『わろてんか』第68回 感想~芸人には優しゅうせんとね!吉本さん!!

スポンサーリンク

連続テレビ小説  第68回 第12週 「お笑い大阪 春の陣」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

「わろてんか」/吉田智子 青木邦子

アサリ(前野朋哉)が突然、芸人をやめると言い出した。
近々訪ねて来る祖父の治五郎(佐川満男)に自分が芸人だということを知られたくないという。
そこでいつも都合の良い役回りの伊能(高橋一生)の手を借りて、アサリを会社員に見せかける芝居を打つことにした。

一方、てんが寺ギン(兵動大樹)の芸人にお金をやったことが発覚し、引き抜きみたいな真似はやめろと寺ギンが怒鳴り込んでくる。
籐吉は
「もう少し芸人を大切に」
などと、寺ギンに物申す。

すっかりへそを曲げた寺ギンは、翌日、「芸人が食あたりになった」と嘘をつき、風鳥亭に芸人を派遣しない。

「芸人には優しゅうせんとな!」

見逃したドラマがあるかも?

アサリなら泥棒もやりかねんって思っていたけれど、泥棒ではなく夜逃げしようとしてたんか。
お爺ちゃんが怖いから夜逃げ。
それでなんの解決になると言うのだ。
そんなことくらいで芸人を辞める。
プライドもないくせよくストライキなんてしてたな。
こんな人間が、スター芸人になるのか~。
++++++
寺ギンに偉そうなことを言っていた籐吉だけど、「借金で芸人を縛る」のは現在進行系で、吉本もやってるんじゃなかろうか?
このドラマを見ていると、寺ギンこそが「吉本興業」って気がするわ~。
会社が9割、芸人1割なんだしねぇ。

で、ちょっと前から気になっていたんやけど、この頃って電話交換手はいないんだろうか?
なんとなく違和感。
そして15分が長い・・・・。

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

「わろてんか」第1回~第23回の感想はコチラ→
「わろてんか」第24回~最終回までの感想はコチラ→

主題歌はコチラ

松たか子 「明日はどこから」

キャスト
ヒロイン 藤岡てん …葵わかな(幼少期…新井美羽)
「北村屋」の若旦那 北村藤吉 …松坂桃李
てんの従兄  武井風太    …濱田岳(幼少期…鈴木福)
伊能薬品社長の息子 伊能栞  …高橋一生
てんの付き女中 トキ    …徳永えり
てんの恋敵 秦野リリコ   …広瀬アリス(幼少期…莉帝)
インテリ芸人 キース    …大野拓朗(幼少期…前田旺志郎)
ドケチな芸人 アサリ    …前野朋哉
面白くない芸人 万丈目吉蔵 …藤井隆
吉蔵の妻    万丈目歌子…枝元萌
太夫元(たゆうもと)寺ギン…兵動大樹
寄席の元席主 亀井庄助   …内場勝則
月の井団吾        …波岡一喜
【語り】…小野文惠(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加