「科捜研の女 season17」 第8話 ネタバレ 感想~ヒラタクワガタ捕獲のゴールデンタイム

スポンサーリンク

「科捜研の女 season17」 第8話

あらすじはコチラ→
山中の川原から身元不明の水死体が発見された。
死後2日以上経過しており、解剖の結果、被害者は首を絞められてから川に落とされたことが明らかになった。
が、身元も不明で唯一の手がかりは謎の図形と「ヒラタ」と書かれたメモだけだ。

山の売店でヒラタ(夙川アトム)という男が窃盗容疑で逮捕されていた。
同容疑の取り調べで、ヒラタは名前を平田治、住所は宇治市内と供述していたが、土門(内藤剛志)らの調べで住所が嘘であることが判明。
本人に問いただすと、でたらめの住所ばかりを口にして蒲原(石井一彰)を翻弄する。
ヒラタにポリグラフ、うそ発見器を行うが、その証言にうそがないことがわかった。
そんなヒラタをみたマリコはMRI検査をしてみると・・・。
ウェルニッケ脳症であることが発覚。
ヒラタの衣服をから、植物や土などを採取、ヒラタが歩いた山のルートを割り出し、脳指紋検査機器をつけたヒラタとともにたどることにした。

殺人事件じゃなかった!!!

被害者は岩場から落ちて左足を骨折。
近くに山小屋を見つけ夜明けに下山。
途中で、脂肪滴が肺動脈を塞ぎ低酸素症になり、下山ルートから外れる。

バイクで通りかかったヒラタは、落下を目撃した。
しかしヒラタも頭を打つ。
下山ルートがわからなくなり、気がついたら万引きした店にいて、ただ腹が減って、万引きをしてしまった。

なぜ二人はあの山に入ったのか。
夜8時から明け方までが、ヒラタクワガタをとるゴールデンタイムだったからだ!!

ついでにヒラタくんの本名は・・・・忘れたw
でもヒラタくんはヒラタくんではなく、在宅ウェブデザイナーだった。




山下容莉枝さんが、ヒラタを構うのは、息子と疎遠になっていたからだけだったようです。
すっごい世話を焼いていたのに、万引きの被害届は出すって矛盾はなに?
ま、山下さんだから許すけどw

んで、夙川アトム(ヒラタ)も、「自分が殺したのか!」と動揺しまくっていたわりに、事故死だとわかると、めっちゃクワガタのことを思い出すやん。
自分の名前にはしっくりきていないようなのに(爆)

こんな話もたまには面白い。
夙川アトムと山下容莉枝さんが好きだってものある。
第一発見者の二人組をちょっと疑ったんだけどねぇ。
あの女子大生はすっごく機嫌悪そうに喋っていたのも気になっていたので・・・。

でも事故死!!
ひとりも悪い人が出てこなかったのも珍しいね。

今回、事故死なのに、結構大掛かりな操作をしてたよねぇ。
ご遺体をMRI検査までして・・・。
金田明夫に怒られそうだな~!!
にほんブログ村 テレビブログへ  にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

気になる「科捜研の女」の感想はコチラ→
気になる「科捜研の女」season17~の感想はコチラ→

キャスト
榊 マリコ(さかき・まりこ)……沢口靖子
土門 薫(どもん・かおる)……内藤剛志
風丘早月(かざおか・さつき)……若村麻由美
宇佐見裕也(うさみ・ゆうや)……風間トオル
藤倉甚一(ふじくら・じんいち)……金田明夫
日野和正(ひの・かずまさ)……斉藤 暁
橋口呂太(はしぐち・ろた)……渡部 秀
涌田亜美(わくた・あみ)……山本ひかる
佐伯志信(さえき・しのぶ)……西田 健
蒲原勇樹(かんばら・ゆうき)………石井一彰

ゲスト
夙川アトム、山下容莉枝、井俣太良、篠原理沙 ほか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ぽんぬふ より:

    tarotaroさん、こんにちは。
    事故死っていう珍しい回でしたね。
    骨折が体に与える影響の怖さ…
    犯人は誰か?ではなく、科捜研では事故か他殺か自殺かも含めた真実を鑑定する使命があるということを感じた回でした。
    普通なら首の痕から他殺だろうって先入観を持つでしょうに、一貫して鑑定の結果が出るまでは決めつけることのないマリコの姿勢はすごいです。
    科捜研メインとはいえ刑事ドラマの要素を含むので、事故の回はさすがに頻繁には作れないとは思いますが(10回中7回が事故でした、とかはさすがにドラマとしてw)、内容としての可能性を感じました。
    最後もほっこりしていて、今年最後の放送にふさわしい感じでした(^^)

    • tarotaro より:

      ぽんぬふさん、コメントありがとうございます。

      たまには事故死もいいですねw
      骨折で脳まで・・・って怖いですよね。
      昨日見た2時間ドラマ(貫地谷しほり主演)は、犯人の足を撃ちその外傷に、取り調べをした刑事が自分の尿をかけてバイキンが入って死ぬってとんでもない殺し方を見たのですが、いろんな死因があるもんですね。

      一見事故死に見えるものを他殺であったことを証明することもあれば、その逆もありなんですね。
      科捜研ならではですね。
      事故死ばっかりだと、ちょっと・・・ですが。
      今回は面白かったです。
      そしてこの時期に虫取りで命を落とすとは・・・。
      深夜に一人で入山するのは危険ですよね。
      山を舐めてるって思いました(爆)