「警視庁 岡部班~倉敷殺人事件~」 ネタバレ 感想~まだサラリーマン金太郎って言う?

スポンサーリンク

月曜名作劇場・内田康夫サスペンス「警視庁 岡部班~倉敷殺人事件~」

あらすじはコチラ→

原作はコチラ

内田康夫『倉敷殺人事件』(光文社文庫)

新宿の事件
東京・ 新宿で殺された富山県にある望岳寮という養護施設の園長代理・滝沢武彦(中丸新将)
無くなる寸前、草西英(朝倉あき)が「タカハシのヤツ…」と最後の力を振り絞って発し力尽きるところを見ていた。
被害者の財布などは手つかずであったが、ボストンバックが無くなっていることがわかった。

一方、滝沢が亡くなったことをニュースで知った英(朝倉あき)は、被害者の最後の言葉を聞いたのは自分しかいないと、意を決して警察に匿名で電話をする。
電話に応対したのは岡部警部だった。
英は滝沢のダイイング・メッセージと、その時の状況を岡部に伝える。
被害者・中丸新将が東京へ行くにあたり望岳寮の帳簿を持ち出していたが、犯人は帳簿が入ったボストンバックを強奪してうた。
さらに望岳寮について調べると、以前は寮創設者の息子である白神康隆(利重剛)が運営を手伝ってい。
その後、英はひょんなことからダイイングメッセージの「タカハシ」は人名でなく地名なのではと考える。



倉敷の事件。
岡山県の倉敷アイビースクエアで、毒の入った缶ジュースを飲んで死亡した山路郁子(新田祐里子)は東京在住のOLで、岡部班の松岡巡査部長(中村静香)の幼馴染みだった。。
現場から若い男が立ち去ったのを目撃されており、岡山県警倉敷中央署が捜査に乗り出す。
郁子は友人らと倉敷へ向かう途中、東京駅で「トモ君」と呼ばれる男性と偶然会い、倉敷でその「トモ君」に会ってくると言って一人別行動をとったという。
郁子が小学生の頃、短期間だけ違う学校に思い出す。
それが新宿の事件で殺された中丸新将が園長を務める「望岳寮」に通っていた。
同級生の中に「トモ君」がいた。
そしてそのトモ君は、利重剛の会社に努めていた。

2つの事件がつながる中、安倉トモ君死す!

中丸新将・郁子殺害はトモ君

トモ君殺害は犯人は利重剛

トモ君は岡山で亡くなったのではなく、富山で殺されていた。
岡山で殺されたように見せかけるため、凶器を遺体のそばに置いたが、凶器の石は岡山にはない「飛騨片麻岩」だった。
策士策に溺れる。

望岳寮の経理を不正に操作し、利益を得ていた利重剛は、それを告発しに厚労省へ行こうとした中丸新将をトモ君に殺させた。
トモ君は東京にいるところを郁子に見られて口封じの為に殺した。
英は岡山で殺されるはずのトモ君を富山で目撃したので、口封じをされた。
英を殺すようにチンピラ・河相我聞に依頼したのも利重剛だった。

しかし中丸新将は、利重剛の父で、望岳寮の創設者から、次の園長を利重剛にまかせて欲しいと頼まれていた。
すでに不正経理を知っていた中丸新将は、不正経理がバレないように、必死で経理を守ってきた。
結局・・・不正を自分の罪として告発しようとした。
自分が捕まれば、利重剛が園長をやってくれる。

自分のエゴと勘違いで、3人の命を奪った。



原田龍二、河相我聞に斉藤暁がめっちゃチョイ役でびっくりしたました。
そして利重剛さんが、2サスの犯人ってのも珍しいキャスティングでしたね。
ドラマの雰囲気はなんだか十津川警部っぽくて、高橋克典の十津川警部も良いかもしれないなぁって思いましたw
しっかし高橋克典は若いねぇ~。
アクションシーンがてんこ盛り。
鈴木貴之みたいな若くて動ける子がいるのに、なぜ頭脳派役だったんだろう(苦笑)。
最初の原田龍二逮捕シーンは班員全員がいたのに、なぜ原田龍二と高橋克典がタイマンを張っていたのか・・・・。

オスカーの中村静香がメインキャストの刑事役って・・・またオスカーのゴリ押しなのかしら。
お芝居は今ひとつだったけれど、案外動けるのね。
アクションは良かった。
揺れる胸にばっかり目が行ってしまったけど(苦笑)

朝倉あきちゃんはかわいいねぇ。
あのゲスの元カレが婚約破棄されていないか知っておきたかったな。

で、事件の方ですが・・・。
中丸新将さん、優しすぎるよねぇ。
先代の頼みだからって、横領して私腹を肥やすヤツを園長にしたら、子どもたちがかわいそうだと思うんだよね。
絶対、望岳寮のためにならない。
不正経理も望岳寮のためにならない。
利重剛は会社を経営しているって言うのに、望岳寮の園長にしたかったのはなぜか?
自分の息子の資質を見抜けなかったのか?

ま、スピンオフとしては面白かったかな。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
読んでいただいてありがとうございます。
ポチッっとしていただけると嬉しいです。

信濃のコロンボシリーズ
月曜ゴールデン『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ2 戸隠伝説殺人事件」』 ネタバレ 感想 ~戦時中の事件を安保の事件に改変・・・原作も古くなっているのね。
月曜名作劇場・内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ3 北国街道殺人事件」 ネタバレ 感想~ご遺体の再利用で保険金搾取
月曜名作劇場 「信濃のコロンボ4」 ネタバレ 感想~原田龍二が友情出演だなんて・・・。

キャスト
岡部 和雄:高橋克典

坂口 隆太郎:田口浩正
神谷 幸助:佐野史郎

松岡 千秋:中村静香
佐藤 俊:鈴木貴之
中谷 雅子:濱田マリ
宮島 昌矢:近江谷太朗

山路 郁子:新田祐里子
滝沢 武彦:中丸新将
田口 茂:斉藤 暁
白神 敏久:久保 晶
安倉 智彦:高崎翔太

草西 英:朝倉あき
白神 康隆:利重 剛
藤井 幸一:河相我聞
強盗犯:原田龍二

竹村 岩男:寺脇康文

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なお より:

    既視感あったのは近藤真彦のを見てたからなんですね(^_^;)
    原田龍二でていたの終わる頃にはすっかり忘れていました笑っ
    相変わらず怪しい人だらけで斉藤暁も途中怪しい目付きをしていて騙されました(–;)
    主演の人苦手だったのですが、
    シリーズ化してくれてもいいかもです(^_^;)
    サスペンス見ていると地方に強くなりますねー

    • tarotaro より:

      なおさん、書き込みありがとうございます。

      なおさんもマッチ版をご覧になっていたのですね。
      ワタシも斉藤暁があんなチョイ役なわけがないと思っていたんですが、チョイ役でしたね(苦笑)
      あの目に騙されました。
      ワタシもそれこそ「金太郎」のころは苦手でした~。
      なんかやらしそうで(苦笑)
      2時間ドラマの醍醐味は、地方の旅ですよね(爆)
      20年近く前に岡山に旅行に行ったことがあるのですが、美観地区も随分変わっていて、また行きたく鳴りました。

  2. saki より:

    こんにちはー。

    お久しぶりですが、ほぼ毎日チェックしております。
    特に納得いかなかった内容の時、こちらを読んで「そーだそーだ」と夜中に叫び、溜飲を下げるみたいな(笑)

    これはシリーズにはならないのかな?
    佐野さん出てきた時、捜一の嫌な役づきかと思いましたが、メチャメチャいい人でしたねー。

    陣川くんやがもんの無駄遣いも楽しく(笑)、私も斉藤さん怪しいと思ってた。
    定番の役どころの人が犯人でしたね。
    そして南ちゃんは1課に昇進? なんかなー、サスペンスには合わないんだけど。

    十津川、私も誰がいいかと思いましたが、十津川ってそもそもはダンディな女ったらしなんで、高橋さん合いそう。

    十津川といえば、先々週の爆ホウに忍ちゃんが出てて、渡瀬さんとの思い出を語ってました。

    お姉さんみたいにアイドルになったけど売れず、トレンディドラマを狙ったのに、来た仕事は2サス。

    で、渡瀬さんと初共演したとき、どうということない台詞を渡瀬さんに何回も注意され、撮影を止めてしまったそう。

    その後謝りに行くと、渡瀬さんご自身が、共演者とは仲良くしない主義ということもあり、見事にスルー。

    そのまま時間が流れ、あるとき「二時間サスペンスを馬鹿にしていたかも」と気づいた忍さんは、ドラマに真面目に取り組むように。

    いつかまた共演をと思った13年後、ようやく叶い、懸命に取り組んだところ「ヒロイン(忍ちゃん)がほろりと涙を流す」というシーンで、本当にほろりとこぼれるように、渡瀬さんが台本にない台詞を言ってくれ、自然に演技ができたそう。

    その日の打ち上げで、スタッフさんが「忍はまだまだお姉ちゃんには叶わないわねー」と言ったところ、渡瀬さんが
    「忍、俺もだよ」とポツリ
    (私はここで涙腺崩壊)。

    その後会うこともなく、病院へのお見舞いも断られてしまい、結局そのままお別れに。お礼を言えなかったことを悔やんでいたら、渡瀬さんのスタッフさんが、忍さんに渡瀬さんからの伝言を伝えにきたそうです。

    それが
    「忍の寂しい笑顔は素敵です
    流す涙は素敵です」という言葉。
    (私はここで嗚咽、書きながら泣いてる(笑))

    と、ほとんど渡瀬さんのことになってごめんなさい。
    ほんと、私こんなに渡瀬さんが好きとは思わなかったわー。

    • tarotaro より:

      sakiさん、お久しぶりです。
      書き込みありがとうございます。

      佐野さん、最近こういう役が増えてきましたねぇ。
      寝返る役なのか?って思っていたのですが、普通に良いオッサン刑事でしたね。

      陣川くんは・・・友情出演だったのでしょうか?
      しょっぱなから逃げているので驚きました。
      50代と40代のアクション・・すごかったですね(苦笑)

      南ちゃんは・・・・オッサンのためのキャスティング?
      ま、オスカーだからでしょうね(苦笑)

      そもそも十津川警部が、高橋英樹なのがおかしいんですよねぇ。
      色っぽさがまるでない。
      その点、やっぱり渡瀬さんははまっていたと思います。
      ワタシも、「爆ホウ」見ました!!
      中山忍と田原俊彦の共演に驚きながら(爆)
      中山忍の歌声は数回しか聞いたことがなかったのですが、その破壊力に驚いた記憶があります。
      当時口パクじゃなかったんですよねぇ。
      西村知美より酷かった・・・。

      ミポリンは華がありますが、忍のような透明感はないですよねぇ。
      よく見ると似ていますが、これだけタイプの違う姉妹も珍しいですね。
      そして、あの涙を流す忍の透明感ったらなかったですね。

      渡瀬さんと渡さんも見た目は似ているけれど、役柄はかぶらない気がしますね。

      「忍の寂しい笑顔は素敵です
      流す涙は素敵です」
      なんて、渡瀬さんに言われたら、たまんないでしょうね。
      渡瀬さんがセリフを言うようにこの言葉をおっしゃる様子が想像できます。
      あの声で言われると色っぽいでしょうねぇ。
      最後までかっこ良いんですね。
      格好良いまま死んでいくなんて、ヅルいなぁって思います。

  3. 信濃のコロンボファン より:

    前半に雑と言うか荒唐無稽と言うか悪ふざけと言うかの場面がありました、拳銃を所持している殺人犯を逮捕に行くのに、防弾チョッキを着けないなど考えられない、中村の身を守ったのが薄ぺらの雑誌とは、電話帳なら大丈夫、30年位前アメリカでは現金輸送車の内部を電話帳で囲い弾除けにしていた、現在は知りませんが。

    後半にも不可思議な場面がありました、草西が銀行の更衣室で同僚と雑談しているところに偽の呼び出し電話がかかってきました、どんな方法で電話番号がわかったのか、犯人は3人安倉・白神・藤井だけ、安倉が富山で草西と田口の画像をスマホで撮った、但しすぐ白神に石で殺された、残ったのは白神と藤井どうやって画像の情報だけで電話番号がわかるのか、わかる方法が有るなら教えてもらいたい。

    草西の銀行員とは思えない軽率な行動、岡部が私が行くまでその場を離れないでと言ったのに、何の疑いもなく藤井についていく、こんな銀行員ではオレオレ詐欺も見抜けない。

    あと些細な事ですが、今回は毒入り缶ジュースではなく、ストロー付きの毒入り紙コップでした。

    • tarotaro より:

      信濃のコロンボファンさん、書き込みありがとうございます。

      最初のアクションシーンは、新人刑事を迎える訓練なのかなぁって思っていたんですが、本物の強盗犯でしたねぇ。
      確かに、防弾チョッキもなく捕まえに行くのはおかしい。
      しかもあの人数はないですよねぇ。

      英の電話番号問題。
      どうやって入手したんですかねぇ。
      河相我聞が唐突すぎて驚きました。
      ついていく銀行員も銀行員ですが、刑事を放っておいて、英を殺したところでどうなるもんでもないのに。
      罪が重くなるだけなのにとも思いました。
      ツッコミどころが多いのは、この枠の定番ですね。