「科捜研の女 season17」最終回(第18話) ネタバレ 感想~祝☆誰も卒業しなかった。

スポンサーリンク

最終回2時間スペシャルスペシャル 「取調室の怪人」

あらすじはコチラ→

現金輸送車が3人組に襲撃される事件が発生した。
犯人は事前に警備室に潜入、警備会社の鍋谷亮次(三村晃弘)を脅し、すべてのセキュリティシステムを解除。
さらに周辺の防犯カメラを避けるように逃走していた。

所轄署が拘束した指紋のない男(近藤正臣)がマリコをご指名。
男は、40年前に殺害された左翼運動の天才活動家・朽木政一(近藤正臣)であることがわかった。
1970年ごろから学生運動のトップに立ち、女性活動家の畑山里江子と結婚。
弟の朽木武二も仲間に引き入れ、勢力を拡大していったが、40年前の捜査では殺害犯を弟の武二と断定していた。
近藤正臣が拘束されるまでの足取りを解明し、現金輸送車を襲撃したグループのアジトにいたことを立証する。
そしてそのアジトから、犯人たちが南米のルベルタ共和国の副大統領夫妻の暗殺を計画していたことがわかる。
その暗殺計画のリーダーに近藤正臣の部下だった繁森光之(西岡德馬)の名前が浮上していた。
近藤正臣は、西岡徳馬の仲間ではないが、マリコと協力すれば、未然に暗殺計画を防ぐ事ができるという。




現金輸送車襲撃には警備会社の鍋谷亮次が関わっていた。
しかし、鍋谷が刺殺される。
鍋谷のパソコンから爆弾の設計図があった。
そして鍋谷は武器の調達を請け負っていた。
ほどなく現金輸送車を襲撃したのは、現金が目的ではなく、アクセスカードが目的だったとわかる。
そのカードがあれば、副大統領がシェルターとして使うホテルのセキュリティシステムを解除できる。
西岡徳馬の計画通り、副大統領の近くで小さな爆発を起こし、副大統領夫妻をホテルに追い込む。
しかし暗殺計画は失敗。
西岡徳馬以外の2人の犯人を逮捕。
鍋谷の殺害を供述。
しかし、西岡徳馬は逃げた。
近藤正臣も警察から逃走。

西岡徳馬、撲殺遺体がみつかる。

西岡徳馬は死亡する前に鍵を飲んでいた。
その鍵は銀行の貸し金庫のもので、その中には40年前の事件で使われたナイフがあった。
近藤正臣は、西岡徳馬のことを熟知していた。
肝心の暗殺計画だけは掴みかねていた。
同時に細んでいたアジトを割り出させ、マリコに情報の取引を持ちかけた。
近藤正臣は西岡徳馬の逮捕だけは避けたかった。





40年前近藤正臣の弟を殺害したのは、副大統領夫人・かたせ梨乃

かたせ梨乃は近藤正臣の妻だった。
弟に殴り殺されそうになった近藤正臣を助けるために弟を刺したかたせ梨乃。
その場から逃げる二人。
西岡徳馬はその様子を一部始終見ていた。
近藤正臣が生きている限り、リーダーになれない。
そう思った西岡徳馬が近藤正臣が死んだように偽装し、現場を焼いた。
かたせ梨乃を国外に逃亡させ、日系三世として南米のルベルタ共和国で生きていた。

近藤正臣は西岡徳馬を殺害した罪で逮捕されるが、かたせ梨乃だけは守ったはずだった。
しかしかたせ梨乃は帰国していなかった。
とりあえず外務省の預かりとなる。

見逃したドラマがあるかも?

大物ゲスト三人(近藤正臣、西岡徳馬、かたせ梨乃)が三人とも殺人犯だったねぇ。
近藤正臣さんは大好きなので、見応えがあったわ。
西岡徳馬さんもバイクに跨って、まだ「革命!」と言っているのも元気でよろしいw

暗殺とか国家とか革命とか・・・でも科捜研らしいストーリー。
本部長のカッコイイ決断があったり、蒲原くんのいきなりのアクションシーンに驚いたり、主演の捜査位置課長の撮影が忙しいのか、土門さんの出番が極端に少なかったり・・・。
これも通常運転かなぁ。
土門さん、科捜研の最後は忙しそうだもんねw
そうそう、中川大志くんも先週の先輩のフォローをしにブッラク職場にやってきたねぇ。
人手不足だからではなく、中川大志にしかできない捜査だったんだろうか。
個人情報が漏洩しないように、所長が中川くんに張り付いていたので、人手不足解決にはならんよね(苦笑)
卒業する人はいなかった!
良かった!!←勝手にワタシが心配していただけ。
土門さん、殉職・・みたいな予告なかったっけ??

4月からは一課長に昇進する土門さん。
元娘(安達祐実)とともに頑張って。
マリコさん、半年後、会いましょう。

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
主題歌はコチラ

井上実優『この空の果て』
キャスト
榊 マリコ…沢口靖子
土門 薫……内藤剛志
風丘早月……若村麻由美
宇佐見裕也…風間トオル
藤倉甚一……金田明夫
日野和正……斉藤 暁
橋口呂太……渡部 秀
涌田亜美……山本ひかる
佐伯志信……西田 健
蒲原勇樹……石井一彰

ゲスト
近藤正臣、西岡德馬、かたせ梨乃、中川大志 ほか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. saki より:

    こんにちはー。

    安定の最終回でしたね。

    つい最近録画してたキャサリンを見たばかりだったんで、
    かたせさん&私の徳馬さんコンビがなんか嬉しかったー。
    日本に何人いる?狩屋警部w。

    70過ぎで革命ーも面白かった。
    手下はただのバイト?
    やっぱり革命の意思を次ぐ人じゃないと、任せられないよねぇ。

    それにしてもマリコ&風丘先生の美しいこと。努力はされてるだろうけど、堀ちえみ的なアンチエイジングでもなく(笑)
    あの路線は目指したいですねー。

    内藤さん連投ですね。
    またまた十津川三時間やるらしいし(たぶん見ない)、
    レンレンの例もあるので、オーバーワーク気を付けてほしいな。
    毎週日曜日は名古屋で生放送やってるし…。

    • tarotaro より:

      sakiさん、コメントありがとうございます。

      そうだ。
      キャサリンコンビでしたね!
      今回も結ばれず、悲恋w
      内藤さんは狩屋警部はやってませんでしたっけ?
      内藤さんならもうなんでも演じているイメージですがww。

      70過ぎで革命って、いくつまで生きるつもりなんでしょう(爆)
      手下も革命派なんでしょうねぇ。
      潜伏しながらも匿う人や資金を提供する人はいるんでしょうけど・・・。

      マリコ&風丘先生のツーショットは50代に見えないですよねぇ。
      そうそう。作られたアンチエイジングではないんですよねぇ。
      堀ちえみもですが松本伊代も・・・・必死なのはわかるけれど不自然さはある。

      十津川三時間またやるんですか・・・。
      せめて二時間にしてほしいw
      名古屋で生放送ってのもスゴイです。
      若く見えても還暦は過ぎているし、走るシーンはヒヤヒヤします。
      でも・・・お仕事は断らない主義って言っておられたので、依頼があるものは請け負うんでしょうねぇ。
      たくさんシリーズも持っておられるので心配ですよね。

  2. ぽんぬふ より:

    tarotaroさん、こんにちは。
    近藤正臣、西岡徳馬、かたせ梨乃と最終回2時間SPにふさわしい豪華ゲスト!
    「星の王子さま」と絡めた脚本も素晴らしかったです。
    西岡徳馬がマリコや土門さんと会うことなく殺されてしまったのは意外でした。
    サトエ夫人(里江子)が絵馬に文字を書いているシーンは「かたせ梨乃って左利きなんだ」と思って見てましたがまさか40年前の犯人に繋がる情報だったとは。油断してました(笑)
    朽木は終始人を食った態度かと思ったら一瞬だけ表情が変わったり、最後に里江子と対面したときにやっと見えた人間らしい姿と、近藤正臣は人を惹きつける演技が上手い。
    手錠をかけられていながら頭を通して里江子を抱きしめるシーンも良かったです。
    副大統領は結婚する前にサトエ夫人の素性を詳細に調べていなかったのでしょうかw

    中川大志はちょくちょく出てくるんですかね。せっかくの戦力なので科捜研としては今後もぜひ協力してほしいメンバー。
    今回は差し入れを持ってきたらマリコに無茶ぶりのDNA鑑定を押しつけられた風丘先生の「会話にならん!」と、それに巻き込まれた宇佐見さんの戸惑う表情がツボでした(笑)
    安定したドラマなのでまた次シリーズが楽しみです!

    • tarotaro より:

      ぽんぬふさん、コメントありがとうございます。

      豪華ゲストでしたね。
      少し年配でしたが、みんなお元気そうでした。
      近藤さんの声と雰囲気で「星の王子さま」を語られるのって、中々良いもんですよね。
      あっけなく西岡徳馬が殺されましたが、2時間スペシャルでなければ、この役はビッグネームではない人が演じていたんでしょうね。
      殺されるとは思ってもいなかったです。
      絵馬に文字を書いているシーンはちょっとおかしいと思っていました。
      かたせ梨乃のペンの持ち方が独特で・・・・。
      近藤正臣さんが犯人を演じる貴重な作品でしたね。
      悪役は見たことがあるのですが、何を演じても素晴らしいです。
      むか~し、「テレビ探偵団」なんかで、ピアノを足で弾くシーンが強烈だったので、最近まであんなに色っぽい関西弁をお話しになる俳優さんだと知らなかったのが悔やまれます。
      そうそう副大統領は妻の身辺調査をしないんですかね?
      日本でも・・・以下自粛。
      中川大志くんは成長期なのか、コロコロ印象が変わります。
      ブレイクしているのかしていないのかよくわからないポジションにいるので、いつまでこのドラマに出てくれるのかわかんないんですが・・・。
      時々スペシャルで出てくれるといいですね。
      今回、誰も卒業しませんでしたが、相馬くんのように新シリーズの初回で卒業ってこともあるのでどうなるんでしょうかw