『わろてんか』第92回 感想~簡単にアメリカに行くって言うな。

スポンサーリンク

連続テレビ小説 『わろてんか』第92回 (第17週)「ずっと、わろてんか」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

脳卒中で倒れた藤吉(松坂桃李)は仕事に復帰する。
浅草を視察し刺激を受けた藤吉は、風太(濱田岳)に百年以上続く万歳を作れとはっぱをかけ、自分は新しい笑いを求めアメリカに行きたいと語る。
トキ(徳永えり)の妊娠を知って、風太は藤吉に名付け親になってほしいと頼み込む。
ある日、記者の楓(岡本玲)が風鳥亭に現れ、新聞に寄稿しないかと万丈目(藤井隆)を誘った。
悩む万丈目に妻・歌子は、
「アンタには物書きの才能がある。
夫婦漫才はやめてもええ。
ずっとアンタの尻叩くだけや。」
と万丈目の背中をおす。

アメリカにいる籐吉の母・鈴木京香から手紙がきた。
世界一周旅行に出かけていて、神戸港に寄るからその時に大阪に行く。
藤吉がアメリカに行く話はその時にしようと書かれていた。

その手紙を読み終わってから、頭痛?と左手がしびれる籐吉。


「新しいことしたい。」
昔と同じで口だけやな、籐吉は。
このドラマはなんでこんなにアメリカにかぶれてんの?
なんでこんなに簡単にどいつもこいつも「アメリカ行く。」って言うの?

京香はアメリカで再婚してクリーニング屋やってんの?
世界一周旅行とはえらい羽振りがエエな。

伊能様の事業ならともかく、寄席をやっている人間が昭和初期に笑いの勉強のためにアメリカに行こうって思うかね?
アメリカに落語も漫才もないでしょうに・・・。
それとも吉本新喜劇の勉強のためにアメリカに行くのか?
新喜劇にアメリカンな要素はないと思うけど。

藤吉は後遺症もなく元気やなって思っていたら、最後の最後に死ぬフラグ。
めんどくさ!
一回で楽にしたれよ!

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとうれしいです。
「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
藤岡てん …葵わかな
北村藤吉 …松坂桃李
武井風太 …濱田岳
伊能栞  …高橋一生
トキ  …徳永えり
秦野リリコ…広瀬アリス
キース  …大野拓朗
アサリ  …前野朋哉
万丈目吉蔵…藤井隆
万丈目歌子…枝元萌
亀井庄助 …内場勝則

【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

コメント