「相棒 season 16」第12話 ネタバレ 感想~副総監の娘が若すぎる。

スポンサーリンク

「相棒 season 16」第12話「暗数」

あらすじはコチラ→

警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。
衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。
以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。
衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、母の祥子(筒井真理子)はそれで体調を崩して今も療養先から戻ってないという。
以来、家事は晃子(長野里美)という家政婦が担っているというが、彼女の存在に引っ掛かるものを感じた右京は周辺を調べ始める。

家政婦長野里美は、警察官・久保田 磨希を避けた。
久保田 磨希によると、4年前、家政婦・長野里美の娘は社長の息子に強姦されていた。
相手は地元の有力者なので、泣き寝入りしかないと考える母だったが娘は告訴に踏み切った。
その矢先、警察上層部から圧力がかかり、事件はもみ消されてしまった。
その圧力をかけたのは大杉漣副総監ではないかと思っていた久保田 磨希は、ついつい口を滑らせてしまった。



大杉漣副総監の娘桜田ひよりちゃんは、家政婦の長野里美を心配して、自宅を抜け出す。
暴漢に襲われそうなひよりちゃんを長野里美が助ける。

4年前、大杉漣副総監に脅迫の手紙を贈っていたのは家政婦・長野里美。

書斎の机にその手紙を置いたのは副総監の妻・筒井真理子。

4年前、家の周りをうろちょろする長野里美に声をかけた筒井真理子。

「ご主人に伝えてください。
娘は死にました。
ご主人に殺されたと思っています。」

話を聞いて、筒井真理子の記憶が蘇る。
昔、長野里美の娘と同じ経験をしていた。
22才の頃に、職場の上司に無理矢理襲われていたのが。
母親にも一生秘密にしろと言われた。
他人事ではなかったのだ。

夫・大杉漣副総監の机に手紙を置く筒井真理子。
夫はその手紙と家政婦娘の事件を結びつけもしなかった。
その後、体調を崩して転地療養を余儀なくされた。
娘を置いて出ていくなんてできなかった。
そんな筒井真理子に
「ワタシに娘さんの世話をさせて。」
と家政婦を買って出てくれたのだ

んで暴漢はやっぱりカルト教団。
しかも青木の隣の席の男がカルト教団を監視するうちに、すっかり洗脳されてしまい、襲撃に加担してしまった。

見逃したドラマがあるかも?

今日も人は死ななかったね~。

長野里美さんと筒井真理子さんは、早稲田大学でもしかして同じ第三舞台の団員よね。
二人とも若々しくて素敵。

けど…前回も書いているが、大杉漣&筒井真理子が14才の娘がいるようには見えない。
大杉漣と娘のシーンは祖父と孫でしょ。
筒井真理子さんも「監獄のお姫さま」では孫がいたもんねぇ。
ま、大杉漣も現職の副総監なんだから、若いんでしょう・・・。役は(爆)

筒井さんは。転地療養から家に戻ることが出来て、3人家族団らん。
大杉漣は妻を許し、妻は夫を許したの?

特に悪いとは思わなかったけれど、「とってもよく出来ている!」とまでも思わなかった。
副総監が握りつぶした事件ってどれくらいあるんでしょうかねぇ。
そろそろ副総監にも制裁を!
ってか、退場して欲しいなぁ。
もう・・・エエねん。

長野里美さんと筒井真理子さんの共演は楽しみでしかなかったのなぁ。
可もなく不可もなくってところでしょうか。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援して頂けるとウレシイです。

「相棒season13~15」の感想はコチラ→
「相棒」season16~の感想はコチラ→
音楽はこちら

出演者
杉下右京 ………水谷豊  特命係・警部
冠城亘 ………反町隆史 特命係・巡査
月本幸子 ………鈴木杏樹 花の里・二代目女将
伊丹憲一 ………川原和久 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二 ………山中崇史 刑事部捜査一課 刑事・巡査部長
角田六郎 ………山西惇  組織犯罪対策部組織犯罪対策五課 課長・警視
青木年男 ………浅利陽介 サイバーセキュリティ対策本部・特別捜査官
益子桑栄 ………田中隆三 鑑識課・巡査部長
大河内春樹…… 神保悟志 警務部 首席監察官・警視正
中園照生 ………小野了  刑事部参事官・警視正
内村完爾 ………片桐竜次 刑事部長・警視長
日下部彌彦…… 榎木孝明 法務事務次官
衣笠藤治……… 大杉漣  警視庁副総監・警視監
社美彌子……… 仲間由紀恵 総務部広報課 課長・警視正
甲斐 ……… 石坂浩二 警察庁長官官房付

ゲスト:筒井真理子 桜田ひより 長野里美




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. neste より:

    事件のもみ消しを指示した黒幕が青木の父親っていうのは
    行間から読める気はするけど

    青木が退場するときは父親絡みの事件なんだろうな

    • tarotaro より:

      nesteさん、コメントありがとうございます。

      父親のコネで入った青木ですから、父親の友人、副総監と一緒に退場してほしいです。
      そろそろ人間関係を整理して欲しいなーと。