『わろてんか』第111回 感想~キース・アサリのネタは一つ。

スポンサーリンク

第111回(第20週)「ボンのご乱心」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

風太はキースとアサリのコンビ解散を決めた。
東京での漫才人気を盛り上げるため、アサリを大阪に置き、キースを東京に送り込んで、それぞれ新しい相方と漫才をさせようというアイデアだった。
伊能様の助言で、籐吉が生きていたら風太のようにキース・アサリを解散させたかも・・・。←伊能様の言うことなら素直に聞くのね。

キース・アサリの最後の高座。

何年同じネタやっとんねん
そら、漫才の火も消えるわ!!




んな、アホな。
風太の計算、ちょっ~っと短絡的すぎない?

キース・アサリを東京に進出させて、リリコア~ンドシローを大阪に置けばいいだけよね。
たま~に東西入れ替えればエエし。
もしくは、東京で新しいコンビを発掘すればエエねん。
風太が東京に行けばエエやん。
キース・アサリをコンビ別れさせないといけないのはわかるけれど、もうちょっとマシなエピソードを考えられないものか。
百年先の漫才より、今日明日のことを考えて~。

で、隼也は、伊能の下で最新のエンターテインメントを学ぶことにする。
宛名書きやけど・・・。
驚いたことに、成田凌と高橋一生が並んでも、そう変わらない年齢に感じる。
もう少しフレッシュな息子が良かった。
にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けると嬉しいです。

「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん++++葵わかな
北村藤吉++++松坂桃李
武井風太++++濱田岳
伊能栞++++++高橋一生
北村隼也++++成田凌
トキ++++++++徳永えり
秦野リリコ++広瀬アリス
キース++++++大野拓朗
アサリ++++++前野朋哉
万丈目吉蔵++藤井隆
万丈目歌子++枝元萌
杉田楓++++++岡本玲
川上四郎++++松尾諭
亀井庄助++++内場勝則
藤岡りん++++堀田真由
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加