
川原喜美子・・・戸田恵梨香(幼少期 川島夕空)
川原常治・・・・北村一輝
川原マツ・・・・富田靖子
川原直子・・・・桜庭ななみ(幼少期 やくわなつみ)
川原百合子・・・福田麻由子
草間宗一郎・・・佐藤隆太
十代田八郎・・・松下洸平
熊谷照子・・・・大島優子(幼少期 横溝菜帆)
大野信作・・・・林遣都(幼少期 中村謙心)
大野忠信・・・・マギー
大野陽子・・・・財前直見
深野心仙・・・・イッセー尾形
庵堂ちや子・・・水野美紀
酒田圭介・・・・溝端淳平
田中雄太郎・・・木本武宏 (TKO)
荒木さだ・・・・羽野晶紀
大久保のぶ子・・三林京子
ジョージ富士川・西川貴教
語り・・・・・・中條誠子アナウンサー

コメント

  1. なな より:

    喜美子、新聞社行けるかなあ。
    大久保さんが とんでもなく意地悪な人だったら出ていきやすかったかな…。「お腹痛いんじゃ…」と大久保さんが言う度に バレてるんじゃないかとドキドキしました(笑)
    新聞社も 吉本の芸人さん…名前知らないんですが 優しいし働いたら 面白そう。

    喜美子、一人前になれたら どのくらい荒木荘なら貰えるのかな。といっても定期的な休みも取れないし休んでも
    最低でも 皆のご飯は作らないといけないし。
    まだ始まったばかりだけど どうやって焼き物に関わっていくのか気になります。
    給料前借りのお父ちゃん、いつ来るんだろう。
    邪魔しないで欲しい…
    賄い付きだから食べることは出来るけど 居づらくなるし。恥かかさないで欲しい。
    あ…荒木荘に前借りなら 居づらくなって ご迷惑お掛けしますんで辞めますって言えるかしら?

    • tarotaro tarotaro より:

      ななさん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      喜美子、大久保さんのことが嫌いではないんですよね。
      間違ったことは言っていないし、ちゃんと仕事を仕込んでくれるし。
      喜美子のこれからにきっと役に立つ経験なんだと思います。

      荒木荘・・・大久保さんは通いで、喜美子は住み込みだからそもそもの就業時間や拘束時間が違うと思うんですよね。
      だから、その点も考慮してお給料を上げて欲しいなと思います。
      とはいえ、最初の1ヶ月は仕方ないかなと思いますが・・・。

      給料前借りのお父ちゃん。
      いよいよ登場ですね。
      喜美子・・・不憫ですよね。
      みんな良い人ばかりだから・・・喜美子、余計に切ないですね。