『わろてんか』第102回 感想~オッサン隼也がチャラい

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第102回 (第18週)「最高のコンビ」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

そこへアメリカから帰国したてんの息子・隼也(成田凌)も加わり、コンビ名や衣装の決定などに思いもよらぬセンスの良さを発揮して、てんは息子の成長を感じて嬉しくなる。

ミスリリコアンドシロー

ミスリリコアン・ドシロー?

どっちか知らんけど、コンビ名が決定。

衣装も隼也の言うとおり決定。

漫才や歌の稽古を始めたリリコと四郎だが、二人の息が合わず意見が対立し、ついには罵り合いとなって早くも解散の危機が訪れる。

心が折れるてんは、仏壇の前で思い悩んでいると籐吉の幽霊が登場!!

朝ドラ名物死んだ夫の幽霊登場。
それはまた明日の話で、今日はオッサン隼也。
「あんた、若い頃のお父ちゃんに似てはる。」
と喜ぶてんだけど・・・。

せっかく籐吉が退場したのに、チャラい隼也が登場。
しかもボソボソ喋りも受け継いでいて、何言うてるのかわからん。

隼也、アメリカで整形したのかなぁ~。←違う。
めっちゃオッサンやなぁ。
てんと並ぶとオッサン度が増す。
前の子もパッとしなかったけれど、わざわざこの短期間に役者を交代させる必要もなかったと思う。
成田凌くんのお芝居がどうとかではなく、見た目がもう・・・。
風太より老けてるで!

ミスリリコ アン・シローねぇ。
キース・アサリに乙女組。
解散危機しかやることないもんねぇ。
シローの滑舌が悪いなら、全部アコーディオンで返事したらええねん。
リリコも謝るくらいなら、偉そうにすんなよ。
リリコは幼少の頃、文字を読めない描写はあったけれど、ちょっと前に読めるようになってたよね?
映画の台本はどうしてたんやろ?
なんだかよくわからないリリコの存在。
脚本家の都合でいろんな転職ばかりしているよなぁ。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん …葵わかな
北村隼也 …成田凌
武井風太 …濱田岳
伊能栞  …高橋一生
トキ  …徳永えり
秦野リリコ…広瀬アリス
キース  …大野拓朗
アサリ  …前野朋哉
万丈目吉蔵…藤井隆
万丈目歌子…枝元萌
亀井庄助 …内場勝則
藤岡りん …堀田真由
北村啄子 …鈴木京香
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

コメント