「リコカツ」 第4話 ネタバレ 感想~離婚届がモトカレの手に渡る!

スポンサーリンク

「誕生会が地獄絵図へ…全員離婚の結末は!?」

あらすじはコチラ→

一ノ瀬純(田辺桃子)は誕生日パーティーにおでんと筑前煮を持って登場。←令和のおでん女誕生
勝手に寝室に入って、自分対は毎日命がけで頑張っているが咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)に尽くすつもりがあるのかと詰め寄る。
そんな一ノ瀬が紘一が好きであることに気づいた咲の元カレである貴也(高橋光臣)。
不倫は妻から賠償請求される可能性がある辞めといた方が良いと忠告。
それでも「法律で人の心は縛れませんよね」と言い放つ、一ノ瀬!←さすが殺人未遂自衛官!
パーティの終盤、咲の父・水口 武史(平田 満)が花束を抱えてやってきた。
しかし母・美土里(三石琴乃)は離婚を発表。
客人が帰ったあと、美土里はバレバレの浮気をしてもパパは浮気を認めなかった。
それが先週(佐野史郎だったけど…)は認めた。
そして貯金も貯まった。
離婚する!と宣言。
とぼとぼと帰っていくパパ。
これくらいしないと別れられないのだとママ。



パパを追いかけた咲はパパが泣いているのを見てしまう。
み~~~んなが帰った後、咲は紘一に離婚って家族を傷つけると話す。
「君は 大丈夫か?
君も 傷ついたんじゃないのか?」
元々両親は自由だった。
家族は個人主義だった。
でもやっぱり寂しい。
「戻る家がなくなるって。
独りぼっちになっちゃった」
「もういい。離婚はやめよう。
君が傷つく姿をもう見たくない
君を1人にはしない」
抱き合う二人。

しかしその頃、青山 貴也(高橋光臣)は紘一の署名が入った離婚届を間違えて持ち帰っていた!



来週が気になる終わり方するよね~!!
しかも咲母はガンに罹患しているかもしれない。
てのがなぁ。
序盤の咲ママは空気が読めないし、咲のモトカレを咲の家に呼んじゃうし、まさかの誕生日パーティにも呼んじゃうし。
こんなオカン、絶対に無理!って思っていたけど、なんか可哀想になっちゃったよ。
いや・・・デリカシーはないよ?だけどそれより・・・。
・・・一ノ瀬 純(田辺桃子)、ヤバかったね!!
咲を山に置きざりにしたくせに「毎日命がけで頑張っている」って勝手に寝室に入って偉そうに妻に説教するかね?
しかも誕生日に煮物とか持ってくるかぁ?
「新婚みたいですね」
って気持ち悪いよ!!
これ、コメディだけど一ノ瀬だけサイコパスな気がする・・・。
「法律で人の心は縛れませんよね」
っておかしい。
来週は「何もかも捨てて紘一に尽くすつもりがあるのか!」と咲に詰め寄る。



ほんでモトカレが離婚届を手にしちゃう展開に驚き!
だいたいさ、家族ぐるみで5年も付き合っていたのに結婚しない青山ってさぁ。
しかも咲ママに呼ばれたからってパーティに出席するか?おかしいよねぇ?
ってか・・・咲と紘一以外・・・みんな腹立つわ!!

だけど・・・浮気したのは佐野史郎なのに責任をとる平田満さんも気の毒w
見た目は・・・めっちゃ無理してるけど、しゃべり方とか声とか佐野史郎さんに寄せてた気がします。ベテランはさすがだよ。

あぁ・・・しかし。
来週が気になるこの展開。
うまいわw



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:米津玄師「Pale Blue」

感想はコチラ
「リコカツ」 第1話 ネタバレ 感想~家族全員離婚となるか!?
「リコカツ」 第2話 ネタバレ 感想~女自衛官・リカ、それは犯罪。
「リコカツ」 第3話 ネタバレ 感想~妻を絞め落とすバッグハグ!
「リコカツ」 第5話 ネタバレ 感想~米津玄師タイムにハグしないなんて!
「リコカツ」 第6話 ネタバレ 感想~ホントに離婚しちゃったよ!
「リコカツ」 第7話 ネタバレ 感想~北川景子、争奪戦。元彼に小説家も参戦!
「リコカツ」 第8話 ネタバレ 感想~紘一も咲も嘘つき
「リコカツ」 第9話 ネタバレ 感想~キスしなくてもラブストーリーは作れる!
「リコカツ」 最終回 ネタバレ 感想~幸せな結婚生活も子育ても続編で見たい!
キャスト
緒原(水口) 咲(北川景子)
緒原 紘一(永山瑛太)
青山 貴也(高橋光臣)
水無月 連(白洲 迅)
三本木 なつみ(大野いと)
一ノ瀬 純(田辺桃子)
城木 里奈(中田クルミ)
大崎 哲郎(松永天馬)
立川 誠実(中山麻聖)
松山 あざみ(松川 星)
重森 敦(菅原卓磨)
早乙女 大(池田 大)
狩場 学(吉田涼哉)
谷 雅樹(柴田勇貴)
鹿浜 梓(夏野琴子)
鹿浜 楓(平岩 紙)
緒原 薫(宮崎美子)
緒原 正(酒向 芳)
水口 美土里(三石琴乃)
水口 武史(平田 満)

コメント

  1. saki より:

    4話目ってちょっとだれるのかなぁ…
    平田さんはさすがだと思ったけど、
    セレブキャラはちょっと合わないねぇ。
    これまでずっと保存してたんですが、
    白州くんのパワハラに、自衛隊の殺人者、KYなお母さん…ちょっとカオスで消してしまいました(笑)
    お母さんは思うことあってなので、胸が痛くなってきたけど。

    コミカルで進むと思いきや、米津で急にシリアスになる…「ずっと🎵」で抱き合うパートもあきてきたなぁ。

    いつも北川景子さんの服がかわゆい♥️
    そして号泣してもかわいい。

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      こういう平田さんは珍しいのでそこを楽しむことにしましたw
      ワタシ、平田満さん好きなんですよね~。
      小説家のパワハラってねぇ。
      あんまり白洲くんには似合わない役ですね、
      彼、あまり役に恵まれていないような気がしますが・・・。
      この手のドラマは最終的にみんな良い人になるんじゃないかなぁと。
      それでも自衛隊員は許せないですけどね。

      北川景子さん。
      ホントにお洋服が可愛いですよね。
      そしてまだ赤ちゃんが1歳を迎えてないってのに細い!!
      役者さんってスゴいなぁって思います

  2. なお より:

    こんにちは
    録画されてなくて見逃し配信で見ました。このドラマは1時間あっという間です。
    佐野さんが降板と知ってどうだろうーと思ったけどしゃべり方とか仕草は相当寄せてきてましたね(((^^;)
    自衛官女子は毎回ムカつきます。
    宮崎さんも戻ってきて次回も色々気になりすぎます。
    このドラマだけかなぁー続きがとても気になるのは。

    • tarotarotarotaro より:

      なおさんコメントありがとうございます。

      平田さん、やはり素晴らしいですね。
      自分が浮気したわけでもないのに責任をとらされるなんて、平田さんらしいし(爆)
      自衛官女子は上官であるのもなんか・・・ねぇ。
      宮崎さんは離婚を決意しましたよね。
      熟年離婚のほうは避けられないと思いますが・・・。
      どうでしょう?

  3. ジョセフィーヌ より:

    こんにちは。

    平田さん、チャラい役出来るのかと思ってましたけど、頑張ってましたね(笑)

    咲が文芸部に来た時、デスクに並べた文庫本に、「脳みそとアップルパイ」がありました。
    あー一般書から文庫になったんだな~と(笑)
    読みたかったな~。

    離婚を決意したママの気持ちわかりますが、ひとりで病に立ち向かうのは大変ですよ。
    何事もないといいですけど・・・

    しかし宮崎美子帰ってきましたね。
    何のために?
    来週が楽しみです。

    顔が良い、言われてみたいわ。

    • tarotarotarotaro より:

      ジョセフィーヌさん、コメントありがとうございます。

      平田さん、頑張ってますよね。
      セリフを覚えるのだって大変ですよね・・・。
      って素人に心配されなくても何十年もやってこられたんだから・・・アレですけど(笑)

      夫はいなくても娘がいればガンとは戦えるのでしょうか。
      しかし・・・あの夫ならいないほうが戦いやすいかもと思えます。
      宮崎さん、ちゃんと三行半をつきとけないと。
      書き置きだけじゃあの夫にはわからなさそうですもんね。