「眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?」 完結編 ネタバレ 感想~まさかのハッピーエンド。紀香です。

スポンサーリンク

眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~完結編

あらすじはコチラ→
原作

「眠れぬ真珠」
初めて結ばれ、ベッドの中で一緒に朝を迎えた咲世子(藤原紀香)と素樹(鈴木伸之)。
三宅(升毅)の愛人・亜由美(水沢エレナ)のストーカー行為はどんどんエスカレートし、17歳離れた咲世子と素樹の恋の行方を阻んでいく。

えっと。
薄っぺらい内容だったので、あらすじは簡潔に。←薄いけれど濃厚なのよ!!

何回か結ばれたあと(笑)
佐野ひなこは、鈴木伸之との関係に釘を刺したりする。←さのひなの演技も突っ込みたいがほかで忙しいのでスルーね!

その後、ストーカーとカフェでお茶。
ストーカー・水沢エレナは
「愛は生殖」
というナゾの名言を口にする。
父が無精性だから、人工授精でできた自分は、子どもが欲しかった。←ショッキングなワードばっかり。

「俺の子ども、産むか?」
と言われて升毅にのめり込むも、欲望の捌け口だった。

仲良くなったかと思いきや、カフェからの帰り、いきなり殺されそうになるノリノリカ!!

「さっさと死ね!」

そこへタイミングよく現れる鈴木伸之。
警察を呼ぶと言う鈴木伸之を止めるノリノリカ。

「あなたに必要なのは升毅さんじゃない。
あなたに必要なのはお医者さまよ!
早く行って!」

「ごめんなさ~~~~い」

医者に行くようにノリノリカに言われたのに無視をしたらしいエレナは、屋上から飛び降りて絶命。

なんかしらんが紀香の家に押しかけて、メソメソ泣く升毅。
翌朝早く鈴木伸之が「DVDが完成したので見て欲しい」とやってきたが、升毅を見て絶句。

「二人で朝のコーヒーを飲んでる。
何があったか、わかるわよね?
あなたはオトナの女性と遊べたし、ワタシも若い男と遊べた。」

と平成生まれに「朝のコーヒー」と言うワードを突きつける自称・オトナ女子。紀香です。

そして一人になったら、泣きながら鈴木伸之が持ってきたDVDを見る紀香。

1年後

黒のサヨコ(紀香)から白のサヨコに作品のカラーが変わる紀香。

自分が白くなったのは、若い男性との出会いだと意気揚々とインタビューに答える紀香。
若い男性と流木の出会いが白い紀香を作り出したってさ。
悦に入ってるが、その流木が卑猥過ぎる!!!

流木を拾った思い出の海岸で、新しい流木を発見した紀香のもとへ、鈴木伸之がやってきた。

「メリークリスマス!!
あなたを迎えに来ました」

「わたしもあなたと行きていきたい!!」





まさかのハッピーエンド!!!

愛は生殖で流木と更年期と・・・・。
なんかスゴイドラマだったな。

更年期について鈴木伸之に説明しだしたときには親子かと思ったよ。
更年期の説明をしているのに、「撮影していいですか?」と言い出す鈴木伸之。
どうなってんだ、この男。
命の母がスポンサーか?と思ったら、CMで「命の母」流れるし(爆)

しかもこんなに更年期でバタバタ倒れるオバサンによく手をだしたな。

「色ボケ女」とか「淫乱女」って幻聴が聞こえるのはもう更年期って理由だけでは済まされないわよ(苦笑)

「どうしてもあなたが好きなんです!」
更年期でも?

更年期について真剣に説明しているのに、やる事しか考えてない鈴木伸之と受け入れる紀香のお盛んなこと!!

そして・・・。
流木に希望見いだした紀香(苦笑)
流木を手に持ちながら、泣き出したときにはどうしようかと思ったよ。
流木を見てから、すぐのベッドシーンの意味はなんだったんだ。
あれが希望の光だったのかw
ラストで新しい流木を見つけて手に取ったときはこっちが倒れそうになったよw

紀香のナレーションも、ウケた~~。
コレは「恋」で「欲望」ではないって言っちゃうんだけど、流木見て泣いてからやっとんのに、なに言うてんねん(爆)
コメディにするための煽りかと思ったよ。
しかも友近のモノマネに寄せていってどうする(爆)



で、ストーカーの女の子もさ、愛は生殖なんて言うなら、相手がいくら○倫でもオッサンやったらあかんやろ(苦笑)
それに紀香と升毅は別れたんだから、もうかかわらなければ良いのに。
そんなに嫉妬してたんか。

豹変しすぎw
エレナも若年性更年期なんじゃなかろうか。
殺されそうなところをタイミングよく現れる鈴木伸之だけど、コイツが仕込んだんじゃないか?
もしかして鈴木伸之がストーカー?
って思っちまった。

紀香も鈴木伸之がやってくるのがわかっていたかのよう。
紀香VSエレナ
圧倒的な体格差で紀香が勝つやろ!

2週連続の突然の「メリークリスマス」
もうクリスマス終わってんのに・・・。
なんだこのハッピーエンド

紀香の願望を目一杯詰め込んだなぁ~!!!

眉毛をハの字にして、おちょぼ口をして上目遣いにする紀香の顔が満載!!
どのカットで静止しても紀香のドヤ顔を見られるドラマだったと思う。
そのカットに

「ほんで?」

って吹き出しをつけたい!!

なんだかんだで紀香を楽しんだドラマだったわ~。
ワタシ、結構、紀香好きなんかもしれん。
体がキレイなうちに、バンバンこの濃厚なドラマをやってよ~~~。
あらすじとか展開とかどうでもいいんです。
いつまでも紀香は紀香で全身全霊で

紀香です!

ってアピールしてて!!!
「眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜第一夜」ネタバレ 感想~梨園の妻がここまでしました!
にほんブログ村 テレビブログへ   にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌

「I’ll Light You」 TOC

キャスト
内田 咲世子(うちだ さよこ):藤原 紀香
徳永 素樹:鈴木 伸之(劇団EXILE)
福崎 亜由美:水沢 エレナ福崎 亜由美(ふくざき あゆみ) :水沢 エレナ
椎名 ノア:佐野 ひなこ椎名 ノア(しいな のあ):佐野 ひなこ
中原 町枝:朝加 真由美中原 町枝(なかはら まちえ) :朝加 真由美
三宅 卓治:升毅三宅 卓治(みやけ たくじ) :升 毅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 二階堂 より:

    たろたろさん、こんにちは。

    ノリノリノリカ、面白かった!!
    録画して朝から観ました!笑
    第1話もTVerで鑑賞済!
    めっちゃ面白かった!

    内容はまったく意味不明だったけれど、紀香の存在感(エロシーン)だけで二夜とも満喫できるとは。
    恐るべし梨園の妻。

    そうそう。ことあるごとに眉毛を八の字にしていた紀香・・・気味悪かったですね。
    更年期は怖いけど、このドラマをみてなぜか気持ちが軽くなりました。笑

    紀香は流木を自分と重ねていたんですよね。
    流木の魅力はまったくわかりませんが、更年期になったらわかるのかしら。

    これ、黒谷友香さんでもドラマ化されていたようですね。
    みてないけれど、紀香の圧勝ですね、きっと。

    実は私は紀香のことは昔から一目置いていたんです。
    なぜこの顔がパンパンの女優に一目置いているのか我ながら理解できませんでしたが、このドラマをみて納得しました。

    私もこれからの紀香にはこっち路線でバンバン頑張ってほしいです。
    年の瀬にいいもん見れました。

    • tarotaro より:

      二階堂さん、コメントありがとうございます。

      朝から紀香・・・素晴らしい。
      それでこそ、紀香ファンですw
      紀香の真骨頂ですよねぇ。
      セリフを言うたび、「紀香です。」って友近の声が聴こててきました。

      紀香のお椀型のお胸をがっつりつかぬエグザイル。
      彼には特別ボーナスを差し上げてほしいです。
      ホント、頑張りましたw

      これだけ更年期を強調するドラマも珍しいですよねぇ。
      原作通りなんでしょうか。
      ワタシ、石田衣良がテレビに出ているとチャンネルをかえるほどご本人が苦手なので、本を呼んだことがないのですが、更年期経験済みの女性作家ならともかく、男性作家が更年期を良いように利用しているとしたら、めっちゃ気持ち悪いですw

      ようは賞味期限切れの女も恋してもいいんだぜ。
      しかも17才年下の男性と!!
      ってねぇ。
      更年期女性は、枯れた流木なのかっていう(苦笑)

      黒谷友香さんだと更年期には若いし、あっさりしているような気がします。
      他に、高岡早紀や杉本彩なんかも生々しそうですよねぇ。

      これからの紀香も気になりますよねぇ。
      陣内と結婚したときとは違って、CMも増えないので、テレビで見る機会も減っちゃったし。
      梨園の妻として、楽しそうではありますが、元気な姿も見せてほしいもんですw