「陸王」 第10話(最終回) ネタバレ 感想~小籔が一番ずるい

スポンサーリンク

日曜劇場「陸王が奇跡を起こす親から子へ、仲間とのタスキを信じて走れ!感動の激走の結末は」

あらすじはコチラ→

こはぜ屋の窮地は変わらないまま、また一からシルクレイの売り込み先を探すが、アトランティスの妨害に合う。

一方、茂木選手(竹内涼真)は、再びアトランティスのサポート選手となり、RⅡを履くことを決意。
念願の豊橋国際マラソンに出場することが決定した。
そんな茂木へ大地と村野(市川右團次)は、「ずっと茂木選手を応援している証に…」と最後の一足となった陸王を渡したいと、ダイワ食品の城戸監督(音尾琢真)に掛け合うが、城戸は茂木を悩ませるだけだと一蹴する。
茂木に自分たちの想いを届けることもできず、陸王開発再開のメドも立たたないこはぜ屋にフェリックスの社長・御園丈治から連絡があった。

御園は、条件付融資の提案する。
3億円を低金利で融資する。
返済期間は5年。
そのうち3年間は融資を返済できる額の発注を保証をする。
残りの2年間は保証しない。
その間に、経営基盤を整えて欲しい。
仮にフェリックスからの発注がゼロになったとしても、大丈夫なように。
5年間で借金を返済できなければ、「こはぜ屋」はフェリックスの傘下に入る。
つまり買収されると言うことだった。

宮沢は、フェリックスから融資を受ける件を説明すると、社員は「こはぜ屋」が無くなるかもしれないという不安を消化して応援してくれた。
それでも悩む宮沢。

息子の大地は、大手企業・メトロ電業の面接を受けていた。
面接官はなんと瀬古さん(爆)
大地は「陸王」の開発話を熱く語り、面接官・瀬古さんその話に興味を示してくれた。
そして
「まだ君はその靴を作りたいのではないか?」
と言われる。

++++++

そんな中、「こはぜ屋」社長&社員は、豊橋国際マラソンへ茂木の応援に向かった。
「こはぜ屋」は、茂木がアトランティスの「R2」を履いていても、応援すると決めていた。

レース前に激励に向かう宮沢と村野。
社員のみんなが「靴はダメでも靴紐だけでも」とみんなで編んだ紐を渡す。

2年前のレースで何度も立ち上がる茂木選手を見てから、陸王への挑戦が始まった。
「ありがとう。」

そこへ、アトランティスの小原はがやってくる。
「陸王を履く」
と宣言する茂木。

「怪我をしたときに大勢の人が去って行った。
今、陸王を履かなかったらあの時自分を見捨てた人間と同じ担ってしまう。」
と答える。

結局、茂木が「陸王」を履いてレースに出た。
スタート地点で、嫌味ばっかり言っていた毛塚が良い人になっていた。
レースが始まり、接戦と駆け引きが続く。
ドリンクが取れなかった毛塚にドリンクを渡す茂木。
2年前怪我をした場所で、ケニア人選手が倒れて動揺する茂木。
動揺した茂木に声をかけたのは宮沢親子だった。
「こはぜ屋」の社員が茂木を応援するなか、「陸王」を履いた茂木は、ライバルの毛塚をゴール前でかわし、日本人トップでゴールした。

勝利者インタビューで、こはぜ屋と陸王に感謝する茂木。

その後、陸王はバカ売れ!

+++++

忙しい父に大地がメトロ電業に合格したことを報告する。
喜ぶ父に、大地は
「こはぜ屋で陸王を作りたい。
だからこはぜ屋に入れてほしい」
と言う。
しかし父は、メトロ電業に入社するように言う。
零細企業のこはぜ屋は足りないことばかりだ。
大企業で働き、「こはぜ屋」では学べない事を学んでくるように言う。

「世界を見てこい。大地。」

「分かった。でもいったん出ることを決めたら、もう戻ることは考えない。
それじゃ、メトロ電業に失礼だからな。」

1年後。

アトランティス小原は本社の偉いさんから切り捨てられた。
シューフィッター村野をクビにしたことが裏目tに出ていた。
小籔にまで切り捨てられた小原(オラフ)。

銀行の家長支店長もまた、マラソン前に良い人に変わっていたので、ギャフン顔はナシ。

「こはぜ屋」は工場が増築されており、社員は20人から60人になり、年商は30億!!
5年後、フェリックスの勧めでメガバンク・東京中央銀行に口座を開いていた。

そして茂木は五輪選手を目指していた。







結末はわかっていたから、ちょっと間延びしてしまった。
原作のボリュームからしても7話あたりで妥当だったのかも。←やたら延長するからさ。

そして一番がっかりなのは、ピエール&小籔&雀々のギャフン顔が見られなかったことかなぁ。
もっと、もっとギャフンとなった3人が見たかったわ~。
特に小籔は嫌なヤツじゃないとさ。
今まで我慢して小籔の嫌な顔見てきたのに、最後エエ人みたいになってさ。
何のための我慢やってん!!!
銀行のメガネくんは良い人になる過程がわかったからいいけれど、小藪と雀々とついでに毛塚は急展開でエエ人になっちゃって。
しかも小籔は今までヘラヘラしてオラフの言いなりだったくせに、オラフが本社に切り捨てられたら、「一人前のシューフィッターになる。」ってどこまでクズなのよ。

+++++++

茂木は「RⅡ」を押し付けられただけで、まだアトランティスと契約していないと思っていたんだけど、もし契約違反なら、ヤバイんじゃないの?
しかもインタビューで陸王のPRまでしちゃったけど・・・大丈夫なのか。

いろいろ疑問はあったものの、面白くなかったわけではなく。
山崎賢人は、エエ役をもらったね。
少女漫画の世界で、イケメン役をやっているより、こういう役のほうがずっと良いのでは?

役所さんってスゴイんだねぇ。
あ、もちろん寺尾さんも。
骨太の俳優2人に揉まれて、山崎賢人の伸びたわ~。
役所さんとケントスは本当の親子のように見えたわ。

そんな中、やっぱりところどころ役者ではない人をキャスティングするのはやっぱりちょっと嫌かな。
修造のようにうまくい場合もあるけれど、そうではないことが多い。
ここまで多いとねぇ・・・。

こういう清々しいベタなドラマも楽しい。
役所さん、修造より熱かったけれど、ウザくないのもステキw
役所さん、もっとテレビドラマにも出て欲しいなぁ。

今季のドラマはエエドラマが多かった。
このドラマもその一つであり、このドラマが一番お金がかかっていたのも見どころ。
マラソンや駅伝のエキストラはスゴイ数だったよねぇ。
池井戸作品で、ある程度回収できると思ったからのこれだけつぎ込めたのよね。
やっぱり視聴率って大切なんだよねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

原作はコチラ

池井戸潤 [陸王]

主題歌はこちら
Little Glee Monster
感想はコチラ
「陸王」 第1話 ネタバレ 感想~何故、BGMが「ジュピター」だったのか?
「陸王」 第2話 ネタバレ 感想~今日の主役は寺尾さん
「陸王」 第3話 ネタバレ 感想~鳥居みゆきって普通に話せるんだね!
「陸王」 第4話 ネタバレ 感想~5分で再就職できるカリスマシューフィッター!
「陸王」 第5話 ネタバレ 感想~「ジュピター」だけでも辛いのに「糸」までカバーしなくても。。
「陸王」 第6話 ネタバレ 感想~木村祐一相手に熱演する役所さんは素晴らしい。
「陸王」 第7話 ネタバレ 感想~年末ジャンボ宝くじを買ってみよう!
「陸王」 第8話 ネタバレ 感想~ノージュピター、ノーストレス。
「陸王」 第9話 ネタバレ 感想~役所VS修造が熱い。

キャスト
宮沢紘一… 役所広司
宮沢大地… 山﨑賢人
茂木裕人… 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎… 風間俊介

城戸明宏… 音尾琢真
平瀬孝夫… 和田正人
毛塚直之… 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充… 内村 遥
江幡晃平… 天野義久

仲下美咲… 吉谷彩子
水原米子… 春やすこ
橋井美子… 上村依子
西井冨久子…正司照枝

立原隼人… 宇野けんたろう
加瀬尚之… 前原 滉
内藤久雄… 花沢将人
川井  … 佐藤俊彦
水木みずき…石井貴就
端井  … 安藤勇雅
吉田  … 山本涼介

広樹  … 緒形 敦

正岡あけみ… 阿川佐和子

佐山淳司… 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
橘健介 … 木村祐一
富島玄三… 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子…檀 ふみ
飯山素子… キムラ緑子

村野尊彦… 市川右團次
小原賢治… ピエール瀧

飯山晴之… 寺尾 聰 ほか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする