『トットちゃん!』第11週 第56回~第60回 感想~郁夫くんにまた会えた!

スポンサーリンク

帯ドラマ劇場『トットちゃん!』第10週 第51回~第55回

あらすじはコチラ→

原案はコチラ


黒柳徹子

第51話
アメリカ・ニューヨークに留学中の徹子(清野菜名)が司会業を始める月曜日。
NETテレビ(現・テレビ朝日)の『13時ショー』という番組のメイン司会が最初の司会業だったのね。
ワタシ、この番組は知らなかったわ。
帰国を決意した徹子は、たまねぎ頭を考案。
和服にも洋服にも合うヘアスタイル。
このヘアスタイルを考案したのは須賀勇介さん。
ダイアナ・ロスやジャクリーン・ケネディ・オナシスら著名人のヘアを担当したカリスマヘアスタイリスト。

NHKからNET社員に転職した久松さん。
シャープさんとご結婚され、子沢山に(爆)
森繁さんの「一回どう?」もあり、お手伝いのいっちゃんは結婚したのかしら?と気になる日でもあったw

第52話
半裸の城田優がベッドに横たわるシーンを見て、いけないものを見てしまった気になった火曜日
新番組『徹子の部屋』の企画が立ち上がり、徹子(清野菜名)は女優をやめる決断を下す。
番組は収録だが、臨場感を大切にするため、編集しない収録スタイルを提案する徹子、さすが!!!

そして1976年2月2日、『徹子の部屋』がスタート!
初回のゲストは、森繁久彌(近藤真彦)。
徹子の胸を触る森繁さんのシーンは、当時を知らないワタシも何度も見たことがあり、そして・・・「知床旅情」はアレでよかったのかw
ま、初登場の頃より、マッチ森繁も気にならなくなってきたよ。

「徹子の部屋」が編集なしってのは、よく出来ている。
臨場感もだけど、無口な人がその人の人柄。
そのままを映す。
そしてゲストの持ち味を最大限に引き出す徹子。
トモエ学園の教えに通ずるものがあるなぁ。

で、夜明けのベッド(爆)
徹子は一緒に眠っていなかったけれど、城田優が半裸でベッド・・・・・。
そうだ、コレ昼ドラだったんだ!!!




第53話
何回見ても郁夫くんの葬儀は悲しい水曜日。

『徹子の部屋』『ザ・ベストテン』などの仕事の合間を縫って、徹子(清野菜名)はヨーロッパで活動するカール・祐介・ケルナー(城田優)のもとを訪ねていた。
日本に帰った徹子は、自らの少女時代を描く『窓ぎわのトットちゃん』の連載を開始する。

「トモエ学園」時代の回想シーン。
こうちゃんは有名なアメリカで研究をしていて、徹子の部屋のオファーもしたけれど、出てくれなかったとか。
こうちゃんはずっとツンデレ。

そして郁夫くんの葬儀。
教会から出てきたトットちゃんが、空にむかった号泣するシーンは、このドラマで一番泣いたところ。
で、今回も泣いてしまった。
郁夫くんがテレビジョンを見られなかったのが残念。
郁夫くんの世界平和。
・・・・・コレ朝ドラだったら「回想シーン」ばかりで手抜きや!って言ってしまいそうだけど、また郁夫くんに会えて嬉しかった。

第54話
『乃木坂上倶楽部』がとうとう取り壊されることになって悲しい木曜日。

『乃木坂上倶楽部』が老朽化のため取り壊され、シイナさん(小澤征悦)と エミー(凰稀かなめ)は、移動販売のたびに出る。
そんな折、ダニー市川(新納慎也)が『徹子の部屋』のゲストとして登場する。

ダニーだけがなぜかめっちゃ老けていた。
そしてエミーがシイナさんと結婚したことを聞いたダニー。
もう受け入れられるよね。

エミーさんは見た目には老けなかったけれど、両家のお嬢さんから、ダニーと駆け落ち。
ダニーが徴兵されてから、生きる希望を失ったが再会。
そして別れて・・・・。
シイナさんと結婚してからは、めっちゃミーハーで陽気なカレー屋の女房。
いろんなことが一番変わったのはエミーさんかも・・・。

第55話
モーリーが亡くなって半年も経っていた金曜日。
ルクセンブルグでカール・祐介・ケルナー(城田優)と落ち合った徹子(清野菜名)は、亡くなった父・守綱(山本耕史)との思い出話を、彼に打ち明ける。
たとえ離れて暮らしていても、心は共にあることを確認しあう2人。
しかし、そのとき祐介の身体に何かが起きていることを徹子は感じ取り…。

モーリーは幸せな最後だった。
もし朝さんが先になくなっていたら、絶対後追いしているか、抜け殻になっていたと思う。
しかも亡くなる日の朝、ステーキをペロッと食べておられた。
最期は朝さんに看取られたし・・・。
で、祐介も病気なのかしらねぇ。

野際さんが久しぶりに出ていた。
本当に、そっくりでそっくりで。
さすが親子だなぁ思ったよ。
そして、強盗の話。
何回か聞いた事がある。
ワタシよりたくさん聞いているはずの徹子が大笑いするのが微笑ましい。

渥美さんはFAXのあと、連絡がない模様だけど・・・・・そろそろお別れのときなのかしら。

このドラマは徹子の恋をはじめて描くのが売りだったから仕方ないけれど、他の交友関係も見たかったなぁ。
ここのところ、急に駆け足になってしまって、やっぱり半年かけてやってほしかったなぁと思う。
「徹子の恋」もロマンティックで良いんだけど、なんせ時間が足りないよ~~!!
来週はもう最終週なんですよ!!

近いうちにまた、徹子の反省を描くドラマや映画はできそうよね。
最初から出来上がっていた満島ひかりの徹子も良かったけれど、だんだんと清野菜名ちゃんもどんどんよくなってきたのになぁ。お別れは寂しい。

トットちゃん!(第1週~第4週)の感想はコチラ→
トットちゃん!(5週目~最終週)の感想はコチラ→
にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

主題歌はコチラ

福山雅治「トモエ学園」

キャスト
黒柳家
黒柳 徹子 – 清野菜名(子役:豊嶋花)主人公。
黒柳 朝 – 松下奈緒

井上 えつ – 八木亜希子
シイナさん(椎名 昭造) – 小澤征悦
ダニー 市川   - 新納慎也
エミー 市川   – 凰稀かなめ
咲子 – 趣里
渥美 清 – 山崎樹範
祐介 カールケルナー – 城田優
野際 陽子 – 真瀬樹里

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加