「レッドアイズ」 最終話 ネタバレ 感想~続編するなら映画はやめてね

スポンサーリンク

監視捜査班

あらすじはコチラ→公式サイト

小牧(松村北斗)は小遣い稼ぎのために個人情報を売っていた。
その中には伏見(亀梨和也)の婚約者・美保(小野ゆり子)の情報もあった。
そのせいで美保は殺害された。
刑務所で伏見と小牧が会ったのは偶然だった。
「レッドアイズ」 第8話「レッドアイズ」 第9話からの流れで、こっそりと真弓(TAK∴)に協力しないと伏見に美保の情報を売ったことを話すと脅されていた小牧。

“ブルーブラッドリスト”を手に入れた島原(松下奈緒)。
下関大臣の息子・悟(佐久本宝)の事件に目をつけた。
悟はイジメ加害者(イジメってか暴行やけどな!)で、それを知った大臣息子の担任・鳥羽梓(磯山さやか)が学校に報告。
しかし隠蔽。
その後、大臣息子は鳥羽梓教師を暴行。
防犯カメラの映像にしっかり残されていたが、その映像が無くなってしまう。
その後、鳥羽梓は自殺。
伏見の婚約者・美保は週刊誌の記者だった。



入院していた小牧が真弓に誘拐された。
真弓は下関大臣退院の会見で伏見に手伝って欲しいことがあると言い出す。
伏見は小牧を助けるために真弓の指示通り、下関大臣を襲撃。
乱闘の末下関大臣の秘書で息子の悟と刑事部長・奥州寛治(矢島健一)を連れ去る。
その最中、姉川保(長田成哉)が警察内の内通者だとわかる。←唐突ですが
姉川は長久手の足を撃ったり、長久手を撃とうとした真弓一味から守ったりと忙しい立ち位置。
鳥羽(高嶋政伸)のアジトにやってきたとたんに、真弓にスタンガンをつきつけられ、湊川(シシド・カフカ)とともに拘束される。
その様子はネット配信された。
目を覚ました伏見は真弓と乱闘につぐ乱闘。

その間に鳥羽は下関悟に問い詰める。
「鳥羽梓を殺したのは誰だ」
悟の担任教師は高嶋政伸の妻だった。
悟はバカなので高嶋政伸の怒りを買うことばかり言ってすぐさま射殺された。
刑事部長の奥州寛治(矢島健一)は証拠隠滅をしたことを全て認め、上からの指示だったとのたまう。
結局何度も撃たれてしまう。
次は湊川。
湊川を殺害し、伏見の怒りを増幅させ対決することが楽しみなのだ。
しかし寸前で真弓を倒した伏見がやってきた。
真弓は傭兵をしていた影響かPTSDになり薬が手放せない。
その薬は湊川の機転により抜き取られていた。
なので真弓を倒せた伏見。
高嶋政伸に馬乗りになりクビを絞めた。



高嶋政伸は美保を殺した時に、新しい快楽を手に入れた。
KSBCに伏見が参加することでワクワクした。
自分の感情に素直になり殺害をすることでの快楽。
伏見の中の怪物が全力で自分を殺しに来るこんなスリリングな楽しみは無い
高嶋政伸が美保を殺したのは、妻を陥れる記事を書いたのが結城美保だったからだ。
刑事部長・奥州は、美保の上司に梓を陥れる記事掲載を依頼。
梓の上司は
「これは県警の上層部からの指示だ。
断れば、恋人にも影響がでる」
と脅された美保は渋々書いてしまった。
伏見に首を締められても話す高嶋政伸。
「あの死に際の絶望に満ちた目。あの目を見た時、私の中の怪物が目覚めた。
あの女は私に殺されるために生まれたんだ!」
クビを絞める手に力がこもる伏見。
小牧は長篠文香(趣里)に依頼し、美保の肉声を流して貰う。
妊娠していた美保は伏見に報告するために練習をしていてそれを録音していた。
正気に戻った伏見は殺すことをやめた。

高嶋政伸は逮捕され、KSBCは解散することとなった。
ブラックリストの入っていた事件は20件。
また洗い直すことになる。
伏見らはもとの探偵事務所で浮気調査。

島原は妹・はるか(髙橋ひかる)と和解したはずだった。
しかし・・・・はるかの持つバッグには鳥羽のマークのキーホルダーがあった。



自分のブログを「サイコパス」で検索したところ、「ボイス 110緊急指令室」最終回「あなたの番です」最終回などなど・・・まぁ、けっこうたくさんヒットする日テレ系のドラマ。
それに「TWO WEEKS」最終回の高嶋政伸w
・・・・このテレビ局で高嶋政伸が登場したときからサイコパスであることは必然だったんだねぇ(苦笑)
「ボイス」の二番煎じでいこうと決めた時から、黒幕はサイコパスと決まっていたのかもしれないね。
ボイスの最終回でも書いたけれど、サイコパスが黒幕だとなんでもありで、しかも日テレだと食傷気味だな。

内通者・・・ねぇ。
姉川だったんだねぇ。
しかしKSBCの人ではないのに、どうやって情報をとっていたんだろう?
長久手と姉川って刑事だったりSPみたいな仕事したり・・・KSBCの内通者になったり、なんだろう。
すごく雑な仕事内容だったんだなぁ。



刑事部長はなんで高嶋政伸と知り合いやったんやろうか。
高嶋政伸が近づいたんでしょうか。
快楽殺人と言われてしまったら、もうしょうが無いよねぇ。
で、みんなを洗脳する力はあったのね高嶋政伸は。
一番可哀想なのは高嶋政伸の妻だったね。

回りくどく伏見の中の悪魔を呼び起こし、最後には自分を殺させたい。
そんなとこでしょうか。
それにしても悟はアッサリ殺されたね。
あの状況で、銃口を向けられているのに、謝罪もせずに居直るってバカだな。
刑事部長もアホボンには「何も言うな!」って言っていたのに、自分の事はペラペラ喋って、足を撃たれてすぐに殺害されるとか。
刑事部長のくせにアホだ。

高嶋政伸は極刑なんでしょうが
で・・・あのダサいマークな!!!
監禁部屋?のマークも一段とダサい。
デカいとダサさが炸裂!
その上、ラストシーンでは島原の妹・はるかがあのダサいマークのキーホルダーをバッグにつけてたぞ。
まさかのグッズ展開!!!!
続編あるってこと?←映画はやめてね。
ってか、高嶋政伸が極刑になったとしてもあのマークとともに快楽殺人希望者は何人もいるってことだと続編は作りやすいよねぇ。
だけど退場する前にあのダサいマークの意味を是非とも高嶋政伸先生に解説してほしかったなぁ。



なんだかんだと言うとりますが、「ボイス」にくらべりゃ、数段楽しかったし、面白かったよ。
つっこんで見るのにちょうどよかったし、アクションシーンは感心させられたし。
なんかまぁ、ツッコミどころがあるけど、アクションで浄化してくれるみたいなw
真弓役の坂口さんはスゴかったしねぇ。
役の名前が「戦」の地名だったのはアクションシーンが多いから?
なぜラッパーが多いの?
ま、なぞはなぞのままで、それで良いw
ま・・・なんだかんだで土曜日の夜にはちょうど良いドラマだったな!





にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

感想はコチラ
「レッドアイズ」 第1話 ネタバレ 感想 ~ボイスと似てるに10万点
「レッドアイズ」 第2話 ネタバレ 感想~先週から忍成修吾が犯人だと思ってたよ!
「レッドアイズ」 第3話 ネタバレ 感想 ~笠原秀幸が犯人じゃなかった!!!
「レッドアイズ」 第4話 ネタバレ 感想 ~まさかの新キャラ高嶋政伸登場
「レッドアイズ」 第5話 ネタバレ 感想 ~趣里ちゃんの熱演
「レッドアイズ」 第6話 ネタバレ 感想~小出しの高嶋政伸が気になる
「レッドアイズ」 第7話 ネタバレ 感想 ~主人公が拉致されすぎ・・
「レッドアイズ」 第8話 ネタバレ 感想 ~KSBC内部に内通者がいる!
「レッドアイズ」 第9話 ネタバレ感想~小牧、逃走!他にも内通者がいる?
主題歌:「Roar」KAT-TUN

出演
伏見響介(亀梨和也)
島原由梨(松下奈緒)
長篠文香(趣里)
湊川由美子(シシド・カフカ)
小牧要(松村北斗/SixTONES)
山崎辰二郎(木村祐一)
大塩はるか(髙橋ひかる)
結城美保 (小野ゆり子)
「青いコート」を着た人物 (輪入道)
長久手智亮 (川瀬陽太)
姉川保(長田成哉)
奥州寛治(矢島健一)
鳥羽和樹 (高嶋政伸)

コメント