「ラジエーションハウスⅡ」 第2話 ネタバレ 感想~主治医はどこ?

スポンサーリンク

「陸上界の天才少年に悲劇」

原作はコチラ

「ラジエーションハウス」原作:横幕智裕 漫画:モリタイシ

あらすじはコチラ→

検査の結果、小学生・速川走太(長野蒼大)は手術をすればてんかんは治るかもしれないが、左足の機能は失うことになるかもしれないことがわかる。
父の一郎(眞島秀和)は手術を拒否。
五十嵐(窪田正孝)は、手術をしなければ認知機能が低下し、高次機能障害を引き起こす可能性があるという。
それで良いのかと甘春杏(本田翼)に聞くが、何も答えられない甘春。←きちんと高次機能障害のことをご両親に話したのか?
広瀬裕乃(広瀬アリス)は左足が動かなければ今まで頑張ってきた陸上が出来なくなるのが可哀想だという意見。
しかし走太は再び発作で運ばれてきた。
もうてんかん治療薬は効かないのではないか。
きちんと本人に治療法を話したほうが良いのかという五十嵐に、甘春は子供の人生に責任を持てるのは親だけだと突っぱねる。
五十嵐はきちんと治療法を説明することができるのは我々だけだと反論。

患者・柳田哲平(きたろう)をウザがっていた広瀬だが、きたろうはやっぱり大変な病気でそれをみっけたのは五十嵐。
きたろうに謝罪した広瀬。
きたろうからチンパンジーが歯を見せて笑っているように見えることがあるが、これは英語で「グリマス」チンパンジーが恐がっている時の顔だと聞いた広瀬は、走太くんもそうかもしれない。
両親が一番息子のことを分かっていると思っていたが、周りに見せる顔と心の中は違うのかもしれないと考えた。

もう一度両親を説得するため広瀬も来て欲しいと甘春。
広瀬はてんかん発作を治すために大人でも怖がることのある検査を一生懸命受けていた走太に手術のことを聞いて欲しいと懇願。
甘春も、体が違えば心が違うと説得。
その話を聞いていた走太の妹・花恋(白鳥玉季)は「お父さんはいつも命令ばっかりでお兄ちゃんの気持ちなんて分かっていない」と呟く。
そんな時、また走太をてんかん発作が襲う。



発作が治まった走太に母がてんかん手術のことを話す。
そこに五十嵐が入ってきた。
てんかんは発作が起きる度に呼吸がとまって目の前が真っ黒になり死の恐怖を味わう。
発作が起きていない間も次にまた起きたらどうしようと考え怖くなる。
「その怖さはね君にしかわからない
陸上を頑張りたいって気持ちも走太くんにしかわからない
だからどうしたいか、自分で決めていいと思う」
「本当の気持ちを聞かせて」
と広瀬
「僕はてんかんを治したい
どんなに努力したってどうすることも出来ない
自分で治す事ができない
ごめんねお父さん
お父さんの夢を叶えることができなくて」

技師たちは走太の脳のレントゲン写真をきれ~~~~いに撮ったので手術がしやすいらしい。←雑な説明ですんません
広瀬は五十嵐にきたろうの検査の件の礼を言う。
五十嵐は広瀬が走太やその両親の気持ちを考えることが出来たのは広瀬だからで、自分は両親を怒らせることばかりしてしまったと反省していた。

その頃・・・辻村駿太郎(鈴木伸之)は甘春に告白していた。



てんかんの薬が効かない時点で医者は他の治療法をアプローチしなければいけないんじゃないの?
手術をしなければ高機能障害になって認知機能が低下するかも知れないってこともご両親には伝えたのか?
あまりにも陸上陸上で走太の気持ちを考えずに断っていた父親だけど、認知機能障害のことを知ればもっと考えたり、もっと質問したり・・・ってことがあったかも知れないのに。
しかも両親を説得するのに広瀬を使うのも・・・。
なぜ医者が言わないんだ!
って思うけど・・・これがラジエーションハウスだった。
走太くんの主治医は一体何をしているのか。

きたろうの検査に関しても・・・なんで看護師と技師が対応してんだろう。
検査をして欲しいならまずは医師に・・・じゃね?
だけど・・・これがラジエーションハウスなのだ。

走太くんはお父さんに命令されて、自分の夢は陸上!なんて思っていたけど、ホントは違った。
てんかんって持病を持っているのに、陸上をさせるのはある意味虐待。
お父さんばかりが悪いみたいだけど、お母さんもどうだろう・・・。
兄ちゃんに寄り添っていた妹ちゃんだけが・・。
妹ちゃんもいつでも陸上辞めていいんだからね!って言ってあげたい。



にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

感想コチラ
「ラジエーションハウスⅡ」 第1話 ネタバレ 感想~ラストはエロと暴力
「ラジエーションハウスⅡ」 第3話 ネタバレ 感想~不調なら病院へ行こう!!
CAST
五十嵐唯織(窪田正孝)
甘春杏(本田翼)
広瀬裕乃(広瀬アリス)
軒下五郎(浜野謙太)
威能圭(丸山智己)
悠木倫(矢野聖人)
黒羽たまき(山口紗弥加)
小野寺俊夫(遠藤憲一)
辻村駿太郎(鈴木伸之)
鏑木安富(浅野和之)
田中福男(八嶋智人)
灰島将人(髙嶋 政宏)
大森渚(和久井映見)

シーズン1の感想はコチラ
「ラジエーションハウス」第1話ネタバレ感想~医師免許を持つ放射線技師は無双。
「ラジエーションハウス」第2話ネタバレ感想~2話目にしてワンパターンだと思ってしまうあたり・・。
「ラジエーションハウス」第3話ネタバレ感想~恋愛ターンが邪魔かも。
「ラジエーションハウス」第4話ネタバレ感想~広瀬アリスのPV
「ラジエーションハウス」第5話ネタバレ感想~刑事並の推理力
「ラジエーションハウス」第6話ネタバレ感想~手が震える本田翼ちゃんに震えた。
「ラジエーションハウス」第7話ネタバレ感想~技師が診断しちゃったよ・・・。
「ラジエーションハウス」第8話ネタバレ感想~窪田君の腕の筋を拝めたらそれで良い。
「ラジエーションハウス」第9話ネタバレ感想~ガンを見つけられなかった病院で治療するのは嫌だ。
「ラジエーションハウス」第10話ネタバレ感想~鏑木先生は天才
「ラジエーションハウス」最終回(第11話)ネタバレ感想~続編はなくても良い。
「ラジエーションハウス」特別編ネタバレ感想~全話見た視聴者をバカにした回想シーンの多さ。

コメント