「昭和元禄落語心中」第1話 ネタバレ感想~岡田将生の美しい声

スポンサーリンク

「約束」

原作はコチラ

「昭和元禄落語心中」雲田はるこ
アニメはコチラ
https://affiliate.rakuten.co.jp/link/pc/item?me_id=1213310&item_id=17731083&me_url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13528773%2F&me_img_src=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7259%2F4988003837259.jpg&goods_name=%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%85%83%E7%A6%84%E8%90%BD%E8%AA%9E%E5%BF%83%E4%B8%AD+%E4%BA%94%E3%80%90%E5%88%9D%E5%9B%9E%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91%E3%80%90Blu-ray%E3%80%91+%5B+%E7%9F%B3%E7%94%B0%E5%BD%B0+%5D&mitem_flg=1&price=6500&tax_flg=0&postage_flg=0&change_flg=0

あらすじはコチラ→

落語家・有楽亭八雲(岡田将生)に弟子入りをした刑務所帰りの青年・与太郎(竜星涼)。
しかし八雲はまったく落語を教えてくれない。
代わりに養女・小夏(成海璃子)が与太郎に落語の稽古をする。
実の父である助六(山崎育三郎)の落語が大好きな小夏が教える落語はもちろん助六のもの・・・。

それでも八雲は与太郎を「前座」した。
そんなとき八雲の独演会で出演することになった与太郎。
寝ずに稽古をしていた与太郎は、集中力がきれ、ダダ滑り。
その上、落語は助六のものだった。

寝不足の与太郎は、八雲の出番の間、眠ってしまい「破門」されてしまう。

必死に食い下がる与太郎に八雲は、三つの約束をしろと言う。

1番目は、”二つ目”までは面倒をみる。
そして八雲とと助六の落語を覚えろ

2番目は、助六と約束「落語の生き延びる道を作ろう」
と約束していた。
この穴をうめろ

3番目は八雲より先に死なねぇこと

そして八雲の思い出話が始まる・・。



上方落語は聞くワタシですが、関東の落語はほとんど聞いたことがない。
関東の人が関西弁が怖いっていうけれど、ワタシはべらんめぇ口調が怖いw

老けメイクでも男前な岡田将生。
老けメイクはバッチリだったけれど、綺麗な声だなぁ。
老けた声を出すのって難しいのかもな。
役者を変えるわけにもいかなかったのかしら。
それはそれで違和感だけど。

ベテラン噺家の声にしては、美声すぎる。
そして老けメイクをしても肌が綺麗すぎる!
岡田将生の容姿が邪魔する役柄だねぇ。

竜星涼は滑舌がよく、聞きやすい。
そして演技力もある。
彼は役にも恵まれていると思うな~。

来週は思い出話かしら?
最後には山崎育三郎と芸者が心中した話もあり?
じゃ、老けメイクはなしかなぁ?

篠井さんもハゲヅラではなく、普通の髪の毛にもどるのかしらw
篠井さんのヅラはコントっぽっかったよw



にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
応援していただけると嬉しいです。

感想はコチラ

主題歌:ゆず「マボロシ」

キャスト
八代目・有楽亭八雲
(菊比古)……岡田将生
有楽亭与太郎…竜星涼
小夏……………成海璃子
みよ吉…………大政絢
有楽亭助六
(初太郎)……山崎育三郎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加