「リコカツ」 第3話 ネタバレ 感想~妻を絞め落とすバッグハグ!

スポンサーリンク

「うれし恥ずかし偽装の新婚旅行」

あらすじはコチラ→

紘一(瑛太)の母・薫(宮崎美子)が働く箱根の温泉旅館に行く咲(北川景子)を紘一。
紘一は薫の楽しそうに働く姿を見て落ち込む。
チェックアウトの後、咲に背中を押され、薫と話す。
父さんのことを嫌いになったわけではない。
ああ見えて優しいところもある。
でも・・・一人で生きて行くって決めた
自立した証にケジメをつけたかった
「ここでなんて呼ばれていると思う?
薫さんって呼ばれているの。」
ずっと妻でもなく母でもない一人の人間としての居場所がほしかった
これからは 本当の意味で自分の人生を生きていく
「私、今とっても楽しいの」
「まだ 納得はできません
けど、今の母さんすごくいい顔だ。
体に気をつけて頑張って!」



紘一は父に報告する。
父はまだ薫が帰ってくると信じている。
「もう戻りません。
母さんは今まで見たことないような生き生きした顔で働いていました。
自分は今の母さんの生き方を認めてあげたいと思います。」
と紘一が言うと怒り出す。
父は定年後に女房が出て行ったことで男としての恥であり、面目が保てないと思っていた。
今までの自分の人生が全て否定された!
「お前が説得しないからだ!
連れ戻せ!」
「やめてください!」
咲は紘一を責めないで欲しいという。
紘一は苦しんだ。
それでも楽しそうな義母を見て、見守ろうと決めた。
「お義父さんよりも紘一さんのほうがよっぽどお義母さんの気持ち分かろうとしてると思います
お義父さんとお義母さんが離婚したとしても息子の紘一さんはこんなに立派に成長したんです!
お義父さんの人生が否定されたことになんかなりません
人生をともに歩んできた奥さんが新しい道を歩きだしたんです
みんなで 一緒に応援しませんか?」
「もういい!帰れ!」



帰宅する二人。
咲は言いすぎたことを謝罪。
紘一が責められているのを見たらつい黙っていられなくなった。
「だって私まだあなたの妻だから」
紘一が咲をバックハグ。
咲は紘一が咲と結婚した理由を義母から聞いていた。
紘一の仕事は命がけ。
でもそれでも救えない命もたくさんある。
だから、咲を救えたときは嬉しく、生きててくれてホントによかったって喜んでいた。
助かったとたんに泣き出した咲。ホッとして笑った咲。
その笑顔を見て、この人を守るためにこの仕事に就いたと思えたらしい。
そんなことを思い出した咲は紘一に向き合い、二人は抱き合う。
家のリビングに入ると・・・モトカレ青山 貴也(高橋光臣)がいた!!!



新婦を絞め落とそうとするようなバックハグ
新郎が自衛隊だとこんなことになるのか!!
今日も米津玄師が流れてきたら・・・抱き合う二人。
この二人、ホントに離婚する気があるのか!?

モトカレがリビングってことは弁護士に相談したんだな、咲ママ。
そうそう咲パパは紘一パパと酒を酌み交わしていた。
妻に逃げられた同士。

しかし咲の家族はみんなグイグイ遠慮ないなぁ~。
咲姉の娘(咲の姪っ子)はホテルにいたり、咲の家に来たり・・・学校はどうしてんだろ?

紘一パパに新しい趣味か没頭できるものを見つけなければ、すぐにボケそうな気がするなぁ。
まぁ、ちょっとは落ち込むだろうけど。
母が生き生きしていた!なんて聞かされたらね。
だけど、ちょっと落ち込んだら一人で生きて行かなきゃ。

咲パパはどうでも良いw
浮気癖が治らない人は少なからずいるんでしょう。
もうそれは治らないので離婚しかない。



で、モトカレね!
モトカレ・・・紘一とも面識があるし、咲のモトカレだと知ったら・・・青山(高橋光臣)が咲に未練があることも知っているし・・・。
修羅場になりそう!

で・・・あの女自衛官!!
紘一狙い!
今日はキッパリ紘一が断ってくれたけど、ああいう女心・・・わからんわ。
いくら好きだったとしても結婚したら。。。諦めろよ。

なんて文句も言いつつ、面白いわ~。
今期ラブコメが多いが、コレが一番王道で面白いな~。
きちんとキュンキュンポイントを押さえている。
瑛太が北川景子と結婚した理由にもなるほどなぁと思いつつ。
お互い・・・美男美女だからよねぇというツッコミも入れておくw



「レンアイ漫画家」よりも「恋はDeepに」よりもずっとラブコメしてんなぁ。
それでいて結婚生活まで切り込む。
女自衛官と佐野史郎には今のところ同情の余地はないが、他の登場人物はみんな・・・なんか哀愁あるんだよなぁ。
みんな一生懸命だしさ。
北川景子のお仕事があまり上手くいっていないのも気になる・・・。
文芸部に配属になり小説家(白洲)ともなんかありそう・・・。
とにかく安定感半端ない。
ずっと面白いじゃん!!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:米津玄師「Pale Blue」

感想はコチラ
「リコカツ」 第1話 ネタバレ 感想~家族全員離婚となるか!?
「リコカツ」 第2話 ネタバレ 感想~女自衛官・リカ、それは犯罪。
「リコカツ」 第4話 ネタバレ 感想~離婚届がモトカレの手に渡る!
「リコカツ」 第5話 ネタバレ 感想~米津玄師タイムにハグしないなんて!
「リコカツ」 第6話 ネタバレ 感想~ホントに離婚しちゃったよ!
「リコカツ」 第7話 ネタバレ 感想~北川景子、争奪戦。元彼に小説家も参戦!
「リコカツ」 第8話 ネタバレ 感想~紘一も咲も嘘つき
「リコカツ」 第9話 ネタバレ 感想~キスしなくてもラブストーリーは作れる!
「リコカツ」 最終回 ネタバレ 感想~幸せな結婚生活も子育ても続編で見たい!
キャスト
緒原(水口) 咲(北川景子)
緒原 紘一(永山瑛太)
青山 貴也(高橋光臣)
水無月 連(白洲 迅)
三本木 なつみ(大野いと)
一ノ瀬 純(田辺桃子)
城木 里奈(中田クルミ)
大崎 哲郎(松永天馬)
立川 誠実(中山麻聖)
松山 あざみ(松川 星)
重森 敦(菅原卓磨)
早乙女 大(池田 大)
狩場 学(吉田涼哉)
谷 雅樹(柴田勇貴)
鹿浜 梓(夏野琴子)
鹿浜 楓(平岩 紙)
緒原 薫(宮崎美子)
緒原 正(酒向 芳)
水口 美土里(三石琴乃)
水口 武史(佐野史郎)
中谷 ユミ(武田玲奈/第1話ゲスト)

コメント

  1. saki より:

    めちゃめちゃ面白いですよねー。
    瑛大のドラマって、たぶん初めて観ました。いいキャラ。
    一人一人も描けていて、ナイス脚本❗
    平岩さんの旦那さんは、出てきてたっけ?この人もリコカツ?
    いやはや金曜日楽しみだわ。

    ただ…米津が合わないよね。
    lemonはよかったけど、いつもクライマックスでかかるから「ちょ、うるさいから黙って」って言いたくなる。

    • tarotarotarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      瑛太、はっちゃけてますよねぇ。
      番宣でもこの調子で面白かったdeath。

      平岩さんの夫が・・・謎なんですよねぇ。
      まだ出てこないです。多分。

      米津の歌とこのドラマはなんとなく違うような気もしますが、この枠、米津さんが主題歌をすると・・・ハズレなしですねぇ。